魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

誰も望んじゃいないけど誰かは望んでやっている

2017-08-09 08:04:52 | 詩嚢
誰が何を望んだのだ
望んだとしてもそれが果たされる日が来るのか
誰にも分からない 
分からないけど誰もが知っているのだ
それがすべてを奪ってゆくことを
ただ権力を手にしてしまえば
誰もがそうなってしまうのかもしれない
誰もがそれを恐れているのだ

誰が何を望んだのだ
望んだとしてもそれが達成されるその日が
来ないことを誰もが願っている
なのにどこかで悲しみは増え
悲劇は繰り返されてゆく
だったらそんなものやめちまえ
そう誰もが思ったとしても
もうすでに遅く止めることは出来なくなってる

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ママの呪い | トップ | 浴衣着て写真を撮ったけれど »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。