My Rosemary Nights

映画の感想などなど

(記事に無関係あるいは御遠慮願いたいトラコメは削除いたします)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミラクル7号

2008年07月01日 | 映画の感想
作品:「ミラクル7号」(監督:チャウ・シンチー周星馳/ 2008年/ 香/ 88分)
原題:長江7号
場所:TOHOシネマズ高知

日本語吹き替えなのが残念。

E.T.を基本に、ドラえもんと牧野つくし以下の貧乏が入っていまして、子供向けなのか時間が短く、繰り返しますが日本語吹き替え…。

でもナナちゃんはかわいらしく、キャスティングが面白いです。
映画観ている間は気付かないのですが、後から公式HP見て、そうだったのか、そういえば・・・みたいな。ええー、あの子も?!
でも、公式HP見るのは映画を観終わってからの方がいいですよ。
キャスティングの面白さが半減してしまいます。

主役のディッキー役の子、実は女の子だってのはPRで公表されているのですが、本当に男の子に見えます。驚きのオーバー表現とか特に。どんな女優さんに成長するのか楽しみです。

シンチーはギャグなしの実直パパで「ウソはつかず、ケンカせず、一生懸命に勉強すればビンボーでも尊敬される」と息子のディッキーに教えています。ディッキーは基本はその教訓を守るのですが、やはり子供で、どうしてもダダをこねることだってあります。その辺を描いているのは好感持てました。

気になったのは、ゴ○ちゃんがいっぱい出てくるシーン。
あれは本物ですか? 動いてたよね、確かに。 つぶしてたよね、いっぱい…。CG?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『シネマの食堂』の情報 (パ... | トップ | 『シネマの食堂』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2008-07-06 19:13:56
あたしも窓口で、「え、吹き替えしかないんですか?」と聞いてしまいました。
キャスティングの妙が味わえて面白かったですが、チャウ・シンチーの抑え気味の演技が、やっぱ物足りなかったですかね。
ゴ○ちゃん、CGだと思います・・・。
TB&コメントありがとうございます (なろ)
2008-07-07 15:18:05
sakuraiさん、TB&コメありがとうございます。
ゴ○ちゃんはやはりCGですよね(^^;)
ところで地域によっては字幕版を上映しているところもあるんですね。
こんな時、高知はやはり田舎なんだなと感じてしまいます…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミラクル7号 (ネタバレ映画館)
チャイナドレスの美人教師のいる学校なら無理してでも入学したい・・・
★「ミラクル7号」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ファーストデイで1000円の日。 「ミラクル7号」の字幕版を見るためにららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」まで遠征。 ここは平日は4000台収容の駐車場が無料だから、助かるね。
ミラクル7号 (迷宮映画館)
可愛さのポイントは『歯』かなっと。
【2008-156】ミラクル7号 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? で? 「少年サッカー」「カンフーハッスル」の チャウ・シンチーに宇宙からのオファーが!! 超ビンボー親子が出遭ったのは、 救いの神か──
ミラクル7号 (アートの片隅で)
「ミラクル7号」の試写会で中野サンプラザに行って来ました。 これは楽しくて、とても良い映画でした。 老若男女だれもが、楽しめる映画です。 デートにもファミリーにも最適な映画です。