魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

今宵の月

2016-09-15 17:07:58 | 詩嚢
月の光がわずかに漏れる
漏れた先から何かが見える
彼は何を手にしただろう
薄闇の中で何を掴んだのだろう

棚引く雲の間からわずかに月が見て取れる
地上の様子でも覗きに来たの?
すぐに雲の切れ間に逃げ込んでしまって
綺麗な月さえ拝めやしない

その間僕はずっと立ち尽くしたまま暗闇の中
このまま待とうか 迷っている
月は出てきてくれる 月は出てきてくれない?
このままの状態でいるのなら引きずり出してしまおうか
伸ばした手の先がほんのり明るくなってきて

見えてきたこの月はまだまっさらな金色さ
この先の何を見たら汚れてしまう
地上が照らし出されたらまた隠れればいいけれど
今度はあがってこれなくなるだろ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わらない街並み | トップ | 昼間は曇 夜は晴れ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩嚢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。