rosewoodのたまてばこ

福山市周辺のお店。福山市図書館の本。時々旅行のことなど~。

腕時計の修理(ジャンポール・ゴルチェ)その3

2017-04-16 01:15:34 | その他
返ってきました、腕時計!

ちゃんと動いています。

うれしいです

麻生時計店で「中がもうダメかも」みたいなことを言われて返されて、あきらめかけていたのですが、ネットで修理してくれるところを探して良かったです!

これからもちゃんと、ずっと時を刻み続けてくれるかは、引き続き様子見、ということで

ひとまず良かった!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕時計の修理(ジャン・ポール・ゴルチェ)その2

2017-03-19 00:01:15 | その他

広島県福山市で、時計の修理にお困りですか?


わかりやすい文章でとても感じがいいです。
信頼できそうな雰囲気が伝わってきます。

その他にもネットで探してみましたが、やはりここがいいような気がします。
ということで、見積もりをお願いすることにしました。

メールで見積もり依頼をしたら、次の日には返事が来て、その次の日くらいには「無料郵送パック」が送られてきました。
ホームページにも出ている黒い箱です。

時計を入れて送り返すと「お預かり致しました」のメールがきて、それから10日も経たないうちに見積もりが送られてきました。

「内部の機械回路の消費電圧が高く、回路不良を起こしている状態」
「内部機械回路のムーブメントそのものを交換する必要がございます。」
などなど書かれてあり、修理代金は12000円(税抜)でした。

金額的には、まあ、そんなもんかな、という感じです。
すぐに修理依頼をかけました。

そして今、修理が出来上がるのを待っている状態です



ちなみにこの時計修理屋さん、店舗は名古屋にあって、、本来のホームページは→コチラ

その3へ続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腕時計の修理(ジャン・ポール・ゴルチェ)

2017-03-18 21:49:40 | その他
腕時計が、どうやら壊れていたようです。

15年以上前に買って、その後ちょっと使っていたのですが、やっぱりケータイを持っていたら腕時計って使わなくて、電池切れのまま放置してました。

10年くらい放置してしまったかもしれない・・・あははは・・・
なくなった電池を入れっぱなしにしておくのは良くない、って知ってたんですが・・・。

最近「また使おうかな」と思って時計店に行って新しい電池を入れてもらいました。

が!!
すぐに止まっちゃったんです。
気付いたのは数週間後だったか、数か月後だったかおぼえてませんが、電池はまだあるはずなのに動いてないんです。

おかしい・・・、と思ってまたその時計店に行ってみました。

店員さんに聞いてみたら、
〇中の部品が古くなると動かすためにより力がいるようになることがあるので、電池が早くなくなることがある
〇中の部品がもうダメなのかもしれない
というようなことを言われました。(はっきりとはおぼえてないのですが・・・)


残念そうに言われました。

それで終わりです。

え?
結構有名な時計店なんですが、修理はできないの?

・・・・・・ああ、そうなんだ。
ゴルチェが遊びで作った時計は、修理してもらえないんだ。
そこのお店で買ったんじゃないし。
メーカーが対応してないから、修理できないんだ。

昔は町に時計屋さんってなかったっけ。おじいちゃんだかおじちゃんだかが、目にレンズをはめて、中の部品を見てくれたりしてさぁ。←(注:妄想かもしれません)
そんな風には直してもらえないんだ。

そのまま数か月放置してました。


いやしかし、この腕時計、大切な思い出の品なんですよ。
これ、15年くらい前に20歳年上の友人とおそろいで買ったのですが、彼女はもうこの世にいないんです。
自分が当時の彼女の年に近づいてきて、「彼女のように人生をフルに生きたい」って思って、また使いたくなったんです。
なんとか動いてほしい。

やっぱり、目にレンズをはめたおじさんのいる時計屋を探さなくては!

と思ってネットで検索したら、こんなサイト見つけました。

広島県福山市で、時計の修理にお困りですか?

本来のサイトは→コチラのようです。


その2へ続く






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の日

2016-04-23 20:01:51 | その他


とは言っても、「花よりだんご」な母なんだよね~・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅行!1

2016-04-23 19:58:12 | その他
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青い薔薇

2016-01-24 16:30:32 | その他



楽天のバレンタイン特集です。

こんな素敵な薔薇、男性にあげるのではなくて、私が欲しいわ!

10本で約6500円・・・。

やっぱりお値段もそれなりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年 買ってよかったもの

2016-01-15 00:30:42 | その他
楽天アフィリエイトで「2015年 買ってよかったもの」を記事にするとポイントが付くので書いてます。

私の2015年買ってよかったものは





そう。
靴が臭くないんです。

普通の靴ならここまでしなくていいのですが、ボルダリングのシューズは、やっぱ対策が必要ですよね。
よく素足にビニールをかぶせてシューズを履いている方を見かけますが、私はアレができなくて…。(めんどくちゃい)
素足にそのまま履いてます。

ということで、私の一番のお役立ちグッズはこれでした~♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロイヤルパレスホテル(豪麗飯店)

2016-01-14 23:27:10 | 台湾旅行
もう何年も前のことになりますが、台北でロイヤルパレスホテルに泊まりました。
忠孝復興駅からすぐで、東区で行動するならとてもオススメのホテルです。

今では変わっていることもあるかもしれませんが、情報をアップしておきますね~。


ウェルカムフルーツ






お部屋。ベッドの横にある椅子がリラックスできました。
すみません、お部屋のグレードは忘れちゃいました…。







バスルームは清潔で明るくて気持ち良かったです。朝風呂で贅沢気分を味わえました。



シャンプーとボディソープ。






調度品も感じが良かったです。



冷蔵庫のジュースは無料です。



これで電燈やエアコンなどを操作します。
寒かったのでエアコンを止めたかったのですが、最初はどうしたらいいかわからなかったのですが、これで止められました。


ぜひまた泊まりたいと思ったホテルでしたが、私、あんまり東区に泊まらないんですよね~…。
台北駅付近か中山に泊まることが多いので。


ロイヤルパレスホテル




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「生薬の薬能と薬理」牧野利明先生

2015-12-17 22:18:12 | メモ
先日拝聴した牧野利明先生の「生薬の薬能と薬理」という講義はとてもおもしろかった。
今回の記事は自分の覚え書きのためなので、散文です。

(注:「生薬」とは植物の薬用部位を乾燥させたり手を加えたりしたもので、複数の「生薬」を配合したものが「漢方薬」です。)

生薬には無数の化合物が含まれるが、それらを分けると活性が見られなくなることが多い。わければわけるほど活性がなくなったりする。どの成分が効いていると言うことはできない。だから、フィンガープリント(クロマトグラフィーにかけて表であらわしたもの)は有効成分を調べるためでなく、あくまでも品質評価として使われる。

一般的な医薬品は実験などで効能を証明できる。そういうものは「薬理」と呼ぶが、漢方薬の場合は実験では証明できない作用を持つ。よって「薬能」という言葉を使う。
例えば「解表」という薬能。これは外から入ってきた邪(寒邪や風邪など)をそれ以上体の奥深くに入らせずに表(ひょう)から外に追い出すということだが、これは実験ではなかなか再現できない。

また、生薬においては「主成分」と「有効成分」は違う。「主成分」とは一番たくさん含まれる成分であり、それが「有効成分」とは限らない。

例えば麻黄。薬理作用は「鎮咳・去痰・解熱・消炎」で、薬能は「辛温解表・平喘」。麻黄に含まれるエフェドリンに交感神経興奮作用があり、発汗作用があることは証明できるが、「解表」作用があることを実験することはできない。よって、麻黄の解表作用の有効成分がエフェドリンかは証明できない。

麻黄附子細辛湯は風邪(かぜ)を引いて、汗をかけない人(無汗:むかん)に処方される。
風邪を引いてセットポイント(体温調節中枢で設定された体温)が上がっているのに、熱が上がらず汗をかかない。それを麻黄が助ける。

麻黄が体温上げるのは実験でも証明されている。体温上げるのは免疫力上げるため(免疫力は38℃くらいが一番高い)。汗をかける人はそれだと逆に消耗するので桂枝湯。

麻黄は関節にたまっている水を汗として出す(ちなみに漢方医学では手足、関節も表。裏(り)は内臓。)

麻杏甘石湯は
麻黄 辛温解表 平喘
杏仁 止咳 平喘
甘草 調和 健脾
石膏 清熱瀉火
あっためる生薬(麻黄)と冷やすの(石膏)が一緒に配合されている。
表は寒く中は熱い状態。子供の風邪によく使われる。
子供はまだ体温調整上手くできない。

実験できない以上有効成分と言うことはできない。が、有効成分が明らかになれば生薬はいらなくなってしまう。
ジギタリスの強心作用はジゴキシンという成分の作用であり、それは医薬品になっている。品質にばらつきある生薬を使うより純度の保証されたジゴキシンを使う方が使い勝手が良いのでそれが主流になってしまい、ジギタリスの葉は日本薬局方から削除されてしまった。
ある意味、漢方を使い続けているのは有効成分がわからないから。

中医学ではそれぞれの生薬の薬能があって、なぜそれが配合されているかわかりやすい。
なんでこの漢方にはこの生薬が配合されているのかが日本の漢方医学ではつながらないが、中医学はつなげている。だから理解しやすい。(言葉にできないことを他の人がするのは難しい。)

(ただ、私(kana)の個人的な考えですが、日本の漢方医学はあえてそれをしなかったのかな、という気もします。
複数の生薬が配合されて漢方薬になったときに、新しい別のものが1つ生まれたととらえて、それを個々の生薬として見ることはできない。ということかもしれない、と思いました。)

実験的に証明できる漢方薬の「薬理」。
実は本に載っていても結構いい加減。元々は有効成分を新薬にしようという意図でされていたので、通常服用するのとはかけはなれた方法で実験されていたりしていた。例えば、直接細胞にふりかけたり、動物に注射したりなど。そういうやり方でなされた実験結果がいまだに残っている。
漢方薬の、口から飲んで腸内細菌で代謝されて、吸収されて、臓器に分布という体内動態。これを無視されている。発がん作用ありと結論されているものの中には「実際そんなのは吸収されないだろう」というのもあり、それがそのまま載せられている。
「効いた」も「副作用があった」も両方がこのような実験でなされている。

『健康食品・サプリメント(成分)の全て』(日本医師会・日本薬剤師会監修)という本はアメリカの『Natural Medicine Comprehensive Databese』を日本語訳にしたもの。
この本によるとクコは「妊娠中・授乳中はおそらく安全でない」と書かれているが、中国ではクコは薬膳などに使われるごく一般的なもの。薬能は「補肝、補腎」なので、逆に妊婦さんにも良いと考えられるし、普通に食べられている。

調べてみたらこれの実験元はクコの葉(実でなく)の成分を静脈注射して得られた結果だった。しかもその成分は透析膜を透過できない高分子だったそうで、「それなら消化管から吸収されないのでは?」と思われる。
その他、実験動物から摘出した臓器に直接ふりかける、などもされていて、どういう実験だったかを見ないと鵜呑みにはできない。

生薬に関する「科学的な」情報を引用する時は、
●正しい生薬が使用されていたか
(ちゃんと使用部位を使ったか?ニセモノをつかまされたでのはないかフィンガープリント、日本薬局方に適合したものかetc)
●生薬をどのように抽出したか
(漢方薬は熱水抽出、海外ではエタノールで抽出したり、中国で流行っているのは超臨界CO2(CO2に圧力をかけて液体にする。それで生薬の成分を抽出しろ過する。ろ液の圧力を解除したらCO2がとんでいってエキスがとれる。全然違うものになっている)
などなど、を確認することが必要。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天然ワックス

2014-08-30 01:49:43 | お店紹介♪


私は使ったことありませんが、こんなんもあるようです。
AURO。聞いたことある。

ワックスの匂いって部屋中に充満しますもんね。
以前、職場のワックスを自分たちでかけてたときに、ちょっと気になってました。
化学物質臭いというか、刺激臭というか・・・。
職場だったので、一般家庭に比べると、床面積も広かったし。

天然なら、そこまで匂いはしないんじゃないかしらん。

まあ、本当に天然ものなのかどうかはわかりませんし、天然がすべて良いとは限りませんが。

使ったことないので、素晴らしい点をつらつらと書けないのが残念。
「もしワックスかけるなら、こういうものを、選ぶ候補にあげたい」ってことで載せときます。

興味ある方は、どうぞ~♪


な~んて書きましたが、実は商品を紹介したら100ポイントゲットなのです。

楽天会員の方でアフィリ可能なブログされてる方は、リンク貼らなきゃソンですよ。
ただし、200文字以上で紹介しないといけないので、ちょっと大変です。

詳細は→コチラ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加