Healing Vessel Blog

薬剤師です。福山市や井原市でフラワーエッセンス講座や個人セッションをしています。

ヨクイニン

2017-10-18 22:48:55 | 出合った植物たち
前回の「ハブ茶」に引き続き、今日も「間違っちゃダメよシリーズ」です。



これは






で、






これは





ハトムギという名前の由来は、ハトが好んで食べるので、「ハトの麦」という意味で、ハトムギだそうです。





この記事をはてなブックマークに追加

ケツメイシ

2017-10-15 22:08:57 | 出合った植物たち

このような細長いさやが。
葉っぱがマメ科っぽいですね~♪






茶色くなったものの中にはこんな風に種が整列しています。




「ハブ茶の原料になる」と書かれてありますね。
そうだったのね~~、ハブ茶の原料はケツメイシの元植物のエビスグサだったのね~。


ちなみに・・・。


は、ハブ茶の原料ではありません、とのこと。
やはり、名前から、よく勘違いされるようです。


これらの2つの違いは・・・

これです。

手のひらに乗っているのはケツメイシの種、指側に乗っているのハブソウの種です。
ケツメイシの種は表面がツルツルしているのが特徴らしいです。




この記事をはてなブックマークに追加

カンゾウ

2017-10-13 21:48:33 | 出合った植物たち
前回の「筒型装置」つながりで。



葉っぱがマメ科のまるっぽい葉っぱ~♪ツルも「くるん」となっています。



筒型装置は、こんなに長いのです。





これなんです。
とても多くの漢方薬に入っている生薬です。


この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィン

2017-10-04 22:18:04 | お知らせ

     <ハロウィンどら焼き>

きゃわゆい

10月ですね。
10月と言えば、ハロウィン!


ハロウィンという西洋の行事と、どら焼きという和風なお菓子の、和洋折衷?
なんだかツボっちゃいました。

先日知ったのですが、ハロウィンって、魔女にとっては元旦なんだそうです。

毎年、年末からお正月にかけてバタバタして新年の目標なんて考えないまま、気が付いたら2月になっちゃってたりするんですよね。
ハロウィンに新年の目標をたてようかしらん。
どら焼き食べながらね

これ、かわゆいのでお使い物にも良さそうですね。









この記事をはてなブックマークに追加

シコン

2017-10-03 19:59:09 | 出合った植物たち


不思議な装置に植えられている…。

なんでも、根っこが薬用部位のものはこのような筒状のものに入れられて栽培されるのが流行っているそうです。
今は実験段階で、費用的にはまだペイできないそうですが…。
絶滅が危惧される生薬をこうやって栽培できたらいいな…というのもあるそう。

確かにこれだと根っこを取り出すときに、土を掘らなくてもいい。筒部分をパカっと開けたらそのまま根っこが取り出せる。

それに、こうすると上の方が程よく乾燥して、砂漠の土っぽくなっていいそうです。

ちなみにこの植物、

です。


薬用部位である根っこが紫色だから、生薬名が「紫根」となっています。ムラサキというのは植物自体の名前です。
今は咲いてませんが、花は白いです。

紫根という生薬は「紫雲膏」という軟膏の原料でもあります。
大学の時に実習で作りました。
独特の匂いがあって、当時の同級生が「うちの犬の匂いがする」と言ってました…

ムラサキは、昔から染色にも使われていますが、染色用のムラサキと薬用のムラサキは、ちょっと種類が違うそうです。



この記事をはてなブックマークに追加

トチュウ

2017-10-02 00:01:35 | 出合った植物たち






はい、杜仲茶の原料になる植物です。
樹皮は生薬として使われ、葉っぱはお茶になります。
つまりは樹皮は薬で葉っぱは食品ということになり、同じ植物でも部位によって適応される法律が違う、と説明をしていただき、なるほど〜と思いました。
薬は「薬機法」で、食品は「食品衛生法」か何かになるのかな??食品の方をあまり知らないけど…。



葉っぱの液に粘性があるのは聞いたことありましたが…。





その粘性のある液のせいで、ちぎるとこんなことになるそうです!
葉っぱと葉っぱの間にある糸状の粘液が見えますか?

ちぎってもつながってるって、すごい粘性!!


この記事をはてなブックマークに追加

ヨモギ

2017-10-01 01:04:48 | 出合った植物たち


よもぎです。
よーく見ると葉っぱの裏に白い毛が生えています。



実はこれ、集めるとこんなことになります。↓



もぐさなんです


葉っぱを集めて処理をすると、きれーーーに毛の部分だけ残るそうです。

せんねん灸の「もぐさはよもぎから」にも載っていたのでリンクしておきますね


この記事をはてなブックマークに追加

ローレル

2017-09-30 20:33:02 | 出合った植物たち


ローレルです。

葉っぱをちぎるといい香りが〜。
うっとり
ローレルの精油を持っていますが、やっぱり本物はフレッシュで優しい香りで、幸せ感が何倍も大きい

葉っぱに含まれる芳香成分はシネオールといいます。ローレルの葉は健胃薬として用いられ、料理にもよく使われていますよね。月桂樹とも呼ばれています。
ローレルなどのクスノキ科の植物は、香りがするものがたくさんあるそうです。






この記事をはてなブックマークに追加

ナタマメ

2017-09-29 18:59:06 | 出合った植物たち

京都の日本新薬の植物園に行ってきました。




ナタマメってこんなに大きいのね…
自分が小人さんになった気分…。


























この記事をはてなブックマークに追加

ポーラーアイス

2017-09-28 08:54:03 | アラスカン環境エッセンス

以前、ポーラーアイスを摂ったことがあります。

アラスカンエッセンスのワークショップに行って私が本格的にエッセンスを使い始めた頃、色々と変化があって、ちょっと疲れたというか燃料切れのようになったことがありました。

「私が光の方へ歩いて行くために何か燃料になるものを…」
と思って環境エッセンスのセットから選びました。
いつもはフラワー、ジェム、環境エッセンス全ての中から選びますが、このときは燃料になるものが欲しかったので環境エッセンスをターゲットにして選びました。(なぜ燃料になるものが欲しかったら環境エッセンスの中から選ぶのかは→コチラ


そして直感で選んだものが「ポーラーアイス」だったんです。

おっとぉ…。
と思いました。

ポーラーアイスは「じっと現在にとどまる」ことを助けてくれるエッセンスなのです。
私は前に進むためのエッセンスが欲しかったのですが、エッセンスの答えはこれですか…。


お風呂に入れた時の感触は、あまりよくわからなかったのですが、次の日変化を感じました。
自分がなんだかしっかりしているような、ぐらついてない感覚があったんです。そして、「じっと現在にとどまる」と説明にはありますが、「動いてないわけじゃない」という感覚がありました。

漫画にするとこんな感じなのです。




「とどまる」の意味が、摂る前に思っていたのと違うんです。(個人的感覚です)

地球(まわりの状況)はいつもどおり動いているのだけど、自分がふりまわされてない感じです。
なにか中心が定まっていて軸がぶれていないような、北極星だかどこかにまっすぐ軸が伸びていて、そことしっかり繋がっているような感覚でした。

前は



こんな感じでした。


他の時に摂ったらまた違った感覚がするかもしれません。


エッセンスは体験してみないとわからないですね~







この記事をはてなブックマークに追加