魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

ホトトギス

2017-05-19 17:08:02 | 詩嚢
ほとほと困り果ててあの子に託したものは
自分が大事にしていたものだった
ならなぜそこに置いていったの
そう言われても困るけど
あの子なら大切に扱ってくれると思ったから

透き通るような青い空は
誰しもが飛び立っていってしまいそうで
本当はちょっと恐ろしかったんだ

ほとほと困り果てて少しあの子に預かってもらってただけ
なのにあんなことになるなんて
思ってもみなかったけど
実は最初から計算してやっていたんだ
なのにあんなにもすぐ引っかかてくれるだなんて

悪りぃ 悪りぃと言いながら
悪びれもせず平気でそんなことするから
口が赤くなっちゃったんだよ

ほとほと困り果てて青い空へと消えていく
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こう言ったら | トップ | 都に降りた彼は杜宇に助けられた »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。