魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

学校の図書室 

2016-10-29 01:07:09 | 詩嚢
はじめて行った学校の図書館
文字ばかりでとっても怖かったんだ
読めないわけではないんだけれど足がすくんで入れなかった

それを助けてくれたのが可愛い君さ
抱きしめるそのたびにつやつやとした肌 
それに絵入りのプレゼント それだけで嬉しかったんだ

その中に入れば歴史が見えてくる
それを見てあこがれちゃった奴がいる
彼等の人物像が見えてくれば性格も見えてきちゃう

はじめて行った学校の図書館
今ではもう離れたくなくて
着いたらすぐに向かって行ってしまうんだ

会話する そんなことはしないけど
その世界に没頭する 
それだけで嫌なことなんて忘れられてしまうんだ

はじめて行った学校の図書館
通いなれたこの道もいつかは去らなきゃいけないのかな

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕一人で読んだ絵本  | トップ | あの子が笑う それを見て ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。