魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

秋の一日

2016-10-01 08:12:30 | 詩嚢
透かして見せたその中身
夏を過ぎてもスマートなのか
何をしても飽き足りないそんな秋の一日は食欲から始まっていく
いつもより多めに盛れば動きたくもなる
一駅 二駅 たくさん歩けばより爽やかな風が吹いてきて
どこまででも どこまででも

コートを隠したその中身
秋になっても保っているのか
何をしても飽くことない秋の夜長は月でも見て泣いてみて
曇った眼で読書をすればすぐに浸っていけるんでしょ
それで眠れば秋の一日
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月見ればちぢに物こそ悲しけ... | トップ | ぶつけんとね »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

詩嚢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。