魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

父の背中を子供は見ている

2017-06-18 20:03:12 | 詩嚢
父の背中をいつも見ていた
頼りがいがあって大きな背中
甘えてみたかったけど父はそれを許してはくれなかった
それでも僕は大好きだったんだ
いつかは飛び越えていきたいといつもその目を向けていた

父の背中をいつも見ていた
小さくって頼りないそんな背中
尊敬なんて出来るほどの父親ではないけれど
僕はとっても好きだったんだ
欲しいものなら何でも買ってくれる 
それが意味するところなど知りもしないで

父の背中をいつも見ていた
どんな背中であろうとも父は父で
子供達はいつもその目を向けているんだ
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕に父はいない | トップ | 魚影にぎょえー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。