魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

宙に舞う羽は

2016-10-19 01:50:30 | 詩嚢
羽が一枚 宙に舞った
それだけで僕は天使じゃなくなったのか
グルグルと目を回しながら空を飛んで

羽が一枚 地面に落ちた
僕は汚れてしまったのか
自分の身体を見つめてみるけどそれほど目立たなくて

もっと高く もっと高くと願いながら目指しているんだ

羽が一枚 空に舞った
それだけで僕は悪魔になっていたのか
見渡せばそこは黒く汚れてて

羽が一枚 地に落ちた
それでもう僕は僕自身を見つめられなくなって
高い高い空へと逃げ込んでしまったんだ

空に舞うのは誰の羽か 誰も答えられずに


『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガサゴソ探した価値 | トップ | 金木星と四季桜 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。