ROSE POSYのハンドクラフト・ブログ

”手仕事”の楽しさをお伝えできればと思います。ROSE POSYの作品もどうぞお楽しみ下さい。

ワイヤー作品の型崩れを避けるために (プロのアドバイス!)

2016年05月22日 | ジュエリーよもやま話

先日、「らくまくワイヤー」のお試しレポートの記事を投稿しましたら、な、なんと!

「らくまくワイヤー」販売元の「アイ・ラブ・スマート」さんから、貴重なコメントを頂いてしまいました。

ほんとはナイショにしておこうかなー(セコイ!)と思ったのですが、こんな有用な情報はみんなでシェアすべきだと思い、これからワイヤーアートを始める方々にも拡散したいと思いまして、コメントを本記事へ転載させていただきました。

--------------- 以下、コメント転載です --------------------------------

ご愛用有難うございます。

 ブログを偶然拝見しました。
らくまくで素敵なアクセサリーを作っていただいていて嬉しいです。

 ワイヤー作品を実用的にお使いいただくために、ポイントをお伝えします。
 まずワイヤーを使う前に手や布を使って摩擦を起こし、伸ばしてください。しゅっしゅっと伸ばすと熱く感じます。

 形を作る過程で伸びやすい箇所は金床(アンビルなど叩く台)に乗せて軽く金槌でクロスした部分やカーブの部分を軽く叩きます。

 普通に創っているときはわざわざ叩く必要はありませんが、負荷が掛かって強度を増したいときは良い方法です。

 叩く力が強いとワイヤーが切れますし、叩けば形が崩れますので、まず何度か練習し、特性を理解して取り入れてください。

 ワイヤーの切れ端を取って置いてS字やクロスした部分から練習すると良いですよ。

  また、ピアスなど、崩れないようにしたいけど、ワンサイズ上の太いワイヤーに変えることもできますが、より細いワイヤーだけで創るなら、2本一緒に使う と、強度UPされます。2本ツイストしても、そのまま折り曲げ2本にして、正面から見ると1本に見えるデザインもOKですよね。

 作品作りに生かせて頂けたら嬉しいです。

 では、お邪魔しました。

------------------ 転載終了 ------------------------------------

彫金をやっていた時は、シルバー925やゴールドのワイヤーを使用しており、強度と弾性を増すために、太めのワイヤーを線引盤でサイズダウンして地金を引き締めたり、金床で叩いて締めるということをやっていたのですが、いわゆるコーティング加工したジュエリーワイヤーは、ムリだろうと思って、試したことがありませんでした。

実際、ある有名なメーカーのワイヤーは、糸巻きに巻いてある線を加工のためにナイロンプライヤーで軽くはさんでまっすぐにしただけで、コーティングが剥がれてしまいました。(そのメーカーは製造時期によって品質が異なると聞いたことがあるので、私が買ったロットがたまたまだったかもしれません。)現在はどうかわからないですが、それ以来、摩擦や接触を避け、曲げる以外のことはタブーにしていた次第です。

幸い、彫金時代に買ったアンビルも木槌もまだ持っていますので、早速実験してみようと思います。(物事には程々というものがあるので、やはり叩きすぎたらダメかと思いますので、耐久限度を探っていこうと思います)

アイ・ラブ・スマートさん、本当にアドバイスありがとうございました!
また、いろいろとご教授ください。 


さて、ここからは雑談です、

私の長いジュエリー&アクセサリー行脚で思ったことは、プロの作家さんや先生は、本当に大事なところを教えてくれないことが多いということ。それがアマチュアとの差別化であり、長年苦労して習得した技術をそう簡単に他人に教えないのは当然といえば当然ですよね。

よく、「コツなんかない。要は馴れと勘だよ。」、とおっしゃる先生がいますが、実は、コツとはコトバで伝えられる、確立された技術であったりします。”コレを知っていると知らないとでは大違い”という、アレです。

もちろん、中にはごく稀に上達の早道を伝授してくださる気前のいい先生もいます。私が最後に師事したジュエリーの師匠は大変ユニークなヒトで、自分が編み出したテクニックやコツ、自分が懇意にしている安くていい業者さんなどを惜しげもなく教えてくれる先生でした。以下はその師匠の名(迷?)言。

「これを教えたからって、おれの仕事が減るわけじゃない。」

「教えない奴らは、自分がプロとしてリスペクトされたいし、生徒が自分より巧くなってライバルになっては困るから、わざと肝心なところは教えない。自信のなさの裏返しなんだよ。」

「おれはむしろ、”おれを超えられるもんなら超えて見やがれ”とタカくくってるから、教えられることは全部教える。技術を真似するだけなら誰でもできる。最後はセンスが勝負どころなんだよ。」  

なんか、かっこいいですよねぇ(^^)

一方で、工具屋さんや素材屋さんは、店長さんや店員さん(プロのクラフトマンやアーティストであることが多い)が、どこでも教えてくれない教本にも書かれていないノウハウや裏技などの耳よりなアドバイスをあっさり提供してくれたり、制作中に湧いた疑問に答えてくれることが多いです。

業界の現場に身を置いていない自分にとって、そうしたサプライヤーさんからの情報は大変ありがたく、貴重なものだと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんずのタンブラー

2016年05月02日 | ガラス工芸

被せガラスの中でも扱いが難しい赤色を使い、これまた難易度が高い、”実もの”をモティーフに挑戦しました。作り手の技術と表現力が試されます。

グラデーションとハイライトで、あんずの実の立体感を出していきます。

油絵や水彩画が色を乗せて描画していくのに対し、サンドブラストは色のついたガラス層を削り落としながらオブジェクトを浮き上がらせていく”引き算のアート”です。

たえず砂が吹き出しているノズルを遠ざけたり近づけたり、砂の圧力の強弱を調整しながら、砂を当てる角度、時間を加減して、色ガラスを削り落としていきます。

たった0.5秒、ノズルを生地から離すタイミングが遅いだけで、一瞬にして色が飛んで、そこで終了(=失敗)、しかもやり直しが利きません。

さて、上記作品の失敗部分はどこでしょうか?答えは、左側の実に重なる枝の部分。枝→実の順で彫りますが、先に枝の色を落としすぎたため、実の部分の作業中に枝の色がすっかり落ちてしまったというわけです。

そうかといって、色の落とし方が足りないと、重なったパーツ同士の境目(段差)が出ずにパーツがつながってしまう)という別の失敗を招きます。

被せガラスの生地自体が人による手作りであるため、同じ素材を使って同じ図柄を彫っても、完全に同じ出来栄えになるとは限りません。そして、その日の精神状態にもよってもかなり違ってきます。

別の日にもう1個彫ったのですが、(右側)この日はなんとなく集中力が続かず、雑な仕事ぶりが顕著に作品に出てしまいました。まったく見るに耐えない恥ずかしい失敗作品ですが、自戒の意味で載せておくことにしました。

工法はたった1つ、ガラスに砂を吹きかけるだけ。それだけのことなのに一筋縄ではいかないから、また挑戦したくなる。サンドブラストにはそんな不思議な魅力があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤の花が咲き乱れるグラス

2016年04月29日 | ガラス工芸

ゴールデンウィークが始まりました。ちょうどいい陽気の季節になりましたね。寒くもなく暑くもなく、窓から爽やかな風が入ってきて、私にとって1年で一番好きな季節です。

さて、今時はちょうど藤の花が見ごろとなっています。
藤の花を一周ぐるりと配したタンブラーを作りました。



写真ではちょっとわかりづらいですが、花の色の濃い部分は透かしのままになっています。部分的に光沢を残すことでアクセントが生まれて豪華な感じになります。



後ろのほうの葉っぱも透かしにして、ボトム部分に色を残してグラデーションでニュアンスを出してみました。



底にもフジの葉っぱをあしらって。


実際の藤の色はもっと鮮やかで青に近い紫ですから、このグラスの色はちょっと暗めです。落ち着いた”和”の雰囲気に仕上がりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らくまくワイヤーお試し、その2

2016年04月24日 | ジュエリー作品&試作品

らくまくワイヤー試用、その2です。(その1はこちら

ラッピングピアスを作ってみましたが、柔らかくて折れにくいので、巻きつけたり丸める作業がとてもラクです。(まさに、”らく、まく”という名前のとおりです!)



このワイヤーでワイヤーにビーズを巻きつける作業は、らくまくワイヤーを使うと容易に出来てしまいました。

こちらは渦巻きのピアス。#20のワイヤーも指で曲がる柔らかさなので、こんなモチーフも軽々作れました。

ただし、加工がしやすい=変形しやすい素材ということなので、取り扱いには注意が必要です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”らくまくワイヤー”をお試ししてみる

2016年03月26日 | ジュエリー作品&試作品

現在、”らくまくワイヤー”というのをお試し中です。小学生の工作レベルでとても”作品”といえるシロモノではありませんが一応テストワークをアップしておきます。これらを自分で普段に使ってみて、耐久性や経年変化を見ていきます。

写真ではちょっとわかりにくいのですがピンクゴールド色のワイヤーを使っています。色味がきれいでツヤもなかなか良い感じです。

(ピアスはこの後、ワイヤーの先端を精密ヤスリで丸めてあります。切りっ放しだとピアスホールに通すときに痛いですから。)市販の資材は使わず、丸かんも、9ピンもピアス金具も手作りしてみます。

ビーズをぶら下げるピンも自作。ちっちゃな渦巻きがストッパーの代わり。

アーティスティックワイヤーよりもプライヤーの傷はつきにくいように思います。コーティングはわりとしっかりしているようです。(仕事が雑でごめんなさい。笑)

”らくまく”というネーミングだけあって、とても曲げやすく加工はしやすいです。ただ、柔らかいということは弾性が低いのでテンションがかかりづらく、こうしたピアス金具などの部分は強度的に厳しいかもしれません。

この商品は、アーティスティック・ワイヤーよりもお値段がリーズナブルなので、練習用の資材としては最適ではないかと思いますし、褪色が少なければ実用に使えるので期待大です。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

プルメリア&イルカのペア・ショットグラス

2016年03月21日 | ガラス工芸

外国製(ドイツだかチェコだか)の被せガラスの出物がバーゲン価格で手に入るということで、色違いで一対注文しました。オレンジ色のきせガラスってあまり見かけないのです。

大きさは、ぐい呑みくらいのサイズですが、今回は洋っぽい柄にしてみました。

オレンジ色の方は、とても迷ってプルメリアにしました。3面に柄を配置しています。

色ガラスの乗り(厚み)が極端に不均一で、色が分厚い部分はグラデーションがうまくいかず、プルメリアは白い花なのでなんとか白さを表現したかったのですが、コントラストが強すぎてしまいました。

青いグラスは、おなじみのイルカちゃんです。イルカは夏の展示会作品でたくさん彫って要領を得たので、こちらはさくさくっと仕上がりました。

上から見たところ。

ハワイのお土産屋さんにおいてもらおうかしら。Made in Japanだけど。(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナニラの花器

2016年03月15日 | ガラス工芸

ハナニラが咲き始めました。

ハナニラは球根植物で、今頃の時期になると、何も植えてないようにみえるところから突然に芽を出し、一気に花を咲かせます。背がとても低いので気づかれない方も多いかもしれません。いつも何か落ちてないかと(ウソです。笑)下を見て歩く癖のある私は、通勤途中に草や花を発見しては、ほっこり小さい幸せを感じています。

上の写真はフリー素材、下の写真は「葉っぱの岬」から引用させていただきました。多謝。

ハナニラは、六角の星型をした小さな可愛い花で、私の大好きな花のひとつです。公園の片隅などに地味に咲いていますが、群生しているので存在感はあります。色の種類は、白、薄いブルー、紫、ピンクなどがあり、なかなか多彩な表情を持っています。

夏の間にこのハナニラを題材にして作品を作ってみました。こちらはハナニラの季節になったらアップしようと貯めておいたネタです。

紫色の花器の裏表2面使って、デザインしています。

まず、被せガラスの透明感を活かしてバックの色をそのまま残したバージョンです。

そして、反対側は、逆にバックの色を落とし、カラクサとともに花を控えめに配置して少しオリエンタルなイメージを出しました。(本物の茎や葉っぱは、ニラとか水仙みたいなまっすぐで細長い姿です。)

上から見るとこんな感じですね。

紫色を落として下のガラス地は正確には淡いピンク色でした。地の色がピンクというのは珍しいので、なんだかすごく得をした気分です。

巧拙はともかく、自分の好きなモティーフを自由にデザインできるようになってくると、作品作りが格段に楽しくなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナミズキのタンブラー

2016年03月13日 | ガラス工芸

私の近所ではモクレンの花が咲き、桜のつぼみも少し膨らみ始めました。やっと春が近づいてきましたね。

まだ開花時期としては先になりますが、ハナミズキのタンブラーを作ったので忘れないうちにアップしておきます。

深い緑の珍しいタイプの色のグラスが教室の片隅にたった1つだけあったので、すかさず入手しました。

ふんわりと優しい雰囲気に仕上がりました。花芯の部分は透きのままにしてアクセントに。

グラスの上のほうが色が薄く、下に行くほど濃くなるのは被せガラスの特徴です。色が薄いということは、色のガラス層が物理的に薄いということなので、下の部分とは彫り方を変える工夫が必要です。

器全体の色目を均一にすることは技術的には可能ですが、せっかく色が濃い部分まで薄い色に合わせてしまうのはもったいない気がして、私はあえて濃い部分は濃いままに表現することにしています。

このグラスは極端にその濃淡差が大きくて苦労しました。上の方の枝は消え入りそうにはかなげに、下のほうは力強く立体感のある感じに仕上がりました。

ハナミズキは、4月の終わりから5月頃が見ごろとなります。白やピンクのかわいらしい形の花(正確には、ガクだそうですが)が華やかに咲き乱れる時期は、私の最も好きな季節です。待ち遠しいですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます!

2016年01月02日 | ねこのねね姫の話

新年あけましておめでとうございます。

誠につたないブログで恐縮ですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、取引先の制作会社さんから、おもしろい年賀状をいただきました。はがきではなく、封書に入っていて、自分で組み立てる飾り物です。毎年、この会社のデザイナーさんたちが意匠を凝らした企画を考えるのだそうです。

組み立てる工程も楽しいのですが、1通の封書に収まった紙類がこのように立体的で躍動感のある置物になることに感動しています。

ねねさんも興味津々。

完全に猫のオモチャとなっております。

鞠とねこのコラボレーション。飾り物になりきって、まんざらでもない様子。(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイアンな葉っぱ柄のタンブラー

2015年12月26日 | ガラス工芸

まったくもって季節感のない作品ですみません。はっぱが好きな私が、いつかサンドブラストの題材にしたいと思っていたのが、亜熱帯ジャングル系の植物です。自然には素敵なデザインが溢れています。

今回のポイントは、完全に段彫りをせずに、擦りガラスにする部分と、ガラスの鏡面をそのまま活かした2種類のテクスチャーを用いたことです。


モンステラは存在感があってお洒落なはっぱです。透け感が涼しげですね。(今、冬ですけど・・・笑)


プルメリアやハイビスカスなどをあしらった亜熱帯お花バージョンの作品も作ろうかなと思っています。冬休みの宿題とします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビーズステッチの貝殻風パーツ ネックレス&ピアス

2015年12月24日 | ジュエリー作品&試作品

再び、ビーズステッチに戻ってきました。まるで依存性麻薬です。(笑)

シードビーズを使ったアクセサリー作品に関しては、私はもっぱら既成のキットを愛用しています。ビーダーの共通の悩みといえるのが、作品を作り終えたあとに累々と溜まっていく中途半端なビーズの在庫。余ったビーズで何か作ろうと思っても、作ってる最中に必要なビーズが足りなくなって、完成させたい一心で結局また買い足さねばならなくなったりします。わざわざ時間を作ってショップに出向くわけですので、足りないビーズだけを買うだけで済ませられることはまずなく、(笑)つい誘惑に負けて散財してしまいます。・・・そして、また使うあてのないビーズやパーツの在庫が無尽蔵に増えていくという、魔のエンドレス・ループに落ちていく次第です。

キットは、その点、材料を無駄に余らせることも、逆に足りなくなる心配もないので安心です。当然、創作欲を満たすことはできませんが、レシピを考案したデザイナーさんのセンスを賞賛しつつ、プラモデルのように出来上がりのイメージを膨らませながら作る工程そのものを愉しめます。作りたいという欲求と完成したときの自己満足を満たすことができるので、創作活動とはまた別の種類のアクティビティとして楽しんでいます。

今回も、Beads Factoryさんのキットで、ビーズステッチで作る”シェルネックレス”に挑戦です。

貝殻状のモティーフのパーツを糸と針を使って編んで作り、9ピンワークしたパールを通して、ネックレスに組み立てていきます。1個1個のパーツを作る工程は根気のいる仕事です。

画像がボケボケですみません。

作業自体は、けして難しくはないのですが、なにせ時間がかかります。常に減目、増目に気をつけている必要がありますので、テレビドラマを観ながらフンフン♪というわけにいきませんでした。

今回、デリカビーズが少し余ったのでお揃いピアスも作成してみました。(実は白状すると、ガラスパールは、別のキットを買ったついでに買い足しました。これじゃ冒頭で言及したエンドレスループそのものではありませんか・・・笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワックスコードで作るブレスレット 〜ビーズをふんだんに(2)〜

2015年12月23日 | ジュエリー作品&試作品

前回の続きで、さらに色違いを作ったのでアップしておきます。

こちらは、一番外側の縦糸のみにビーズを通してみたもの。



寒色が続いたので、温かい色合いのコードも試してみました。オレンジ色に合わせたのはオパールとブロンズのビーズで暖かい感じに。


微妙な違い、わかりますでしょうか。今までのものは太さ1mmのコードと丸大ビーズを使っていますが、ピンク色のほうは糸が0.75mmと若干細く、丸小ビーズを使っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワックスコードで作るブレスレット 〜ビーズをふんだんに(1)〜

2015年12月22日 | ジュエリー作品&試作品

ワックスコードで作るブレスレット。 これから紹介するのは、ビーズを沢山使った作品で、ワックスコードと一緒に購入したテキストに載っていたレシピで作ったものです。このデザインが大変気に入り、色違いでいくつも作ってしまいました。(^^; 2回に分けてアップします。

ブルーとアイボリーのブレスは、レシピどおりにゴールドと銅古美色のビーズを使ったものです。こういうボリューミーなアクセサリー、とっても私好みです。







そして、応用編。玉虫色ガンメタなビーズとシルバーの組み合わせ。



裏はこんな感じ。ボタンで留めるタイプです。自分の腕の太さにぴったり合わせて作れるところが手作りの嬉しいところです。


ブレスレットばっかり何本作ったら気が済むんだよ、という感じですね。ピアス屋さんに続いて、ブレスレット屋さんも開けそうです。(笑)


"巻き結び”といって、1本の紐を芯にしてもう1本で巻きつけるようにして結んでいく方法です。
初心者の私はまだまだ目が綺麗に揃っていません。とても根気の要る作業です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワックスコードで作るブレスレット 〜センター・パーツをメインに〜

2015年12月22日 | ジュエリー作品&試作品

ワックスコードでつくるブレスレット・シリーズ。
今回はストーンやパーツをメインに持ってきた、究極に簡単だけど意外とヘビロテ度の高いシンプルなブレスレットです。

こちらは、コードの色と同じフレーミング・ガラスのパーツを使った二重巻きのブレスです。ゴールドのビーズを編みこんでみました。

次は、エナメル仕上げのジョイントパーツを使ったブレスレット。

そう、このお花パーツ、ヴァン・クリーフ&アペールの”アルハンブラ”のお花に似てますね。ホンモノのアルハンブラを持っている人なら、簡単に違いを見破ることができますので、”ニセモノ”ではなく、”似てるモノ”。ヴァン・クリ・ファンに怒られそうですけど、そこはご愛嬌です。(笑)


超初心者でもあっという間に作れます。そして、いくつあっても嬉しいブレスレット。

材料屋さんで可愛いジョイントパーツを見かけたら、きっとこのブレスを作りたくなると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワックスコードで作るブレスレット 〜Simple Version〜

2015年12月20日 | ジュエリー作品&試作品

ワックスコード(まくらめ)でつくるアクセサリー・シリーズです。デビュー宣言をしてから随分時間が経ちましたが、食後のひと時などにテレビを観ながら、テキスト片手にちょくちょく作っていたら、作品(といえるか?)がかなり溜まってきので、ぼちぼち紹介していきます。

まずは編み方の練習ということで、シンプルなブレスレットから作っていきます。ブレスレットというか、ミサンガ的なものでしょうかね。

平結びの三重のラップブレス風ブレスです。メタルビーズをいれてちょっとハードな雰囲気に。男性でも使えそうですね。



二色を編みこんでカチッと目が詰んだスタイル。ジーンズに合います。

ちょっと甘めで女の子っぽいブレス。手首にぴったり沿わせられるよう、サイズ調整が可能になっています。う〜ん。それにしても、この色は、、、。(汗)

同じ編み方で色違い。サーモンピンクのは中心の2本を省略して他のより細めになっています。

編むというよりも、結んでいく感じですね。指だけで作ることのできる楽しい手芸です。

透かし模様なので、つけているのを忘れるほどとても軽いです。ワックスコードは色違いで沢山作って、その日の服の色に合わせるのも楽しいかも。

耐久性はどうだろう?と実験的に連続着用してみましたが、かなり丈夫です。そして表面にワックス(蝋)が引いてあるので水にも強く、じゃぶじゃぶ洗っちゃっても平気でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加