ROSE POSYのハンドクラフト・ブログ

”手仕事”の楽しさをお伝えできればと思います。ROSE POSYオリジナル作品もどうぞお楽しみ下さい。

ガラス作品: 「もくれん」の透きガラス皿

2017年03月13日 | ガラス工芸

3月ですね。東京は、今年は暖冬で本当に助かっています。

うちの猫たちも毎日日向ぼっこができて幸せそうです。
(しかし、暖かすぎて自家製の魚の干物作りはあきらめました)

近所のお庭にもくれんの花が咲き始めました。
ふっくらとして優美なつぼみに魅了されています。



練習用のガラス皿に彫ったもくれんです。



久しぶりの逆レリーフ彫りで、彫る順番がわからなくて困りました。

手前のパーツから彫っていきます。彫るのは裏面、観賞は表面ですので
表からみて凹凸を表現しなければならず、ややっこしいです。



逆レリーフ、超苦手です。イメージしたとおりに立体的に彫るのは本当に難しいです。
花びらのふくらみが再現できているでしょうか?

花びらのように単純に表から見て膨らますのは簡単なのですが、
凸面を表現することがなかなかの難関です。

今回、練習用に使用した素材は、入門時にかなりお世話になった地厚のお皿です。



私がサンドブラストをはじめたのは、2011年の夏ごろでした。

2011年という年は、日本人なら誰にとっても忘れられない年だと思います。
あれからもう6年目になるのですね。
ついこないだの出来事のように感じてなりません。

『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新入り猫 vs 先住猫 その後 | トップ | やまぶどうのボウル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。