魯人の戯れ

詩嚢と謔笑 その他もろもろ
いろいろと混ぜ合わせて出来上がったブログ

街に天狗がやってきた

2017-05-15 00:08:32 | 詩嚢
天狗が街に舞い降りてきた
その時君は何を思うのだろう
地上はコンクリート
ならば高いところへあがってみようか
ビルからビルへと飛び移ってみるけれど
何だか暑すぎて鳩になったみたいだ
見渡してみても森はどこにも無いし
林ならばあるけれど木が低すぎてお話にもならない

だったら風でも吹かして
僕の存在 気付かせようか
天狗のうちわを出して仰いでみるけど
風が吹いていることも気にもせずに
自分のうちわでパタパタ 気持ちよさそにしている
その風がそんなにいいなら
手に持っていたうちわをポイと地面に捨てて
ひとつだけ誰かの手から持ち去っていきました

そうして天狗は街に溶け込み
普通の人間として過ごしていったのでした

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壊されたとしても | トップ | 公園のツブラジイ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。