Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『桐島、部活やめるってよ』 (2012) / 日本

2012-06-25 | 邦画(か行・さ行)


監督: 吉田大八
出演: 神木隆之介 、橋本愛 、大後寿々花
試写会場: 新宿バルト9

公式サイトはこちら。 (2012年8月11日公開)





今年の夏、同世代の中高生の注目を恐らく一心に集めているであろう本作。 場内も女子高生がめちゃくちゃ多い。 cocoさんのご招待で完成披露試写会に行って来ました。 いつもありがとうございます。
上映前舞台挨拶、ものすごい人数でした。 (以下敬称略)キャストの神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、鈴木伸之、太賀、吉田大八監督が登壇。
顔と名前が一致する人が主要キャストさんしかいないのが残念ですけど、皆さんお題として「○○、やめるってよ」をもらい、○○に自分がこの夏止めたいと思うものを入れてもらうことに。
中には本当に止める気あるの?みたいなお答えもあったりして(笑)、若いなーと。


 



そしてスペシャルゲストとして、サッカー日本代表の槙野智章&吉田麻也の2選手が来ました。 たぶん「部活つながり」なんだと思うんだけど・・・ このお2人、私はサッカー詳しくないので全く知らなかったんですけど、面白い方のようで、盛んにギャグ言いつつも滑ってたり。。。 笑
吉田さんは、キャストの山本美月さんのファンだそうで、照れまくってました。
橋本愛さんは大人びてしっかりしてるなあという印象です。 そして神木くんは一生懸命ヒット祈願してましたね。

舞台あいさつの詳細は↓の記事に詳しく出ていました。
映画『桐島、部活やめるってよ』完成披露試写会、神木隆之介らキャスト12名+吉田大八監督と、特別ゲストのサッカー日本代表・槙野智章&吉田麻也ら総勢15名で願掛けの「やめるってよ」!! - cinematopics online 

あと、動画もありましたのでどうぞ。






映画ですが、比較のために原作も読みました。
「桐島が部活を辞めたことが、周囲の人たちにも影響を及ぼしている」様子を描いた作品なんですが、原作は登場人物毎の章に分かれているのに対し映画は一遍の流れ。
ただし「桐島が部活を辞めた」ショックは、映画の方が色濃く出ている。会話の中にことごとく桐島の話題が出ているのに対して、原作では章毎に完結する話もあるので、全てが桐島の退部に焦点を当てている訳ではなくなってきている。どちらも最後まで桐島本人が出てこないのは同じだから、それであれば話題の人物不在を強調している方が印象には残る。
本と映像との大きな違いでもあるが、本ではそれぞれの人物像や心情を細かく描いているので個人として人物をつかみやすいが、それを全て映像にはできない。だから映像では「桐島が部活を辞めた」ショックを軸として置き、全体の流れを注視する選択をしたのだろう。
その点で、大まかに相関図的に全ての人物を描いたことは正解。これがないと人数が多い分どうにも整理できなくなってくる。流れを重視した中でも、キャラクターを特徴づける工夫もしている。
だがその分、人数が多いためやや詰め込み過ぎな印象も残る。それぞれのキャラクター付けをあっさりとして置かないと観客が混乱してしまうため、勢い流したような感覚になるのは致し方ないところだが、これも苦渋の選択だっただろう。
そしてまとめるが故に、肝心の桐島への想いが原作と比較して強く出てなかったような印象も残る。


この「流れ」をまとめ、桐島ショックの集大成として映画で作られたエピソードとして、宏樹×沙奈×亜矢が絡む話がある。原作にはないこの話を入れることによって、亜矢と沙奈の抱えるジレンマやダークサイドが浮かび上がるのは非常に面白い。
沙奈や梨紗、そして宏樹・友弘・竜汰たちがピラミッドの頂点に立ちながらも実に胡散臭く狭い世界の尺度で生きるのに対し、映画部のゾンビたちは、この下らないヒエラルキーをぶち壊したい願望のかたまりのように、自由でコミカルな存在なのだろう。
高校時代を思い返してみると、何とも狭い視野で物事を考えていたことなどはもう恥ずかしくなる出来事の極致だが、若い時は周囲にあるものだけが世界であることを思うと、クラス内の構図は学園生活モノには不可欠な要素である。
全てのエピソードにも関係してくるが、いわゆる中高生によく見られる「教室内のヒエラルキー」が物語のベースになっており、それぞれの役がどこに位置づけられるのかを確認するのもこの作品の見どころ。
そしてラストシーンを上手いところに落としてきた。 この終わり方はそれまでの諸々をまとめ、さらに余韻があっていい。


俳優陣では松岡茉優は特筆すべき存在。沙奈役は完全に染みついていて、全てを階級に当てはめて心を弄ぶ悪女の女子高生を見事に演じている。
そして橋本愛のクールな表情が印象に残る。 大後寿々花は今回頑固キャラに徹しているけど、逆に帰宅部女子も演じさせてみたいような気もする。 梨沙=山本美月のキャスティングも、彼女の風貌と合っていていい。
男子陣が少々女子に押され気味かなというのが感想。 やはりこれだけ人数多いとよほど印象付けないと難しいかも。でも全員同世代には支持されやすい面々だし、話自体もまとまっているので、映画としては受け入れやすい要素は多い。


★★★☆ 3.5/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【フランス映画祭2012】『リ... | TOP | 『聴こえてる、ふりをしただ... »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2012-07-15 23:15:27
同じ試写かな。
彼ら、神木くん以外願掛けになってなかったですよね(笑
原作未読どころか、原作の存在すら直前まで知らずに観ましたが、予想外に面白かったです。
もう一回観て原作も読んでみようかな。
ノラネコさん (rose_chocolat)
2012-07-16 09:51:38
同じでしたね。 願掛けの意味分かってなくて面白かった(笑)

これ、映画と原作はほぼ別物と考えた方がいいと思いました。
原作は桐島への想いが深い分、個人エピソードに走っているので、映画化にあたりそこをまとめる工夫がされていましたね。 
女子高生 (まっつぁんこ)
2012-07-27 20:08:05
我が家の女子高生の評判は最悪でした。
あんな高校ありえない
に始まり
桐島出てこないじゃんetc
観る気が失せました(笑)
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2012-07-28 07:34:40
原作でも桐島は最後まで出ませんよ~。
中高モノって基本あり得ない学園設定ですからね(笑)
で、結局観ないの? これそんなに悪くはないと思うけど。
こんにちは (はらやん)
2012-08-13 12:35:32
rose_chocolatさん、こんにちは!

ヒエラルキーというか、才能や容姿といったことについて持つ者と持たざる者というのは確実にあるのですよね。
そういうことに気づき始めるのが高校時代なのかもしれません。
じゃ持つ者がそれで充実しているのかというとそうでもないのかもしれません。
菊池には何事にも熱中できない自分になにか鬱々した気持ちを持っているように感じました。
吉田監督の演出は計算され尽くしていて見事でした。
今度原作も読んでみようかと思います。
はらやんさん (rose_chocolat)
2012-08-13 13:20:57
高校にもなるとそれは感じましたね。感じさせないクラスや学校が本当は一番いいのですが、そうはいかない。

吉田監督は、ばらけていた原作を映画用に見事にまとめました。ぜひ読んでみて下さい。
こんにちは (ナドレック)
2012-08-17 12:03:22
映画は素晴らしいけど、小説ではどうなんだろうと思っていましたが、やはりずいぶん違うんですね。おっしゃるとおり、宏樹、沙奈、亜矢を絡めたのは面白いと思います。
映画部がちょっとカッコ良すぎた気がします。映画の作り手は、やっぱり彼らを貶めることはできないのでしょうか:-)
ナドレックさん (rose_chocolat)
2012-08-18 09:59:58
映画が先で、小説が後だったんだけど、かなり違いましたね。
小説は人物ごとのエピソードでまとまっているので、それを1本の映画にした吉田監督の手腕は高く評価されていいと思いますよ。

>映画部がちょっとカッコ良すぎた気が
まあ、せっかくなので、カッコよくしてあげたかったんじゃないかな??
 (とらねこ)
2012-09-28 01:28:45
こんばんは。
roseさんはどの人物が一番当てはまります?
私、沙奈だけは嫌だわー、ああいう女っているいる!って感じでした。そのくせ、一番綺麗な女の子と二人っきりでツルんでたりするんですよね。あの女子4人は、本当いかにも居そうで上手いな~と感心しました。もう女の子の嫌な部分を見ているみたいで、そのくせすごい良く分かる。リアリティがありました。

私も高校の時、女子4人組だったんですよー。でも、私の場合は高校の時は、超性格のいいバスケ部部長が親友で、他の二人はソフト部部長と生徒会書記でした。
私、女の嫌な部分を持ってる女の子は嫌いでしたもん。女子クラスだったので、世渡り上手にならないといけませんでした。

P.S.・・・TB出したんだけど、また反映されてないのかな?最近調子悪いみたいですね。
とらねこさん (rose_chocolat)
2012-09-28 08:11:20
>roseさんはどの人物が一番当てはまります?
私なら橋本愛ちゃんの役かなあ。みんなと仲良くするふりをしながらこっそり全体から観察してる(笑)と書くとぴったり??

>沙奈だけは嫌
わかるー。
でも現実社会こういう女は幅を利かせてるよね(爆)

>女の嫌な部分を持ってる女の子は嫌い
わかるわかるー。
私もどっちかというとめんどくさいのは嫌いだし、ああもうこいつとはダメだなって思ったら、ぐちゃぐちゃ言わないで黙って離れるしね。
世渡り上手も大変だほんと・・・ 笑

TBの件、gooに訊きますのでお待ちください。ご迷惑おかけしちゃってまする。。。

post a comment

Recent Entries | 邦画(か行・さ行)

Similar Entries

29 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
桐島、部活やめるってよ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
桐島とは、何者だったのか? 成績優秀、スポーツ万能、誰もが憧れ一目置く学園のヒーローで、バスケ部キャプテンの桐島が、ある日突然姿を消す。 そして齎された、「桐島、部活やめるってよ」という何気な...
吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。朝井リョウ・原作、吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』出演は、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出 昌大、他物語・バレー部のキャプテンで成績も優秀な桐島。ガールフレンドは校内
8ミリ越しの下克上~「桐島、部活やめるってよ」~ (ペパーミントの魔術師)
↑てっきり神木くんが桐島かと思ってました。 もしくはこの物語でいちばんかっこいい役なのかと。 違ってました(笑)いや半分は当たってたかな。 ダサダサな映画部の部長で運動神経ゼロ、どっちかいうと クラスでは存在感がなく、どうでもいい人間のように見られてる。...
「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから (はらやんの映画徒然草)
高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。
桐島、部活やめるってよ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
バレー部のエースで成績優秀な桐島という生徒が部活をやめることで、浮き上がってくる学園内の複雑な人間関係やそれぞれの生徒の本音をうまく描いた作品だ。現役高校生が見ても娯楽作品ではないので、面白くないかもしれない。ところが、高校を卒業して大人になった我々が...
学園ヒエラルキー最下層の叫び、『桐島、部活やめるってよ』。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 吉田大八監督、神木隆之介主演、『桐島、部活やめるってよ』、8/11、Tジョイ久留米にて鑑賞。2012年30本目。  久しぶりの邦画鑑賞だったりします。  今年に入って何と1本目(アニメは除く)。  去年も五十本前後劇場で映画を観て、やっぱり邦画は三、....
『桐島、部活やめるってよ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「桐島、部活やめるってよ」□監督 吉田大八 □脚本 喜安浩平、吉田大八□原作 朝井リョウ □キャスト 神木隆之介、橋本 愛、大後寿々花、前野朋哉、岩井秀人、東出昌大、山本美月、       松岡茉優、清水くるみ、落合モトキ、...
桐島、部活やめるってよ (だらだら無気力ブログ!)
大後寿々花が可愛くなってたなぁ。
『桐島、部活やめるってよ』 陽はまた昇る (映画のブログ)
 サミュエル・ベケットが『ゴドーを待ちながら』を発表したのは1952年のことだ。この著名な戯曲は、それから半世紀以上たった今でも世界のどこかで上演され続けている。  『ゴドーを待ちながら』が表題にゴ...
桐島、部活やめるってよ(2012-108) (単館系)
桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9 最初に。 もう遅いかもしれませんがこれから見にこうと思っていて 原作も読んでいないならなんの情報も仕入れずに観に行く ことをおすすめします。 とある田舎...
観ました、「桐島、部活やめるってよ」 (オヨヨ千感ヤマト)
何の情報ももたず観に行きました。監督の名前とにのまえ・・・いや神木君が主演ってこ
「桐島、部活やめるってよ」桐島パニックに巻き込まれた先にみたそれぞれの立場から見た人間関係の距離感 (オールマイティにコメンテート)
「桐島、部活やめるってよ」は朝井リョウの原作を映画化した作品で男子バレーボール部で人気だった桐島が部活を辞めた事で周りに様々な衝撃を与えて、関わりある人も関わりない人 ...
映画「桐島、部活やめるってよ」 (FREE TIME)
映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。
『桐島、部活やめるってよ』前田、部活たのしいってよ。 (Healing )
桐島、部活やめるってよ ★★★★★ 熱くなれるものがあるのは 全然カッコ悪くなんかない なんて痛快!カタルシス! 屋上のシーンでは、思わずパチンと手をたたいちゃいました! 「そうだ、そうだ!」 本当、全部、他人事じゃない。 探せ、探せ、あのころの自分を探せ。 ...
映画『桐島、部活やめるってよ』観てきた・・・・ (よくばりアンテナ)
原作者・朝井リョウさんが大学在学中に小説すばる新人賞を受賞したってことで この本は読んでみたいって思ってたんですよ。 文庫になったら。 でも、春頃、文庫を見つけたんですけど、もう映画化の話...
文化部 × 運動部 × 帰宅部 ~『桐島、部活やめるってよ』 (真紅のthinkingdays)
 バレー部キャプテンにして学校の中心人物「桐島」が部活を辞める--。金曜日 の放課後、そのニュースが校内を駆け巡る。桐島の親友・宏樹(東出昌大)や恋人 の梨紗(山本美月)はもちろん、彼らとは最...
桐島、部活やめるってよ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら『桐島、部活やめるってよ』を新宿バルト9で見ました。 (1)物語の舞台は現代の高校(山がすぐそばにある地方の高校でしょう)、登場するのはほとんどが高校2年生ながら、まずまずの作品に仕上がっています。  とりわけ、 イ)映画のタイトルにもなってい...
それぞれの波紋 ~ 映画編 (笑う社会人の生活)
映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。 バレー部 キャプテン 桐島が部活をやめたことによる それぞれの波紋、様子が描かれる うーん! なんともリアルな・・・ 高校、学校というなの社会 高校の中が彼ら彼女らの全てであり世界 その中にあるヒエラルキー ...
52★桐島、部活やめるってよ (レザボアCATs)
’12年、日本 監督:吉田大八 脚本:喜安浩平、吉田大八 原作:朝井リョウ 製作指揮:宮崎洋 製作:菅沼直樹、茨木政彦他 キャスト:神木隆之介/前田、橋本愛/かすみ、東出昌大/宏樹、山本美月/梨紗、大後寿々花/沢島、松岡茉優/沙奈、清水くるみ/実果、落合モトキ...
学園煉獄 朝井リョウ 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』 (SGA屋物語紹介所)
朝井リョウ氏による印象的なタイトルの青春小説を、『クヒオ大佐』『パーマネント野ば
桐島、部活やめるってよ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
桐島、部活やめるってよ '12:日本 ◆監督:吉田大八「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「パーマネント野ばら」 ◆出演:神木隆之介、大後寿々花、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、...
桐島、部活やめるってよ (銀幕大帝α)
全員、他人事じゃない。 -感想- もうね、作品に対して難癖付け様が無くて完敗っすわ。 だけど1つだけ声を大にして言える事がある。 それは ファインダー越しに前田が妄想するゾンビの世界が神々しくて泣けた って事だ。 まさか青春群像劇内で描かれたゾンビに感動...
桐島部活やめるってよ (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 いつもと変わらぬ金曜日の放課後、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島が突然部活を辞めたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島の恋人でさえ彼と連絡が取れないまま、桐島と密接に関わっていた生徒たちはもちろんあり....
桐島、部活やめるってよ (Akira's VOICE)
103分間の生徒体験。  
「桐島、部活やめるってよ」噂に違わぬ面白さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
昨年はなぜか全く興味が沸かずに公開中見逃してしまった「桐島、部活やめるってよ」 こんなに評判が良く、年間ベストの中に選ぶ人が大勢いるなんて!!と、年末に大きくヘコんでいた私。 現在春休み4月5日まで限定で、渋谷シネパレスで再上映されているyo このチャンス...
映画「桐島、部活やめるってよ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作は、数年前に面白く読みました。
桐島、部活やめるってよ (いやいやえん)
タイトルの桐島君自体はきちんと出てこない作品です。 学校内における上、下の階層なんかはリアルだったなあ。友達関係の中でもあるゴタゴタとかさ。不自由な閉鎖空間の中で生きてきた学生だった人なら、なんとなくわかるはず。 構内風景や会話も現実味がある。映画...
桐島、部活やめるってよ。 (迷宮映画館)
25年、見続けてきたもの。
「桐島、部活やめるってよ」 (或る日の出来事)
うん、まあ…普通。