魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

砂浜からどこへ

2017-07-17 20:42:57 | 詩嚢
砂浜に降り立った彼は海の向こうへ行きたがった
なぜなのか それは誰にも分からないけど
大きな波がそれを阻んできていた
足元が掬われる 思わず後ずさりする
それを繰り返しているうち どんどん陸へと上がっていって
内陸へ 内陸へと追いやられる

砂漠にやってきた彼はいつも海を目指してた
だが辿り着くことはなく同じ景色を見てるばかりで
あの青い空が海だったら
世界の果てまで行けるのに
彼等に見つからないところまで行って自由を謳歌するのに
無情にもだた青く 青く 照り続けるだけで

砂の上に降り立った彼はここではないどこかへ
いつも行きたがっていた
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気合を入れて血合いを入れる | トップ | 傘を広げて »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。