Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『ロボジー』 (2012) / 日本

2012-01-14 | 邦画(や・ら・わ行)


監督: 矢口史靖
出演: 五十嵐信次郎 、吉高由里子 、濱田岳 、川合正悟 、川島潤哉

公式サイトはこちら。 


フリーパスポート8本目。
大好きな濱田くんご出演ということで当然鑑賞。 公開日に行って来ました。 満席!

予告で相当流れているので詳しくは書かないけど、開発中の二足歩行ロボットのお披露目に間に合わないため、急遽本物の人間に中に入ってもらうことになったというのが話の大まかな所。
当然として、一目瞭然でそんなのバレるに決まってるんじゃないかとか、人間らしいとかっていうのはこっちはわかり過ぎるくらい分かるんだけど、それはなかったことにしたようにお茶を濁しながら(笑)話は進む。
そもそもそんな社運をかけた企画をたった3人のシークレットにして、内容も細かく報告させないのか? とか。 社内レベルでバレるレベルのロボットです。
理工学部の学生たちだって回路つきつめて訊いちゃったらもうそれでネタばれしちゃうと思うんですけどねーーー
・・・って、それはどっちでもいいというか、わかんない振りをしながら?平気なところはどんなもんよとは思いました。


というツッコミどころは満載なので話としては今一つなのだけれど、本作の魅力は何と言っても吉高由里子! にあったと思う。 はっきり言って主役の濱田くんやロボジーを完全に食っている。 登場の瞬間から可愛い! 
そして、堂々と騙されるロボットおたくっぷりもかなりポイント高い。 スクーターに乗って投げキッスなんてすごい。
吉高由里子と、記者役の田畑智子の絡みなんかもかなり面白い。


ロボジーを否定していた葉子。 でも助けてもらった優しい眼差しに打たれる訳ですね。
そして自分の存在を認めてもらい、孫たちを喜ばせたい一心でロボジーを引きうけた重光も、ロボジーとして何ができるかを最後には考えていく 結構涙ぐましいかも。
オープニングをエンディングに重ねるあたりも上手いし、軽い感じで笑って鑑賞できる作品。





それにしてもこのエンドロールには笑った。 Styxの "Mr.Roboto" が挿入歌として使われているのは知っていたけど。
今は当然原曲知らない世代ばっかりだもんね。 この頃は80's最強だった〜




映画の挿入歌はアーティストによるオリジナルかと思ってたら! 何と五十嵐氏(=ミッキー・カーチス)によるレコーディングだったとは(笑)
なんか、いい加減に歌っているようで意外と英語なんかはちゃんとしてるんですよね。 このヘタうま加減は五十嵐氏じゃないと出せないと思うよ。
しかもよーく見たら音楽担当がミッキー吉野、そしてギターに浅野孝已が参加してたような・・・(違ったらごめん)。 昔懐かしいゴダイゴファンとして当然ここはドツボ(笑)
映画本編よりも面白かったかもしれませんが・・・。 ここでこの映画かなり点数挙げました。 いやーーー懐かしい。
そして監督もきっとSTYXのPVでも観て原案考えたような気がひしひしする。 だってロボットの中に人間が入るとかって、そのまんまこのPVだし。 というか動きが人間的な所からして今から30年くらい前の感覚ですよね。


★★★★ 4/5点


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (16)   Trackbacks (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『灼熱の魂』 (2010) / カナダ・... | TOP | 『今日と明日の間で』 (2011) / ... »
最近の画像もっと見る

16 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2012-01-15 22:05:04
この曲って何で聞いたか思い出せない。
まさかこれがエンドロールに使われているとは・・・
Unknown (さいしょ)
2012-01-16 10:00:42
やっと引越ししました。またよろしくお願いします!

出演者さんたち最近ガンガンTV出まくってますよね〜。ラジオではMr.Robotがよく流れるし何でだろう?と思っていたら映画が・・・。タイトルからしてクスっとしてしまします。
谷さん (rose_chocolat)
2012-01-17 09:14:27
この曲のジャスト世代じゃないみたいですね(笑)
結構流行ってましたよ当時。
さいしょさん (rose_chocolat)
2012-01-17 09:15:38
邦画はこういう感じのものは宣伝が多くてそれはうざいですけど(苦笑)、
これはよかったです。 楽しかったですよ。

そう、「Mr.Roboto」はこれの挿入歌でした。 懐かしいよね。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-01-17 10:21:13
面白かったですね^^
濱田くんの表情がなんとも言えなくて笑いました。

リアルタイムじゃないですけどSTYXは実は好きです。
♪Mr.Robotoを起用したのはちょっとうれしかったです。
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-01-19 05:41:24
面白かったですねーこれ。
濱田くんも好きなんだけど、今回は吉高さんが主役を食ってました(笑)

STYXご存知? それは嬉しいです〜。
こんばんは☆ (ノルウェーまだ〜む)
2012-01-20 22:40:32
roseさん☆
わたしこういう映画大好き!
roseさんは意外ね。
吉高ちゃん可愛かったですねぇ。
彼女にぴったりな役でした。
ノルウェーまだ〜むさん (rose_chocolat)
2012-01-21 06:28:11
私元々、おバカな映画(→着地点がちゃんとしているものに限る)って好きだよ。
これは公開日に行った位だしね。
吉高さんよかった〜
こんにちは♪ (SOAR)
2012-01-22 09:43:42
スティクス、懐かしいですよう〜!
ちょうど洋楽にハマり始め、ギター担いで学校通ってた頃によく聴いたナンバーのひとつです。
ジャーニーとかトトとかヴァンヘイレンとか、'80sの中でもバンド系ばっかだったなあ。

中に人が入ってるとか、3人組に高度な知識がないとか、瞬時にバレそう・・・てかバレるよねふつう。
それがバレないまま進んでいってしまうありえなさが面白いんでしょうねきっと。
SOARさん (rose_chocolat)
2012-01-22 19:17:28
懐かしいですかあ! 同世代(笑)
>ジャーニーとかトトとかヴァンヘイレンとか
そーそー、そんな感じでギター小僧多かったし(笑)

ふつーバレますよねえ。 ってかバレバレじゃないですか(笑)
あり得ないくらいのスルーっぷりで映画が平気で進むのがすごい。
吉高由里子 (バラサ☆バラサ)
2012-01-25 01:25:06
どうでもいいというか、あまり好きでない役者だったのですが、本作で、180度転換しました。田畑智子もどうでもいい人だったのが、「ハッピーフライト」で状況が変わったし。矢口という人は、女優を魅力的に撮る才能があるのでは。

STYXは、The Best Of Timesが一番ですね。
バラサさん (rose_chocolat)
2012-01-30 15:01:34
私最近吉高さん好きなんですよね。
ああ見えてしっかりした女優さんなんでしょうね。

>The Best Of Times
実は聴いたことないかも。 同じアーティストでも1年違うと、というかヒットチャート見てないとそんな感じなんでお許しをー。
ミスター・ロボット (kintyre)
2012-03-20 09:59:32
こんにちは、矢口監督作品ですから一筋縄では行きません。
主役を五十嵐信次郎ことミッキー・カーチスが務めるというだけでも(一応オーディションあったらしい)、そのアッと言わせる人選もそうですが、五十嵐さんも矢口監督の期待に応えた演技だったと思っています。
主題歌の”五十嵐信次郎とシルバー人材センター”というクレジットは笑えますね。私も矢口監督はこの曲のPVから何かしらの着想を得ていると思っています。
kintyreさん (rose_chocolat)
2012-03-22 08:39:18
>(一応オーディションあったらしい)
へえ! そーなんですか。
カーチスさんの他に誰が来たのか気になったりして(笑)

>矢口監督はこの曲のPVから何かしらの着想を得ていると思っています。
でしょう? 何か雰囲気似てるような気がする。。。 このチープさと言い。
音楽〜 (latifa)
2012-09-12 12:29:52
roseさん、こちらにも^^
濱田くん、この役にハマり過ぎてて、最高でした!
なんか凄く綺麗なモデルさんの奥様をもらったみたいですね

で、STYX〜〜懐かしいー
私は、「ベイブ」って曲が昔好きだった。解るかな〜
ベェイブ〜アイラビュー♪ってやつ・・・。

それと、違う記事なのだけれど、達郎さんのliveのやつ。
この前映画じゃないんだけど、テレビでこの映画のダイジェスト版を見たの。
私は昔も今も?達郎ファンなのです!(といいつつ、liveには行ったことがない・・)
いやぁ〜いつまでも元気で声が変わらない!素晴らしいですー
latifaさん (rose_chocolat)
2012-09-13 09:11:26
こちらにもどうもです!
濱田くんの奥様は、彼よりも身長が20cmくらい高いそうで(!)、でもしっかりと夫婦の絆がありそうで、素敵ですね。

>「ベイブ」って曲が昔好きだった。解るかな〜
はいはい!もちろん解りますよー。 あれも名曲ね。

>私は昔も今も?達郎ファンなのです!(といいつつ、liveには行ったことがない・・)
あー・・・。 そしたらぜひ、今週末から1週間限定公開の、最後(だと思う)の追加上映いらしていただきたいですね。たぶんこれが最後の観賞チャンスです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

33 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロボジー (LOVE Cinemas 調布)
次々とヒット作を生み出す矢口史靖監督が『ハッピーフライト』以来3年ぶりに贈る新作。ロボット開発を任された3人の技術者がお披露目の1週間前にうっかりそのロボットを壊してしまう。切羽詰った彼らはとある老人に中に入ってもらうように頼むのだった…。主演にミッキ...
「ロボジー」じいさんロボットが暴走した先にみたじいさんロボットに惚れたロボットオタク女と窓際3人組のロボット開発 (オールマイティにコメンテート)
「ロボジー」は電機会社が社長の思い付きでロボットでPRしようとリストラ寸前の社員がロボット開発をするが直前で故障し、73歳の老人がロボットの中に入って奇想天外が行動で ...
■『ロボジー』■ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2012年:日本映画、矢口史靖監督、五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
『ロボジー』 成長の鍵はコレだ! (映画のブログ)
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
ロボジー (あーうぃ だにぇっと)
ロボジー@有楽町朝日ホール
ロボジー ぎゃはははは〜っそないくるか〜! (労組書記長社労士のブログ)
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた....
意外にあり得そうw 【映画】ロボジー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ロボジー 監督に『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖。 【あらすじ】 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表...
ロボジー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
二足歩行ロボットの開発を命じられた電器メーカー社員が、開発に行き詰まり、老人にロボットの外装を装着したことから起きる騒動を描くコメディ。出演は五十嵐信次郎こと「日輪の ...
ロボジー (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/01/14公開 日本 111分監督:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした−−。 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、...
劇場鑑賞「ロボジー」 (日々“是”精進! ver.A)
ローテク・ロボ、参上… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201170004/ 映画 ロボジー オリジナルサウンドトラック ミッキー吉野 スザクミュージック 2012-01-11 売り上げランキング : 7093 ...
『ロボジー』 ('12初鑑賞10・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 1月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:05の回を鑑賞。
「ロボジー」 またまた意外な組み合わせ (はらやんの映画徒然草)
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督の最新作です。 今まで
ロボジー  監督/ 矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  五十嵐 信次郎  吉高 由里子  濱田 岳  川合 正悟  川島 潤哉 【ストーリー】 家電メーカー木村電器の窓際社員・小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。近く行われるロボット博での企業広告が目的....
『ロボジー』  (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(...
ロボジー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(F) 物語の流れを変えたあのキッカケが弱過ぎたかな。
ロボジー (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ロボジー'10:日本 ◆監督:矢口史靖「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」◆出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉 ◆STORY◆家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボッ...
ロボジー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ロボット爺ちゃん、がんばる。 「ひみつの花園」「スイングガールズ」などの作品で知られる矢口史靖監督の最新作は、畑違いのロボット開発を命じられた技術者が、破れかぶれで着ぐるみロボットの中に老人を...
[映画『ロボジー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。  後から書き足しをすると思う、あしからず。    ◇  私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良...
「ロボジー」ドモアリガットMr.ロボット (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
私が今月の1本にあげた作品。 こういう映画大好き!! ロボットにじいちゃん入れちゃうんだよぉう☆これは観ないと!
★ロボジー(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリックよろしくです 変形しない。 戦わない。 働きもしない。 そんなロボットに 日本中が恋をした――。 上映時間 111分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2012/01/14 ジャンル コメディ 映倫 G 【解説】 「ウォーターボーイズ」「ハッピー...
ロボジー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年1月14日(土) 19:30〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『ロボジー』公式サイト エンドロールの「Mr. Robotto」で、唄の上手い爺だなぁと思ったら、あの爺役ミッキー・カーチスだったのかよ。 ケチつけようと思...
『ロボジー』・・・ドモアリガトーミスターロボット(懐) (SOARのパストラーレ♪)
2012年最初の映画鑑賞は私の大好きな矢口監督の鈴木さんシリーズ(?)最新作! これまでの作品のような終盤へ向けての盛り上がり感は少々控えめだが、笑いと感動のツボをうまくおさえたストーリー展開はやっぱり矢口監督ならではの面白さ。“ジジイとロボット”というあ...
ロボジー(2012-005) (単館系)
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
ロボジー (だらだら無気力ブログ!)
吉高由里子が素晴らしい。
ロボジー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  弱少家電メーカーの開発担当者3人は、社長の思い付きでロボットを創らされたが、どうも上手く動かない。ロボット博まであと一週間に迫った日に、ひょんなことから窓からロボットが落ちて壊れてしまう。 もう修理している時間がない。追い詰められた三人は、...
ロボジー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...
No.296 ロボジー (気ままな映画生活)
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督がロボットを題材に描くオリジナルのコメディドラマ。弱小家電メーカー、木村電器で働く小林、太田、長井の3人は、企業 ...
ロボジー (pure\'s movie review)
2011年 日本作品 111分 東宝配給STAFF監督:矢口史靖脚本:矢口史靖 矢口純子CAST五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 小野武彦 矢口監督に外れはないのは分かっていることなんだけど、その中でも一番好きです、ロボジー。本当に笑わせて....
映画『ロボジー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-6.ロボジー■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:111分■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,000円□監督・脚本:矢口史靖□照明:長田達也□編集:宮島竜治□ロボット・デザイン:清水剛□音楽:ミッキー...
ロボジー (銀幕大帝α)
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14) −監督− 矢口史靖 『ハッピーフライト』 −製作− 亀山千広 −脚本− 矢口史靖 −出演− *五十嵐信次郎『デッドボール』・・・鈴木重光 *吉高由里子『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』・・・佐々木葉子 *濱田...
ロボジー (いやいやえん)
家電メーカーで働く3人のエンジニアは、ロボット博に向けて二足歩行ロボットを開発、しかし開発中のロボットが大破してしまう。困った3人はお爺さんにロボットの着ぐるみを着てもらい、何とかロボットを発表すること
「ロボジー」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。安心して老若男女楽しめる良い映画! でも、贅沢を言わせてもらえば、何か・・もう一つ欲しかった様な・・4つ★
【映画】ロボジー…北九州は映画ロケが多い的な話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅まで送った後に昼寝。夕方から帰省する(本当は小倉で飲んで、早朝の新幹線に乗る)とい...