魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

山法師の花

2017-05-12 08:17:01 | 詩嚢
冬を思い出してしまうかのような白い花
とりあえずは寒くないけど
思い出しただけで凍えてしまいそうになる

スキー場に向かってたあの日の夜
僕等は些細な喧嘩をしたよね
つまらないことだったはずなのに君はムスッとしてた
そしてあのカーブに入って

考えただけで寒くなってきちゃった
車に戻って上着を着ようか
それとも暖房つけてお家へ帰ろか
そこまでする必要もないんだろうけど

冬を思い出してしまうような白い山法師の花を
君に届けてみようかな
天に向かって咲いているこの花みたいに
上を見上げてみたら君の顔が見えてきて
泣きながら僕はそっと歩き出してみたんだ

白い山法師の花からゆっくり離れていきながら
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 果物、ケダモノ | トップ | 安心して居られる地 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩嚢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。