魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

金木星と四季桜

2016-10-19 08:38:32 | 詩嚢
どこかから漂ってくる香り
君から匂ってくるのかい
顔を近づけてみるけれど恥ずかしそうに笑っているだけ

君からではないんだね
だったらどこから 見回した先には恋した彼が待っていて
清々しいほどのあの香り

だから恋をしているんだね
あたり一面撒き散らしてあの子もこの子も落とそうとしているのかな

街中にこの香りが漂えば
胸の奥がむずむずしてきてもう誰も止められなくなる
もう少し経てばそれも収まってくるけれど 
 
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宙に舞う羽は | トップ | まばらに染まっていくのを見て »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。