ROSES STYLE

女性の美しさと
女性の幸せを
サポートします♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨が降っても楽しい一日♪

2009-03-05 00:00:00 | Weblog
 今日は、仲良しがビジネスの相談に乗ってくれた。

本当に親身になってくれるので、こちらもウルウルしてしまった。

その後は、日本橋で娘とお茶をして、デパートを見て歩き
お夕食を食べた。

平日に娘とこんな風にデートできるなんて最高です

その後、国立劇場でお世話になった方の日本舞踊の会に娘と行った。

はんなりとした日本舞踊も素敵でした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

假屋崎省吾さんの世界

2008-11-02 22:28:28 | Weblog
「假屋崎省吾さんの世界」
予想以上に面白かった。
100段廊下の各部屋にいけばなが活けてあった。

どの部屋もラデンが施され、素晴らしい名室。
「漁しょうの間」は「千と千尋の神かくし」のモデルになった部屋だそう。

お花は男性的で斬新だった。
本当に「意外!!!」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうがぐるぐる♪

2008-09-30 06:38:53 | Weblog
無事、ROSESセミナー一回目が終わりました。

雨の中おいでくださった方々、本当にありがとうございました。
(なんと!!富山から来てくださった方も居たのです。

「こんな場所で、こんな雰囲気のセミナーは初めて!」と言いながら、
『やっぱり凄い!!!!!!!』素敵で大好きな本間先生

たくさんのフィードバックを頂きましたが、その中のいくつかを紹介させてもらいます。

「素敵な出会いをありがとう」

「こんな密度の濃いセミナーは初めてだった」

「学びが深くて、必死にメモりました。」

「自分にとって、お宝になりました。」

「あっというまでした」

「娘さんに会えて良かった」????

「いい場でした。」

「あなたそのもの。船出に立ち会えて感謝!」

読みながら、涙が止まらず、

「母はみんなから愛されててよかったと思いました」
という娘からのメールで号泣しました。

ありがとうって言葉だけじゃ、伝えきれないけれど、やっぱり
「ありがとう!!!!!!!!!!!」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五山の送り火♪

2008-08-17 22:33:09 | Weblog
運良く、全てを見ることが出来た。

「大」
「妙」
「法」
「舟形」
「大(左)」
「鳥居」

1200年前からと言うが
先人の思いが胸を打つ。

繋がってきた命
繋げてきた命

思わず、手を合わせる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛行船での遊覧クルーズ♪

2008-08-15 22:51:46 | Weblog
世界中で3隻しかない、飛行船ツェッペリンでの遊覧クルーズ。

東京湾花火を上から見られるそうです。

素晴らしい♪

8名しか乗れないため、一人のお値段は20万以上。

それでも、いつか^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わたしのお部屋に遊びに来てください。

2008-08-12 07:12:17 | Weblog
私の会社は、私のお庭です。
あちらこちらに、みなさんおひとりおひとりの顔を思い浮かべながら
埋めたお宝が埋まっています。

みんなの嬉しそうな顔が見たいです。
是非、遊びにきてね♪



会社をやり始めてから、「感謝」しかありません。
わたしの会社は一人だけのちっちゃな会社ですが・・・


お給料はもちろんのこと、お礼もろくに払えないのに、本当にたくさんの方が、チカラを貸してくれています。

5月の半ばで決めて、7月の登記出来たのも、
会社の初仕事を登記の二日後に出来たのも、すべて全て
手を貸してくださっているみなさんのお陰です。

本当に、本当にありがとう!

「ありがとう」と「微笑」を胸に一歩ずつ進みます。

何年かしたら、みんなに「感謝の会」パーティーでもしなくちゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの大切な人は誰ですか?

2008-08-10 06:53:58 | Weblog
アメリカの貿易センタービルのテロの時、行方不明になったレスキュー隊員が
残した言葉です。


『最後だと解っていたなら』

もし、ぐっすり眠っているあなたを見るのが、これで最後だと知ってさえいたら、私はあなたをもっとしっかり毛布に包んであげ、神様の祝福を祈っただろう

もし外出するあなたを見るのがこれで最後だと知ってさえいたら、私はあなたをしっかり抱きしめ、キスをし、出かけるあなたをもう一度呼び止め、もう一度しっかり抱きしめたことだろう

もし、あなたの心からのほめ言葉を聴けるのがこれで最後だと知ってさえいたら、
私はそれを毎日繰り返し見ることが出来るように
あなたの言葉を、その態度のすべてをビデオに撮影したことだろう


将来の道を考えるための明日はきっとあるしきっと来ると信じている
すべてをやり直すための明日はきっと来るはずだと私達は考えている

「愛しているよ」と言える別の日が、いつか必ずあるのだろう
「何か手伝いましょうか」と言える機会が、またきっとあるのだと思う

しかし、万一、それが間違いだったら、あなたはどれほど愛しているのかを
伝えられるのは、今日しかないのを、そのことを決して忘れないようにしたい


若者にもそうでない者にも明日という日は約束されているわけではない
だから今日こそ、あなたが愛する人をしっかり抱きしめることが出来る

最後の機会かもしれないのだ

もし、あなたがなすべき明日が待っているのであれば、今日実行してみてはどうだろう

もしかしたら明日は来ないかもしれないし、そうなったらきっとその日、あなたは後悔することになるだろうから

笑顔を見せること、抱きしめたり、キスしたりするための、ほんのわずかな時間
相手があなたに求めている唯一の最後の願いだったかもしれない

それらのことを、多忙を理由に拒否してしまったら、きっと後悔することになるだろう



だから今日、愛する人をしっかり抱きしめ、そして耳元でささやこう

愛していることを、いつも大切な人だということ

「ごめんなさい」「ありがとう」「大丈夫」「いてくれてありがとう」と

時間をとって伝えよう


そうすれば、もし明日が来ないとしても、今日この日に
後悔することはないだろうから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おいでくださいました皆様、ありがとうございました。

2008-07-30 19:52:03 | Weblog
 7月26日(土)に
わたしの会社の初仕事である、コンサート

Heartful songsが、大盛況のうち、終わりました。

おいでくださいました、皆様、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わっていくことを恐れない♪

2008-07-30 18:55:22 | Weblog
 変わることが、何かを失うことのように感じていた頃があった。
そんな時に、ある人のブログに出会う。

変わっていこう!を思えたはじめの一歩

もし、「変わること」を恐れている人がいたら、
「一緒に変わって行きましょう

「いつか、ある人にこんなことを聞かれたことがあるんだ。
たとえば、こんな星空や泣けてくるような夕陽をひとりでみていたとするだろ。
もし愛する人がいたら、そのうつくしさやそのときの気持ちをどんなふうに伝えるかって 

 写真を撮るか、もし絵がうまかったらキャンバスに描いて
 見せるか、いや やっぱり言葉で伝えたらいいのかな。


 その人はこういったんだ。自分が変わってゆくことだって・・・・


 その夕陽を見て、感動して、
 自分が変わってゆくことだと思うって。


 (星野道夫「星のような物語」 p.118より)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加