Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『ロック・オブ・エイジズ』 (2012) / アメリカ

2012-09-11 | 洋画(ら行)


原題: ROCK OF AGES
監督: アダム・シャンクマン
出演: ジュリアン・ハフ 、デイエゴ・ボネータ 、ポール・ジアマッティ 、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 、メアリー・J・ブライジ 、ラッセル・ブランド 、アレック・ボールドウィン 、トム・クルーズ
試写会場: よみうりホール

公式サイトはこちら。(2012年9月21日公開)


tomocoさんとご一緒してきました。
とにかく予告でジャーニーが流れていたこともあって期待度満点の状態で観賞。トム・クルーズのなり切りロックンロールスターっていうのももちろん興味あり。


結論から言っちゃうと、これ、「80年代ロックを愛する人たちが、その深い愛を示した作品」。
このサントラの中の、1曲でもいいから昔聴いて好きとか、聴き覚えがあるぞとか、「ベストヒットUSA」毎週見てましたとか、あるいはこのサントラに限らずロックって結構好きなんだよね、みたいなそこのアナタには、この映画、響くものがあると思います。
まずはサントラをチェックしましょう。 ↓

映画『ロック・オブ・エイジズ』 サウンドトラック

もちろん、全曲知ってまーす! とか、あのバンドの大ファンなんだよねーみたいな人にはきっと、ぶんぶんうなずいて、ノリノリになるシーンがいっぱいあることでしょう。
中には、「予告で観て、トム・クルーズがロックスターになるのを楽しみにしているんだけど」っていう方もいらっしゃると思うんだけど、全部にトムが出る訳じゃない。むしろ脇役っぽい、ポイントポイントで出演してくるので、トムの物語とは思わない方がいいですね。あくまでもメインはジュリアン・ハフ&デイエゴ・ボネータの物語なので。


お話自体はとても単純で、田舎からハリウッドに出てきた歌手志望のシェリーと、彼女を見守るドリューの物語をメインに、自分の将来を見出せなくなっている人気絶頂のカリスマロッカーの自分探しを加えている。
展開自体がミュージカル仕立てなので、キャストが歌う歌詞がそのままセリフになり、心情を表しているという構成です。アダム・シャンクマン監督の代表作『ヘアスプレー』よりももっとミュージカル色は強いので、セリフで歌っちゃう映画がだめな人はちょっと厳しいかな。でもお好きな人ならばとてもよく解ると思います。ロックの歌詞も鮮烈にloveを謳ったものも多いし、そこを上手く物語の進行に取り入れていると感じました。
どの場面で何の曲を歌うのかを説明したいんだけど、それ書くとネタばれになっちゃうから劇場で観てほしいですね。とにかく観に行かれる人は曲名を思い浮かべて、歌詞と物語のマッチングを楽しんでほしい。
それでもちょこっとだけツボにハマった曲をご紹介。





"Waiting for a Girl Like You"
原曲はForeigner、1981年10月米リリース。映画ではジュリアン・ハフとデイエゴ・ボネータが歌唱。
まさにこの歌詞の通りのシーンです。
フォリナーは男性ヴォーカルですがジュリアン・ハフのちょっとハスキーな感じもいい。





"We Built This City" 原曲はStarship、1985年リリース。
"We're Not Gonna Take It" 原曲はTwisted Sister、1984年リリース。
この2曲のmixが映画では使われています。 観ればわかるけど2曲の歌詞に大いに意味があって、掛け合いの様子が秀逸。
「俺たちがこの街を作ったんだ!」に対して「いや我々が正しい、そんなの受け入れられない」。 この選曲も非常にgood。
Starshipのライブにも昔行ったんでこの使い方もすごいツボだー。





"Harden My Heart" 
原曲はQuarterflash。1981年リリース、同年3位獲得。 日本でも翌年洋楽チャートに登場していて隠れた名曲でした。
映画ではジュリアン・ハフとメアリー・J・ブライジが歌唱。個人的にはこの曲が最も印象に残る使われ方をしてましたね。


他にもJourneyの"Any Way You Want It"(邦題「お気に召すまま」)などは最近海外ドラマのgleeで使われたか何かで、若いコも知ってるみたいですね。私たちの後ろに座ってたJK2人組がこの曲名が思い出せなくていたんで(笑)



とまあ最後は洋楽LOVE的な感じなんですけど(笑)、とにかくこれはここに出てくる曲たちを愛でる映画。1980年代前半が主体のサウンドトラックと、ストーリーのコラボを楽しむ。そしてキャスト・スタッフが映画に込めたロックンロールへの愛もたっぷり味わってほしい、そこがポイント。
もちろんトム・クルーズの、Def Leppardの"Pour Some Sugar On Me" などに代表されるようななり切りカリスマロッカーを味わうもよし。あるいはキャサリン・ゼタ=ジョーンズのダサい80年代ポリエステルスーツっぽいコスプレを笑うもよし?(笑)
つい先日ケイティ・ペリーとお別れしたラッセル・ブランドも、ここでは妙にいい感じで笑わせてくれます。
メアリー・J・ブライジの貫録も素晴らしい。そして『バーレスク』ではアギレラの後ろで目立たなかったジュリアン・ハフの堂々とした演技もいい。
80年代アメリカンロックを愛する人ならうなずける1本ですね。



★★★★☆ 4.5/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (24)   Trackbacks (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しゃぶしゃぶ 五穀御膳 東風吹か... | TOP | 『白雪姫と鏡の女王』 (2012) / ... »
最近の画像もっと見る

24 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
80年代 (まっつぁんこ)
2012-09-16 19:57:46
わたしは1981年に就職して忙しかったし、実は80年代が一番の空白地帯なんだよね~(笑)
でも振り返ってみると最後の黄金時代。90年代以降はどうもつまらん。バブル崩壊以降ダメなのは経済も音楽もいっしょですね。とはいっても、ギャルたち(ガガ リアーナ テイラー ケイティand so on)はいけてるけど。
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2012-09-17 00:55:15
一応青春は80年代USチャートなもので、語らせたら長いよ(笑)
ほんと90年代以降はダメだね。
ひょっとするともう、80年代ほどいい時代はこの先来ないような気がする。
最近のギャルはよーしらんけど。。
Unknown (mig)
2012-09-17 02:04:02
こんばんは。
80年代Rockは好きだけど私はザンネンながら
ハマるほどではなかったのよね。
トムがよかったからそこそこ楽しめましたけど
笑いはちょっとくだらなすぎたなー
愛すべきラジーってカテゴリがぴったりでしたわ
migちゃん (rose_chocolat)
2012-09-17 07:29:36
あはは、そう言ってたよね。
これ、話の中身的にはあんまり考えなくてもいいような気がする(笑)単純だもん。

むしろみんなのロック愛を見るというかね。
トムもすごいよ、あれだけの肉体保ってるのは。
あれに匹敵するのは最早ひろみごーくらいしか思いつきません・・・ 笑
こんばんは☆ (tomoco)
2012-09-17 21:15:17
楽しかったねー!お誘いありがとうございました。

『レスラー』の中でミッキー扮するランディが、
「80年代最高!90年代に入ってニルヴァーナが全部ぶち壊した」って言ってたけど、
確かにグランジが音楽シーンを変えちゃったね(笑
ロックもポップスもあの頃が一番いい時代だったのかも、
今の洋楽好きな若い女の子たちもみーんな80年代の音楽好きなのよね、
親の影響とかもあるにしてもやっぱり楽曲がいいってことなのかな♪
tomocoさん (rose_chocolat)
2012-09-18 00:33:24
楽しかったですねー。
これはやはり洋楽に詳しい人と観るのが面白い!
観た後の盛り上がり方が断然違うよ。

>『レスラー』の中でミッキー扮するランディが、
>「80年代最高!
そのシーン大好きよ(笑) よくぞ言いましたって感じでw

>確かにグランジが音楽シーンを変えちゃったね(笑
90年代に入ると、まっつあんじゃないけど就職結婚出産で私も人生の空白期間に入って、全然音楽シーンがわかんなくなった。
それもあったし、実際80年代ほどの盛り上がりもなかったから、90年代以降の洋楽はほとんど聴いてないですね。
80年代みたいな時代はもう来ないでしょう・・・。いい時代でした。曲もいい!
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-09-21 17:32:33
私はちょうどこの世代、正確には洋楽の歌詞など気にせずに聞いていた世代なので結構楽しめましたよ。

それにしても本当にあってないようなストーリーでしたね。
でもこの手の映画の場合はこれでいいのかも。
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2012-09-21 17:53:48
全く同じですわ(笑) でもにゃむさんの方がお若いでしょ?? 

話はね、なくてもいいんですよね。このテは。
『バーレスク』もそんな感じだったしね。
コメントありがとうございました (kazoo)
2012-09-22 10:42:24
>「80年代ロックを愛する人たちが、その深い愛を示した作品」。

まさに!!
まさに!!!ですね~。

ビール片手にお気軽にっ♪な映画ではありますけれども
ふと気がつくと
身体がリズムを刻んでいて
ビールが、ビールが~~っ!!!!
こんばんは♪ (yukarin)
2012-09-23 00:35:40
80年代ロックは大好きなのでテンション上がりまくりで観てましたー。サントラ欲しくなりましたもの。
トムもロックスターしてましたし頑張りましたね。
歌もうまいのにも驚きました。もっと聴きたかったくらい。
私はかなり楽しめましたよ!
kazooさん (rose_chocolat)
2012-09-23 01:35:27
はじめまして こんばんは。
楽しいコメントありがとうございます。

身体が乗って来ますよねー。わかりますわかります。
それだけでいいんじゃないかなと思いますよ。ビール飲んでもいいし(笑)
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-09-23 01:36:52
テンション上がってよかったです。
サントラ買ってしまいましたよ~!
早速ヘビロテしてまする・・・。

トムもキャサリンも歌上手かったですね。主演の2人も頑張ってたし。何と言ってもメアリーが決めてましたしね。
こんばんは (はらやん)
2012-09-24 20:24:48
rose_chocolatさん、こんばんは!

あまり洋楽を知らない僕でもけっこう知っている曲があり、楽しめました。
"We Built This City" と"We're Not Gonna Take It"のMixはよかったです。
予告でもこのシーンでてましたが、ここが観たくて行きました。
なんかあの頃の空気が味わえる感じでワクワクしましたよ。
はらやんさん (rose_chocolat)
2012-09-25 19:52:45
>"We Built This City" と"We're Not Gonna Take It"のMixはよかったです。
そうそう。これ面白かったよね。よく選んだなと思います。
歌詞と内容がコラボしてるから余計面白い。

あの頃楽しかったですねー。って素直にうなずける人向けですね。
トラックバック (とらちゃん)
2012-09-26 00:15:31
トラックバックが受付できなくなってご迷惑をおかけします。別にミラーブログを作りました。よろしければそちらへお願いします。
とらちゃん (rose_chocolat)
2012-09-26 08:48:29
いつもありがとうございます。了解しました。
好きだ! (ボー)
2012-10-01 07:08:46
サントラ、こんなに曲数があるんですか!
ちょっと欲しい。
ミュージカル好きとしては、満足、ハッピー。リピートしてもいいくらい。
キャサゼタがパット・べネターやってくれたのが最大の喜びでしたねえ。
ジュリハフもかわいかったしー!
ボーさん (rose_chocolat)
2012-10-01 07:21:51
サントラよいわよお。
そっちも書いたんで。

そうそうリピしたい作品。これ元気出ますよね。
もう、それだけでいいのです。わからん奴はほっとけい!
Unknown (ノイ)
2012-10-01 09:57:45
80’sは自分よりちょっとお姉さん世代ですが大好きな音楽いっぱいなのでサントラはまってます!!!
何がビックリっていくらトッププロと言えトムがコレほど歌えてしまってるのが凄い!
映画館では見ないと思いますが要チェックの作品です♪
ノイさん (rose_chocolat)
2012-10-02 19:54:47
ノイさん洋楽お好きですもんね~。
これも楽しめると思うよ。
そうそう、トムもキャサリンもすごく歌が真剣なんで驚きました。
クォーター・フラッシュ (バラサ☆バラサ)
2012-10-03 00:11:58
が、うまいこと話に嵌ってましたね。「ミスティ・ハート」という冴えないタイトルだったことを思い出しました。

Twisted Sistersのアレは、あのビデオを思い出し、その曲違うだろうと違和感ありましたよ。

エンドロールのRock You Like a Harricaneは、スコーピオンズの曲なのですが、何故にドイツ人。ドッケンの奴がカバーしているようですが。

ロックン・ロールとしては、これじゃ前菜レベルで、後3時間は欲しいところでしたけど、まあ満足しました。
バラサ☆バラサさん (rose_chocolat)
2012-10-04 19:56:32
そうなんですよー。クォーター・フラッシュ。この曲大好きだったんで、こんなところでしっかりと意味まで使われてるのが嬉しくてね。懐かしいです。

ここに起用されてるのはメタル系というか、ハードロック系が多いですよね。ナイト・レンジャーも思い出のバンドでした。

>ロックン・ロールとしては、これじゃ前菜レベルで、後3時間は欲しいところでしたけど、
ほんとうにそう!洋楽カラオケ行きたいです(笑)
こんにちは♪ (ひろちゃん)
2012-10-08 15:18:30
こう見えて(笑)ロックは好きなんですが、80年代は
結婚、子育て中ゆえ、離れていました(^_^;)

が~~、聴いたことがある曲も知ってる曲もあり、知らなくても(笑)いい曲ばかりで、ほんと楽しめました♪

ミュージカル苦手なんですが、こういう感じは好きです!
楽しかったあ~~\(^o^)/
ひろちゃん (rose_chocolat)
2012-10-08 17:21:17
曲を知ってても楽しめると思いますけど、知らなくてもなんとなく聞いたことあればそれでよし、聞いたことなくてもノリが合えば楽しめますよね。
楽しめてよかったです!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

26 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロック・オブ・エイジズ (あーうぃ だにぇっと)
ロック・オブ・エイジズ@なかのZERO
ロック・オブ・エイジズ /ROCK OF AGES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 久しぶりの更新になっちゃった こんなに更新止まったのはblog初めて以来初かも!? 今月いちばん楽しみにしてた映画、試写で観て来ました~ ハゲ&ズラ&デブの映画会社社長になったかと思えば(「ト....
『ロック・オブ・エイジズ』 2012年9月7日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ロック・オブ・エイジズ』 を試写会で鑑賞しました。 トム・クルーズは主演じゃなかったのね 【ストーリー】  1987年のハリウッド。サクセスをつかもうとする若者たちがひしめく大通り、サンセット・ストリップに建つライブハウス。そこで働きながらロック・スター...
ロック・オブ・エイジズ (とりあえず、コメントです)
ブロードウェイの大ヒット舞台を映画化したロックなミュージカルです。 トム・クルーズがロック・スターになっている写真を見て、とても気になっていました。 予想よりも明るくて思いっきりミュージカルな展開に、ワクワクするような作品でした。
ロック・オブ・エイジズ (試写会) (風に吹かれて)
トムは脇役なのね 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/rockofages9月21日公開ブロードウェイ・ミュージカルの映画化製作総指揮・監督: アダム・シャンクマン 
劇場鑑賞「ロック・オブ・エイジズ」 (日々“是”精進! ver.F)
ロックンロール、最高… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209210002/ ロック・オブ・エイジズ オリジナル・サウンドトラックサントラ SMJ 2012-06-27売...
『ロック・オブ・エイジズ』 (こねたみっくす)
これぞロック・オブ・80'sライヴコンピレーションアルバム。80'sを聞くと自然に身体と魂が疼く30~40代は必見のロックミュージカル。 やはり音楽といえば80'sのロックンロールに限る! ...
映画:ロック・オブ・エイジズ ROCK OF AGES 能天気な80年代ミュージカルは、予想通りの甘~い味が売り。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
舞台はL.A.。 かつ、ただでさえおめでたい80年代(笑)  で、これはロック・ミュージカルの映画化。 なので、ストーリーの甘さにはこだわらず、脳天気に割り切って楽しむ「心がまえ」で(笑) そのムードで「タワーレコード L.A」とか、有名なHOLLYWOOD看板の直裏...
ロック・オブ・エイジズ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「何様っ!?」 「俺様っ!!」 「トム様っ!!」 「イエイっ
ロック・オブ・エイジズ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Rock of Ages監督:アダム・シャンクマン出演:ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボニータ、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッテイ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マリン・アッカーマン、メアリー・J・ブライジ、ブライアン・クランストン、アレック・ボールドウ...
ロック・オブ・エイジズ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ROCK OF AGES】 2012/09/21公開 アメリカ PG12 123分監督:アダム・シャンクマン出演:ジュリアン・ハフ、ディエゴ・ボネータ、ラッセル・ブランド、ポール・ジアマッティ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、マリン・アッカーマン、メアリー・J・ブライジ、アレック・....
[映画『ロック・オブ・エイジズ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆この映画、予告編を見ただけでは、トム・クルーズがカリスマ・ロックミュージシャンを演じていることぐらいしか分からなかったが、  いざ、物語が始まると、トップアーティストを夢見て、老舗ライブハウス<バーボンルーム>で働く、若き男女二人の出会いと恋と成功の...
「ロック・オブ・エイジズ」 80年代が青春時代!って方にオススメ (はらやんの映画徒然草)
「シカゴ」以来、ミュージカル映画のファンになった僕、「ロック・オブ・エイジズ」を
映画、ロック・オブ・エイジズ (黄昏のフクロウ)
 封切り2日目だというのに、130人くらいしか入らない劇場に28人の観客。見たい人はさっさと出かけたほうがよい。  ブロードウエイミュージカルの映画化らしいから、成り立ちとしては映画バーレスクより、...
ロック・オブ・エイジズ (心のままに映画の風景)
栄光とスキャンダルに彩られた80年代のハリウッド・サンセット通り。 歌手を夢見て田舎から出てきたシェリー(ジュリアン・ハフ)は、ライブハウス“バーボン・ルーム”でウェイターをしながらロック・スタ...
ロック・オブ・エイジズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
リアルタイムでこの映画で流されている音楽を聴いていた自分にとっては、青春を思い出すものだった。ジャーニー、フォリナー、REOスピードワゴンなどは懐かしくて涙が出てくるほどだった。トム・クルーズのパフォーマンスがすばらしい。
ロック・オブ・エイジズ/ROCK OF AGES (いい加減社長の映画日記)
最初は、観る気はなかったんだけど、予告編を観て、のりがよさそうなので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1987年のロサンゼルス。 成功を夢見てやってきたシェリーは、ロックの殿堂“バーボンルーム”で働く青年ドリューと知り合う。 バーボンルームは、...
『ロック・オブ・エイジズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ロック・オブ・エイジズ」□監督 アダム・シャンクマン□キャスト ジュリアン・ハフ、デイエゴ・ボネータ、ポール・ジアマッティ、トム・クルーズ       キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、メアリー・J・ブライジ、アレック・ボ...
「ロック・オブ・エイジズ」 (或る日の出来事)
楽しかった!!!!!
ロック・オブ・エイジズ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月30日(日) 17:55~ TOHOシネマズららぽーと横浜4 料金:0円(フリーパスポート) 『ロック・オブ・エイジズ』公式サイト フリーパスポート21本目。 1970年代のブリティッシュ・ロックが一番好きなのだが、ロックン・ローラーはロックを差別しない。 1980...
ロック・オブ・エイジズ     評価★★★ (パピとママ映画のblog)
トニー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、ブロードウェイを筆頭に世界各国でヒットを記録し続けているミュージカルを映画化。1987年のロサンゼルスを舞台に、音楽で成功することを目指して奮闘する青年と少女の恋と夢の行方が、1980年代のロック・ナンバーに乗せて映....
ロック オブ エイジズ <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  9月22日(土)に観に行ってきました  祝日やし 混んだらいややなーと思って 朝一で行ったらば   私と 女性のお友達どうしで来られてる方の たった3人しか入ってなくて ほぼ貸切状態     ミュージカル映画やね そ...
★ロック・オブ・エイジズ(2012)★ (Cinema Collection 2)
ROCK OF AGES 落ちぶれたロックスターが、夢を追う若者に出会った―― 映時間 123分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/09/21 ジャンル ミュージカル/ドラマ 映倫 PG12  【解説】  80年代ロックをフィーチャーして大ヒットしたブロード...
ロック・オブ・エイジズ  監督/アダム・シャンクマン  (西京極 紫の館)
【出演】  ジュリアン・ハフ  ディエゴ・ボネータ  トム・クルーズ 【ストーリー】 1987年のロサンゼルス。成功を夢見てやってきたシェリーは、ロックの殿堂“バーボンルーム”で働く青年ドリューと知り合う。バーボンルームは、今やビッグネームとなったロックバンド...
ロック・オブ・エイジズ (いやいやえん)
80'sロックなんて全然知らないから、ミュージカルナンバーでドキワクしたり出来ない残念な結果に。「当時の洋楽を知らない人には肩すかし的な内容だ」とどこかに書いてあったのだけれど、確かに、そうかも。懐メロでもないし、ある意味で新鮮にうつりましたねー。 た...
『ロック・オブ・エイジズ』『リンカーン弁護士』をギンレイホールで観て、わりとぬるくね?ふじき★★,★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
『ロック・オブ・エイジズ』 五つ星評価で【★★星一つでもいいけど、お姉ちゃんがポールダンスするシーンがあったからオマケだ】 ロックをミュージカル・ナンバーにするなん ...