Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『そして父になる』 (2013) / 日本

2013-09-24 | 邦画(か行・さ行)


監督・脚本: 是枝裕和
出演:  福山雅治 、尾野真千子 、真木よう子 、リリー・フランキー 、二宮慶多 、黄升 、大河内浩 、風吹ジュン 、國村隼 、樹木希林 、夏八木勲

映画『そして父になる』 公式サイトはこちら。


第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞という輝かしい賞を引っ下げてきた是枝監督の新作、先行上映で観るしかないでしょ!
ということで早速行って来ました。

下記、ネタばれ多少含みます。読まれる方は自己責任で。







学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・良多(福山雅治)。自分は成功者だと思っていた彼のもとに、病院から連絡が入る。それは、良多とみどり(尾野真千子)との間の子が取り違えられていたというものだった。6年間愛情を注いできた息子が他人の子だったと知り、愕然とする良多とみどり。取り違えられた先の雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木よう子)ら一家と会うようになる。血のつながりか、愛情をかけ一緒に過ごしてきた時間か。良多らの心は揺らぐ……。(Movie Walkerより)


エンドロールでこちらの本がテロップに出てきました(恐らく参考文献だと思いますが)。
「ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年」

「赤ちゃん取り違え事件」は、出生率が高く1つの産院でたくさん出産があった時代に起こった出来事で、それを防止するために産婦人科などではいろいろと取り組みがされているはずだと思うんですが、今こうして映画にこの題材が出てくること自体、身近で滅多に見聞きしないことなので珍しい。
しかし今回監督がこの題材を選んだ理由、それはこの出来事が引き起こす関係者の心の葛藤がより複雑になるからだろう。この登場人物全員、老若男女に訪れる心の揺れを見るのが本作である。

ずっと育ててきた我が子とは血のつながりがないことが分かった時、そのことが一体何を生み出すのか。
「まだ6歳なんだから早く戻した方がいい、早い方がお互いに苦しまなくて済む」というのは「一般的な意見」なのだろう。しかしその発言は完全に他人事として捉えている人間のセリフだ。実際、子どもが生まれた時から6年間世話をしてみた人間なら、簡単にそんなことは言える訳がない。赤子の時から手塩にかけて育てて、愛情をいっぱいにかけて人間としての基本的なことが完成する大切な期間を共に過ごし、1つ1つの成長をじっと見守って来た人ならば。

母親は父親に比べれば圧倒的に子との距離が近いだけに、出産後すぐに親としての意識が芽生えるが、父親はそうはいかない。仕事に追われ、子を持つ前の生活を要求すればするほど、「父親になる」ことの実感が湧かない男性は多い。望むものを全て勝ち取って来た良多のような男性は子育ては妻に任せきり。一応教育方針を口にしてはいるけれども、それは子どもの気持ちを汲んでいない。そして子の気持ちを汲まない頭ごなしの要求は、日頃子の面倒を見ている妻とも食い違っていってしまう。

周りは「6歳だから何もわからない」と思っている。しかしながら6歳の子どもの感受性や記憶力は、大人が推測するよりも遥かに高度である。社会性もある程度は身についているので、家族とそうでない人との距離感も取れている。その子たちに取り違えの事実をどうやって納得させるのか。
「血は水よりも濃い」、しかし「氏より育ち」でもある。6歳であれば全てお見通し。幼い記憶に刷り込まれた習慣はそう簡単には消せないはず。子どもたちには「血筋」の概念などない。あるのは生まれてから家族と過ごした時間だけ。生まれてから一心に信頼して来た父や母、兄弟たち、一番身近な家族の存在だけである。ある日突然、もうその人たちとは一緒にはいられないんだといくら口で言い聞かせたって、心は納得するはずがない。

他人事の男たちが繰り出す「一般的な意見」、頭では分かっているのにそんなこと受け入れられる訳はない。理屈では割り切れない親子の情にヒビを入れることに対して、母と子は割り切れないことは百も承知。推し進めるのは良多や良輔、上司の上村、弁護士、一部の男たちだけだ。たぶんだが全員真剣に子育てに向き合わなかった生き方を送ってきているはず。
しかしながら論理としてまかり通ってしまうのは「一部の男たち」の意見である。本作はこれに真っ向から疑問を突き付けている。果たしてそれでいいのか、それが全てなのか、ということである。
なので見方を変えれば本作は「一部の男たちVSその他大勢」の映画でもある。プレゼン模型に「家族を少し増やして」と部下に指示していても「一部の男たち」にとってそれはあくまでも仕事でしかなく、良多にとっての家族もまた、自分を彩る風景に過ぎない。その証拠に自分と似ていない、ハングリーさに欠けおっとりとした性格の慶多に苛立つのである。

ここで「一部の男たち」と書いたのは、雄大夫婦はそこまでは考えてはいないからだ。雄大は自営なので家族と接する時間が多く、必然的に結び付きが強くなる。世の中にはそんな男も恐らくは多いだろう。選別志向の強いセレブでなくても立派に生きている人の方が圧倒的に多い。そして雄大夫婦は腹をくくっている。
逆にゆらゆらと定まらないのはセレブにも関わらず良多夫婦の方だ。親はライフスタイルを譲らず、子にもお受験をさせて型に嵌めているのに、揺るがないものが全く形成されていない家族がいかに脆いことか。

とあるものを慶多が「いらない」とする理由、これを知って良多はまた大きく成長したのではないか。自分が今まで嫌って来た粗野や大衆的なもの、上昇志向ではないもの、全部ひっくるめて「家族だから愛したい」気持ちに素直になること。それこそが家族の原点である。
人が子の親になった時、すっかり抜けているのは、自分もまた人の子であったということ。親になって初めて知る気持ち、好こうが嫌悪しようが知らずのうちに自分もまた親と同じ道を歩んでいる皮肉。父の良輔との間の出来事が形作っていた良多の心のバリアが破れた瞬間である。良多と良輔との間では成し得なかったことを、良多と慶多は超えたのだ。




大筋では話の運び方などは整っていると思うが、それでもいくつか疑問点も噴出する。
子どもたちに対して、両家で統一してきちんとしたコンセンサスを施したのかどうかは不明だが、この状況を物の道理がわかっている6歳の子に納得させるのは至難の業のはず。決定打をどう説明したのかを描写として出さないのは少しどうかと思う。
そして何でも手に入れてきた良多が「よく思われていない」理由も今一つよくわからない。上司・義母・妻の言葉などで推測させてはいるが、それだけでは人から恨みを買うほどなのかとも思う。「起こり得ない事件が起こった理由」は劇中で出てくるが、「平穏な家庭を妬んだ」という一言だけで良多たちセレブ組を表している。しかしながら短期間しか接していないのに、そこまでするものだろうか。「発作的にその人物が抱える心の闇が現れてしまった」ことにしたいのだろうけどこれでは弱い。

親が思う以上に子は、夫が思う以上に妻は、それぞれ違う尺度で物事を捉え齟齬を生む。しかしそれはこの家族のように特異な状況でなくともどんな家族でも通る道である。「そして父になる」、これは家族を愛しているつもりの男たちに向けた痛烈なメッセージである。仕事人間の父親は、家族を愛するお父さんたる資格があるのか、一度周りの人に訊いてみてはどうだろう。


★★★☆ 3.5/5点






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   Trackbacks (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ムード・インディゴ うたかた... | TOP | 『R100』 (2013) / 日本 »
最近の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-09-26 23:37:47
未婚の私にも1歳になる姪っ子ちゃんがいるのですが、たかが1歳、されど1歳と思うことはよくあります。

それが6歳にもなればなおのこと。
福山雅治さんだけに「家族になろうよ」という結末に辿り着いてくれたのは、素直に嬉しかったです。
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2013-09-28 08:33:18
子どもって大人が思うよりもずっと多くの情報を受け取っています。
3~4歳でもドキッとすることを言ったりするんですよ。
なので6歳なら家族の概念はしっかりとあると思いますね。
子供の気持ち。 (テクテク)
2013-09-28 09:49:10
こんにちは。

私には子育て経験がないので
6歳の子供がどのくらいの感受性を持っているのかは分かりませんが
自分の幼少期の事を思い返してみると…

3歳の頃の気持ちを今でも覚えているのです。

それはひとつではなく幾つもあって
しかも全て悲しい気持ちの記憶ばかりなのです。

例えば、
犬に追いかけられた記憶とか
従弟におもちゃを取られた記憶とか
ひとりで母親を待っていた記憶とか…

どれも泣いている状態でした。

子供の気持ちって楽しい時よりも悲しい時の事の方が
後々まで記憶に残るのかもしれませんね。

そういえば以前、テレビ番組で
南米で起きた子供取り違え事件の再現ドラマと
今のその家族の様子を見ました。

子供は4~5歳の男の子だったかな?

各々の子供には本当の事を分かりやすく説明して
子供を本来の親の元へ戻した今でも
互いに近所に住んで交流しているというハッピーな結末でした。

大人の都合だけでなく
子供の気持ちも考えて子供も納得できるように
大人が配慮してあげないとダメなのだとは思うのですが
それって結構難しい事なのだと思います。

3人の母親になった私の20年来の友人は
「育児」は「育自」なのだと言っていましたが
子育てって本当に頭の下がる想いです。
テクテクさん (rose_chocolat)
2013-09-29 11:50:40
>3歳の頃の気持ちを今でも覚えている
>しかも全て悲しい気持ちの記憶ばかり
人間って不思議なことに、楽しいとか嬉しいという記憶よりも、悲しいことのほうが残ってしまったりするものですよね。
3歳4歳、物事の機敏が少しはわかって来る年頃です。

今回のこの6歳くん達は、3歳よりももっと社会性が発達していますから、こうして家族を変えることは全く将来の記憶に残らないということはないと思います。
それでも長い人生、彼らが幸せだったと思えるのは、本来の家族の下で過ごした時間かもしれません。そこは何とも言えないのですが、愛情を持って考えてあげることが大事だと思いましたね。
男ってバカだから (ノラネコ)
2013-09-30 22:18:59
子供のいる人といない人ではだいぶ印象が違ってくるでしょうね。
真木よう子の台詞が突き刺さります。
うちは当分猫のお父さん(兼お母さん)でいいです(´~`;)
こんばんは。 (えい)
2013-10-01 23:07:10
あのラストは衝撃でした。
映画を見ていない家人に、
あれこれあって、一回別れた父と子。
久しぶりにふたりは再会する。
さて、そのとき子どもは?
と、問いかけてみたのですが、
やはり正解ではありませんでした。
しかし、あの後、
この父と子はどうなったんだろう?
ノラネコさん (rose_chocolat)
2013-10-02 12:09:09
真木さんの役は、本質的な発言が多かったですよね。
ぶっきらぼうかもしれないけど温かいお母さん、という感じでした。

にゃんこちゃんもいろいろあるかもしれないけど、人の子ども育てるよりはたぶん楽ですよね(汗)
将来の心配しなくてもいいからねえー。。 って、心配してたらすいません。
えいさん (rose_chocolat)
2013-10-02 12:10:33
>この父と子はどうなったんだろう?
そこで投げかけちゃうのが是枝監督流なのでしょうね。
6歳くらいだと、人間としての成長過程がまだまだ不十分なんだけど、何も分からない訳じゃなく。
デリケートな問題なんだと思います。
築城せよ! 観た チープ♪ (q ニセ華麗なる独身貴族)
2013-10-10 21:04:55
実に取り違えでは無くとも
身近な人の中に
相続問題の発生だのと諸々の人もいるから
逆に 真理じゃない想像パーツだなぁと
絶対 素晴らしい!って言い切れないな
なんたら映画祭ですげーとか言われてたけど
へ?!こんなんで映画祭、取っちゃうの?
うぇぇぇぇもっと すっげぇドロ沼でヘドロって
暴力とかになったりもするんだけどねぇ・・・
と 逆に ????って感覚の私 (闇討ちしないで)
縁組の要件って6歳未満の事とかで
互いの家庭って凄く苦しむんだけど
そういう汚い部分、もっと描いて欲しかったな←知らない人、多いのかな
.:*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜..:。*゜
実の親、育ての親とは言いながらも
答えを出すのは「時の薬」
.:*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜:.。*゜..:。*゜..:。*゜
子どもって実は「大人~親達」を観ていて
顔色を伺ったり憶測して行動したり・・・だよねぇ
qちゃん (rose_chocolat)
2013-10-13 15:31:12
>6歳未満の事とかで互いの家庭って凄く苦しむんだけど
>そういう汚い部分、もっと描いて欲しかったな
そうだよね。あまりにもあっさりとし過ぎって言うのはあったかな。
大体子どもが納得する訳がないじゃん!って思うのよ。

子どもって6歳にもなるとほとんど親のこともわかってるからね。侮れません。
結局 (sakurai)
2013-10-23 11:59:06
だれも納得してないし、納得できない。
何が正解かもわからないし、最善の事もわからないけど、なんとかしないとならない・・・と言うのが、いろいろと疑問点を生じさせる部分なのかなあ~とも感じます。
こうなると、自分、父より、母でよかった気がします。
母の方が面白い。
sakuraiさん (rose_chocolat)
2013-10-26 20:15:56
>自分、父より、母でよかった気がします。
>母の方が面白い。
結局男性って体面を重んじているので、良多たちみたいに実にドライに進める父親が多いんですよね。
母親の方が血のつながりを考えたり、情にほだされたり、いろいろあるけど、私も母でよかったと思います。楽しいよね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

42 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
そして父になる~心の格差社会 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Like Father, Like Son。是枝裕和監督、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升荽、風吹ジュン、樹木希林、夏八木勲、高橋和也、中村ゆ ...
劇場鑑賞「そして父になる」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309240003/ 【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]価格:690円(税込、送料込) 【送料無料】【予約・新作+もう1枚でポイント3倍】そして父に...
そして父になる (Akira's VOICE)
家族は一日にして成らず。  
『そして父になる』 (ラムの大通り)
----この映画って、 カンヌ国際映画祭審査員受賞の話題作だよね。 監督は是枝裕和だっけ? 『誰も知らない』『奇跡』など、 子どもの演出には定評があるけど、 こんども父と子の話? 「さすがフォーン。 よく知っているね。 長年、パートナーを務めてきただけのことはあ....
『そして父になる』 (こねたみっくす)
6年間育てた息子を、本当に他人の子と言えますか。 第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したこの作品は、是枝裕和監督らしい静かに語り、じわじわと心に響く今年の邦画を代表 ...
血の繋がりや年月よりも・・・。『そして父になる』 (水曜日のシネマ日記)
カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督の最新作。子どもの取り違えという出来事に遭遇した家族の物語です。
そして父になる (心のままに映画の風景)
大手建設会社のエリート社員、野々宮良多(福山雅治)は、学歴、仕事、家庭と勝ち組人生を歩んでいる。 都内の高級マンションで、妻みどり(尾野真千子)と6歳になる息子慶多と何不自由のない暮らしを送っていたある日、慶多が病院内で取り違えられた他人の子供だった...
そして父になる ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に描くドラマ。順調で幸せな人生を送ってきたものの、運命的な出来事をきっかけに苦悩し成長する主人公を、大河ドラマ「龍馬伝」や『....
[映画『そして父になる』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なんか、かったるそうで、見る気がなかったのだが、観たら、ヨーロッパの映画のような、なんか淡々とした雰囲気をたたえた傑作であった。  六年を経てから判明した、病院での子供の取り違えに端を発する二つの家族の物語だ。  たとえが突拍子もないが^^; ある意...
そして父になる (悠雅的生活)
6年めの事実。強くなるためのミッション。負けたことのない男。
「そして父になる」取り違えられた真実を知った先にみた血の繋がりだけではない子供に愛情を注いだ期間を経た先にあった2人の父親像 (オールマイティにコメンテート)
「そして父になる」はある2つの家族が子供を取り違えられた事により6年間他人の子供を育てる事になった2つの家族の苦悩と葛藤を描いたストーリーである。今の時代では取り違えら ...
そして父になる (だらだら無気力ブログ!)
見応えあって考えさせられる一本
そして父になる (勝手に映画評)
第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞受賞。10分間にも渡るスタンディングオベーション。それは、是枝監督が退場しなかったらいつまでも鳴り止まなそうだったので退場したと言うくらい。また、審査員長のスティーブン・スピルバーグは初めて見た時から本作品が賞に値するとい...
そして父になる   LIKE FATHER, LIKE SON (映画の話でコーヒーブレイク)
今週末から公開かと思っていたら…先行上映なるのもがあったのですね。 どうせ東京だけでしょ。横浜じゃ先行はないな~。と思い、 「マン・オブ・スティール」3D字幕の上映館を探していたら、最寄りの映画館でも 横浜の映画館でも「そして父になる」の先行上映をやって...
『そして父になる』 血か情か? (映画のブログ)
 かつて社会問題になるほど頻発した「赤ちゃん取り違え事件」。  『そして父になる』は1977年に発覚した事件を参考にしつつ、赤ちゃんを取り違えられてしまった二家族の苦悩を描く。  現実に取り違えられた二人の女の子がたどった人生は、奥野修司氏が『ねじれた絆...
『そして父になる』 2013年9月29日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『そして父になる』 を観賞しました。 世界の目に狂いはなかったね 今年のベスト3には入るでしょう 【ストーリー】  申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた...
映画『そして父になる』 (健康への長い道)
 カンヌ映画祭審査員受賞で話題、新宿ピカデリーで先行公開中の『そして父になる』を観てきました。福山さん目当てか、女性客の比率が高いように思います。 Story 学歴、仕事、家庭といった自分の望むものを自分の手で掴み取ってきたエリート会社員・野々宮良多(福山...
そして父になる (to Heart)
6年間育てた息子は、他人の子でした 製作年度 2013年 上映時間 120分 脚本 監督 是枝裕和 出演 福山雅治/尾野真千子/真木よう子/リリー・フランキー/二宮慶多/横升/田中哲司/風吹ジュン/國村隼/樹木希林/夏八木勲 是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇し....
そして父になる・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、家族になる。 出生時に病院で息子を取り違えられた、二組の家族の姿を描く骨太の人間ドラマ。 デビュー作の「幻の光」以来、市井の人々の様々な葛藤を描いてきた是枝裕和監督は、もしも愛した息子が他人の子供だったら?という状況を通して、親は無条件で子供...
そして父になる  監督/是枝 裕和 (西京極 紫の館)
【主演】  福山雅治  尾野真千子  真木よう子  リリー・フランキー 【ストーリー】 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられて....
『そして父になる』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「そして父になる」 □監督・脚本 是枝裕和□キャスト 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、       黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲■鑑賞日 9月28日(土)■劇場 TOHOシ...
そして父になる  (にきログ)
こちらカンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した作品ですね 是枝監督監督作品は「誰も知らない」以来の鑑賞ですね いやぁ面白かったです この監督はやっぱりTVドラマよりも映画畑の人間ですね あらすじ 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってき...
映画「そして父になる」 (FREE TIME)
話題の映画「そして父になる」を鑑賞しました。
そして父になる 子が父を育てるんだな~(実体験として) (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【55うち今年の試写会6】 うちの娘2人が中高生の頃、我が家のあちらこちらには娘たちが可愛い盛りの頃の写真を飾りまくっておいて、反抗期の娘の言動によって衝動的に生じる娘への「殺意」は、その写真を見ることによって解消していた…、わかる人わかるでしょ。  ...
そして父になる (とりあえず、コメントです)
世界の映画祭で話題になった是枝裕和監督&福山雅治主演のヒューマンドラマです。 是枝監督作品はいつも見応えがあるので、今作も楽しみにしていました。 何気ない日常を綴りながら、子を想う親の愛をじっくりと映し出している作品でした。
「そして父になる」 言葉の少なさがリアリティを生む (はらやんの映画徒然草)
6年間育てていた子供が実は他人の子供だった。 その事実に直面した2組の家族・・・
映画『そして父になる』観たジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
公式サイトはコチラ 赤ちゃん取り違え事件なんて今の時代にありえないと思っていたけれど、 みている間に もしも自分の子どもが取り違えられていたとしたら・・・・と 考えずにはいられない、そしてことの重大さに、衝撃を受けるのです。 エリート意識の強い...
そして父になる (Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン)
    『そして父になる』  (2013) 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。 順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。...
そして父になる (映画的・絵画的・音楽的)
 『そして父になる』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)あちこちで流される予告編で本編を見た気になってしまい、わざわざ行くまでもないのではと思い始めたものの、これほど評判の作品ならばやはり見ておかなければと考え直し、映画館に行ってきました。  映画の始....
そして父になる (Said q winning)
監督・脚本: 是枝裕和 出演:  福山雅治 、尾野真千子 、真木よう子 、リリー・フランキー 、二宮慶多 、黄升? 、大河内浩 、風吹ジュン 、國村隼 、樹木希林 、夏八木勲 ストーリー:申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福....
[邦画] カンヌ国際映画祭審査委員賞「そして父になる」 (窓の向こうに)
今月17本目。数だけでいえばかなり見たけど、観たいものが観られないでいるうちに次々に新しい(面白そうな)作品が公開される。追われている感が強い。今月はあと4本(「最愛の大地」「ワールド・ウォーZ」「許されざる者」「ウルヴァリン」)観たかった。 題名そして父...
是枝裕和監督、福山雅治主演『そして父になる(LIKE FATHER, LIKE SON)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。第66回カンヌ映画祭審査員特別賞を受賞した是枝裕和監督最新作『そして父になる』出演は福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、樹木希林、夏八木勲、他 物語・学
観ました、「そして父になる」 (オヨヨ千感ヤマト)
注:ある程度ネタバレあり 是枝裕和監督作品。「空気人形」・・・あらたくん・・・。
子の心、親知らず~『そして父になる』 (真紅のthinkingdays)
 大手ゼネコンに勤務し、都内の高級マンションに住む野々宮良多(福山雅治) は、いわゆる 「勝ち組」 のエリートサラリーマン。妻みどり(尾野真千子)、一 人息子の慶多(二宮慶多)と、平穏な暮らしを営んでいた。 お受験に成功した 慶多の小学校入学直前、あ...
そして父になる (タケヤと愉快な仲間達)
【監督・脚本】是枝裕和 【出演】福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升?、風吹ジュン、國村 隼、樹木希林、夏八木 勲 【解説】 『誰も知らない』などの是枝裕和監督が子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や....
そして父になる (迷宮映画館)
たっぷり是枝風味。
血か時か、そして (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「そして父になる」を鑑賞しました。 学歴、仕事、良き家庭 いわいる勝ち組の良多。 順風満帆な人生を歩んできた、ある日 6年間育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明して・・・ 子の取り違え問題 血の繋がりか過...
そして父になる (単館系)
そして父になる 新宿ピカデリー 9/28公開 申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。 順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で 他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。 血縁...
さよなら渓谷 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
さよなら渓谷 '13:日本 ◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」 ◆主演:真木よう子、大西信満、鈴木杏、井浦新、新井浩文、木下ほうか、三浦誠己、薬袋いづみ、池内万作、木野花、鶴田真由、大森南朋 ◆STORY◆緑が生い茂る渓谷で幼児の殺害事件が発...
そして父になる (まてぃの徒然映画+雑記)
是枝監督の最新作は、カンヌ映画祭で審査員賞を受賞したこの作品。福山雅治と尾野真千子、リリー・フランキーと真木よう子の2組の夫婦に起きた子供の取り違えを通して、家族とは何か、父親とは何かを問う。 野々宮良多(福山雅治)は、一流会社に勤めてタワーマンション...
「そして父になる」 (ここなつ映画レビュー)
2013年は例年になく邦画を鑑賞した年だった。そのほとんどが息子への「お付き合い」だったとはいえ、中にはもちろん「参りました」というような作品もある。この「そして父になる」は、第66回カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した作品だというだけでなく、是枝監督の作品...
映画『そして父になる』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-79.そして父になる■英題:Like Father,Like Son■配給:ギャガ■製作年、国:2013年、日本■上映時間:120分■料金:0円(ポイント利用)■観賞日:10月5日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・脚本・編集:是枝裕和◆福山雅治◆真木よう子◆リリー・フラ...