Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『最強のふたり』試写

2012-08-16 | 洋画(さ行)


2回目の観賞です。

試写会場: シネマート六本木

公式サイトはこちら。

第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。



これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。
いろいろ応募したらめでたく試写当たったので行って来ました。



以下、ちょっとネタばれかもしれないので未見の方はご注意を。



閲覧は自己責任でお願いします。



・・・・・。









今回は、ドリスのキャラクターのポジティブさに改めて勇気づけられてしまったのでした。自分を取り巻く状況だって決して恵まれてはいないのに、そこを恨むことなく、家族のために何ができるか、正しい道は何かを常に考えている。
いろんな意味で行きさつのある母親が自分を邪険にしてきても、根は心配しているし、弟の問題が露見した時にもすっぱりと決断出来たのも、彼が家族思いだったから。
よくある移民関連の映画だったら、例えばだけど移民の方が貴族の家に仲間を引き入れて悪さする的な展開もありえるんだけど、ドリスはそれをしない。何故なら彼は決して自分の境遇を恨んではいないから。
恵まれない境遇にある人が、それを逆恨みしてますます悪い方に行くことが昨今は多いけど、そうせずに真っ当な方向性を探すドリス。 かといってそれが周囲に押しつけがましくないんですね。 仲間内に啓発することは彼はしなくて、あくまでも自分のスタンスとしてやっていく、言うべきことだけをきっちり言うところがいい。


そして、一見迎合するようでいて一歩突き放した姿勢はフィリップに対しても同じで、フィリップが自分への自信のなさに捉われてしまったり、思うように行かなくて偏屈になっている時ですらも、ドリスは甘やかさない。
ここで押さなくてどうする! って時に彼はアシストがきっちり出来る人間なんでしょうね。
仕事をやめれば今までの楽しい日々も保障されないのに、それでも家族を選択したドリス。 彼はフィリップに関わる仕事を成り行きでこなしていた訳じゃなく、きちんと相手に合わせて介護するノウハウや、きちんとした言葉遣いなども学んでいるところがいい。 確実に彼の中では人間的にもステップアップしている。


またフィリップも、ドリスと出会って恐らく精神的にもポジティヴで刺激のある日々を送り、身体も適切な介護のおかげで楽になっていたに違いない。 自分も辛いかもしれないのに敢えて相手のことを願うことはなかなか出来ることではないけど、それでもドリスにはきちんと居場所を指し示す。 そして自分の弱さを一歩乗り越えることができたんでしょう。


話の中で人物たちが成長していくことが大きな軸なんだけど、そこを支えているのはユーモアや音楽や勢いであり。 オペラ観ている時のドリスの「あの人一体どうしちゃったの?木だよね?」には悪いけど大爆笑。 上流階級のお約束であっても庶民にとっては滑稽にしか見えないのが本音なんだし、そこを自分たちの解釈にしちゃうのも面白いし。 そうしてドリスのノリに引き込んだと見せかけても、最後の最後で線引きをきちんとしていくけじめというか、インディペンデントな立ち位置というか、ドリスもフィリップもお互いにそういうスタンスだったからこそ、このコラボレーションは成功したのでしょう。
そして面白さに酔っているだけではないのも、駆け引きの緩急の付け方が上手いせいもあるのか、浮かれずに意外と生真面目な終わり方に出ています。
ふたりが最強になるかならないか、そこはほんの紙一重の差の心遣い。 人間関係の微妙なポイントを押さえられるのか、自分の方法が生かされるのかどうかは出会ってみないとわからない。 そんな面白さでぐいぐい引っ張られた作品でした。



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (30)   Trackbacks (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  『ビッグ・ボーイズ しあわ... | TOP | 【三大映画祭2012】『ムース... »
最近の画像もっと見る

30 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これはいい映画でした! (ノルウェーまだ~む)
2012-08-20 22:08:45
roseさん☆
ドリスの生き方に感心しました。
貧富の差を恨みに思うことなく、自分の信念に基づいて生きている姿がよかったですね。
そして彼らの互いに高めあって成長していく様子は、ほほえましかったです。

試写状の件ありがとうございました~♪
ノルウェーまだ~むさん (rose_chocolat)
2012-08-21 07:05:30
恵まれないと自棄を起こしたり、恵まれている人を恨んだり・・・ という展開って映画ではよくあるんだけど、
それとは無縁のドリスが爽やかでしたね。
Unknown (mig)
2012-08-22 21:31:45
roseさん2回も書いたんですねー!
あ、記事のジャンルがDVDになってますよん?
これは好き。今年のベスト入り決定★
そっと背中を押して…。 (えい)
2012-08-25 01:17:06
この映画、
あのラストが秀逸でした。
ドリスは
フィリップが一見、気にしていないように見せながら
実は、やはりそれゆえに臆病になっている彼に、
そっと背中を押し、勇気を与えた。
泣かないぞと思っていたのに、涙が出ました。
migちゃん (rose_chocolat)
2012-08-25 07:01:21
そう~
映画祭で観て好きな作品は、ついつい試写行ってしまいますー。2回観ても感想違うし面白いよ。
migちゃんベスト入りですか。でもわかるなあ、納得だよ。
えいさん (rose_chocolat)
2012-08-25 07:02:11
ラストが、よくありがちな「明るい方向性」っぽくなくて、
ごくごく自然なのもよかったですね。
ドリスのさりげない思いやりが素敵でした。
人生に乾杯 (iina)
2012-08-30 10:45:35
>2回目の観賞です。
封切前なのに2回も観たとは、試写会に2度も当選したわけですね。

当方もシネマート六本木が会場でした。
でも、六本木は久し振りでしたから、地下鉄駅から地上にでて渋谷方面を真逆に勘違いしたため、逆方面をうろうろ探しました。

映画も、異なる世界に住む者が、ちょっとした人生の悪戯から出会い人間同士の触れ合いが生まれました。
これだから、人生は面白い。まさに、人生に乾杯です。
iinaさん (rose_chocolat)
2012-08-30 16:44:42
はじめまして。
>封切前なのに2回も観たとは、試写会に2度も当選したわけですね。
最初に書いてありますのでよくお読みいただきたいのですが、1回目は昨年の東京国際映画祭での観賞です。
試写は2回目です。

シネマート六本木は慣れないと別の方向に行きがちですね。裏通りの雰囲気が似てますから。
今晩は~ (小米花)
2012-08-31 22:06:02
先日は本当にありがとうございました。
思いっきり楽しんで来ました!

rose_chocolatさんは昨年の映画祭で、すでにご覧になっていたんですね~。
「サラの鍵」と同じように、とてもお好きな映画が大ヒットとなった訳ですよねっ。
いつもながら、いい記事を書かれてます。

本当にいい映画でした。




小米花さん (rose_chocolat)
2012-09-01 07:31:58
楽しんでいただけたようで何よりです。
プレミア、お時間早かったんで行けなかった方も多かったみたいですよね。

映画祭でいいと思った作品がこうして公開になるのは私も嬉しいですね。
数年経って公開っていうのも大いにあるので、これみたいに1年かからずに公開は早い方だと思います。
こんにちは (dai)
2012-09-01 17:24:41
ドリスのセリフや行為は面白かったですね。
確かにオペラの大笑いのシーンは面白かったです。

そんなドリスがフィリップに勇気を与えるラストは
分かっちゃいるけど秀逸と感じました。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2012-09-01 21:43:38
先日は試写状ありがとうございました!
本当は、今日2回目を観たかったのですが、予約出遅れ
鑑賞できず(^_^;)家で感想書いてました(苦笑)
roseさんの感想を読みに来ると、自分の感想がチャライなあといつも思いますが、オペラのツボが同じでなんだか嬉しかったです(笑)

フランス映画は苦手で、合わないことが多いのですが
この作品は、ハリウッド作品?と思ってしまうほど
面白かったです。本当に楽しめました♪
もう1回観に行っちゃいそうです(^_-)-☆
こんばんは (ituka)
2012-09-01 23:03:28
フランス映画っぽくないラストの爽快さが心地よかったです(笑)
ドリスの成長物語としての側面がジャブになってますね。
実際、自分がフィリップになった場合、出来る介護士より
ドリスを選ぶかは微妙です^^;
だって、富豪じゃないもの~(爆)
こんばんは♪ (yukarin)
2012-09-02 00:19:14
思ってた以上に笑いがありましたね。
ドリスのキャラが良いですねー。
へんに押しつけがましい所もなく最後は素直に感動しました。
フランス映画なのにちょっとハリウッドぽい感じがしました....そしたらリメイクするんですね^^;
daiさん (rose_chocolat)
2012-09-02 00:52:22
2回目を観て、オペラのシーンを思い出したんですよね。細かい所ってやっぱり忘れるから。
あそこは爆笑でした。
元々オマール・シーはコメディアンなんで、余計に笑いのツボを心得てるんでしょうね。
ひろちゃん (rose_chocolat)
2012-09-02 00:55:23
楽しんでいただけて何よりです。
>オペラのツボが同じ
ここ面白かったよね~。

ハリウッドリメイク決まってるそうですよ。違うと思うけどなあ・・・。
itukaさん (rose_chocolat)
2012-09-02 00:56:49
日本人ってやっぱり明るいものが好きなんでしょうね。これはハリウッドっぽく作られていると思います。

誰を選ぶかも運みたいなものですよね。その時の気分で決めちゃうんだろうけど。。
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-09-02 00:58:04
ドリスのキャラがよかったですね。
底抜けに明るい人は凄いです。
そうですこれリメイク決定。どうなんだろうね。
EW&Fは良かった! (ボー)
2012-09-02 01:15:59
パーティでのオーケストラ、仕事が終わって帰ろうとしていたはずなのに、そのあとも、最強のふたりのおかげで、いろんな曲をやらされて、付き合いがよすぎるというか、追加ギャラをもらわないと。(笑)
ボーさん (rose_chocolat)
2012-09-03 11:12:34
EW&Fはよいわよねー。大好き。
あの室内オケのシーンもよかったですよね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-09-03 22:03:22
ドリスが最後にフィリップに恋のリベンジをする機会をセッティングするくだり。
彼の成長が伺えますよね。
そしてあの笑顔がいい!
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2012-09-06 11:03:22
そうですね。 そこが一番この映画の粋なシーン。
ドリスほんといい奴です。
こんばんはー☆ (kira)
2012-09-06 17:41:33
全ては、あのラストのレストランのシーンの為のお話でしたね。
表面的には何もかもが全く違うふたり。
でも、お互いに「必要」な切羽詰った状況での出会い。
そして、一番必要なものに躊躇のないドリスGJでしたー
kiraさん (rose_chocolat)
2012-09-07 01:17:53
そうですね。あのレストランのシーンはとても粋でした。
そして、これ見よがしじゃなくて、静かに終わるのがいいのよね。さりげなく終わる所。ドリスもさりげない優しさでした。
こんばんは (はらやん)
2012-09-23 22:11:20
rose_chocolatさん、こんばんは!

ドリスのオペラのくだり、またクラシック評などを聞くと、お約束的なことに普段から知らぬ間に縛られているということに気づかされますね。
障害者に対して気を使うというのはその通りなのですけれど、ドリスからすればどうして区別するの?ってことなんですよね。
区別するんではなくて同じように扱う。
健常者だろうが障害者だろうが、金持ちだろうが貧乏だろうが、白人だろうが黒人だろうが。
そういう違いには頓着しないドリスの無頓着さが清々しくてよかったです。
はらやんさん (rose_chocolat)
2012-09-24 09:03:15
>区別するんではなくて同じように扱う
気を遣ってしまったりして難しいことに思えますが、ドリスのように楽々とできれば、どちらも楽しく過ごせるようにも思うんですね。
実は「こだわりがない」ように暮らすというのは、こだわっていくよりも数段難しい。
この映画は理想形ではあるんだけど、それを体現しているドリスはさっぱりとしていました。
 (とらねこ)
2012-10-06 11:26:49
roseさん、こんにちは。
この作品も二回もご覧になったんですね。しかもちゃんと記事を書いてらっしゃるー。
ドリスが真っ直ぐな人間であったこと、すごく素晴らしかったですよね。
フィリップが、自分の階級をひけらかしたり傲慢で“ない”ことに感動するのと同様、
ドリスが自分の立場を見下げたりし“ない”ことにも感動。
この映画がクールな一番の理由は、本当彼ら二人の性格によるものだなあって。
とらねこさん (rose_chocolat)
2012-10-07 07:44:15
去年TIFFで見て、そして今年公開ということで、やっぱりもう1回印象付けたいなと思ったんですよね。試写が当たったので行ってしまいました。
2回観ると感想変わりますね。

>この映画がクールな一番の理由は、本当彼ら二人の性格によるもの
たぶんこういう設定って、今までの欧米の障害者を暑かった作品でもなかったと思うんですよね。
ごく普通に接すること。たったそれだけでいいのに、現実は難しいです。
Unknown (SGA屋伍一)
2012-11-04 21:50:25
ども。roseさんは昨年観てたんですね。サクラグランプリ一覧見てみましたが、この作品が歴代で最高のヒット作なんじゃないでしょうか
今年の「もう一人の息子」というのも見ごたえありそうですね。たぶん配給つくよね?
SGA屋伍一くん (rose_chocolat)
2012-11-05 16:30:43
そうですね。これはたぶん公開されて最もヒットしてるサクラグランプリだと思います。
歴代サクラグランプリって地味な作品が多かったんだけど、これはエンタメ性ありますし。

>「もう一人の息子」というのも見ごたえありそうですね。たぶん配給つくよね?
と思うんだけどね。これもいい作品でした。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

37 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「最強のふたり」心はひとつ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見たときから気になっていた作品。 予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・
【TIFF_2011】『最強のふたり』 (2011) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:INTOUCHABLES 監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ 『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開) 第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ....
最強のふたり/INTOUCHABLES/ UNTOUCHABLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click わたし的には、この夏(いや秋?) 「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら 予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ....
最強のふたり (あーうぃ だにぇっと)
最強のふたり@シネマート六本木
最強のふたり (もののはじめblog)
「最強のふたり」の試写券を頂いたので、かみさんとふたりで観てきた。 突然に舞い込んだ幸運のため、この作品については何も知らず、タイトルからふたりが大暴れして何かとてつもないことを遣りそうなイメージ。 実際のふたりは、フランスのテレビ番組に取り上げられの....
最強のふたり ---試写会--- (こんな映画見ました~)
『最強のふたり』---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。 実話を基に、首か...
最強のふたり (Memoirs_of_dai)
“最高”のふたり 【Story】 不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
最強のふたり / Intouchables (Untouchable) (勝手に映画評)
ネタバレ有り。 実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。 笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。....
★最強のふたり(2011)★ (Cinema Collection 2)
INTOUCHABLES UNTOUCHABLE さぁ、人生に繰り出そう。 メディア 映画 上映時間 113分 製作国 フランス 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/09/01 ジャンル コメディ/ドラマ 映倫 PG12 【解説】 主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン....
最強のふたり (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 固い絆で結ばれた男の友情もたまには良いもんだ。
最強のふたり (新・映画鑑賞★日記・・・)
【INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE】 2012/09/01公開 フランス PG12 113分監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、アンヌ・ル・ニ、オドレイ・フルーロ、クロティルド・モレ、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ、ト....
「最強のふたり」 (或る日の出来事)
よい話ではある。
『最強のふたり』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.08. 16 『最強のふたり』試写会@シネマート六本木 migちゃんのお誘い♪ 見たくて試写会応募してたけどハズレ。よろこんで行ってきた~♪ ちなみに、木曜日だけどバレエはお盆休み。←って、聞いてないか(笑) *ネタバレありです! 「パリ。実業家のフィリップは事...
劇場鑑賞「最強のふたり」 (日々“是”精進! ver.F)
固い絆で結ばれた、“ふたり”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/ A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by ...
最強のふたり (とりあえず、コメントです)
実話をもとに、偶然に出会った二人の男が深い絆を紡ぎ上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。 昨年の東京国際映画祭で見逃した時から、ずっと公開を待っていました。 フランス映画らしくさらっと描きながらも、ユーモアに満ちていて心が温かくなるような作品でした。...
最強のふたり (とりあえず、コメントです)
実話をもとに、偶然に出会った二人の男が深い絆を紡ぎ上げていく姿を描いたヒューマンドラマです。 昨年の東京国際映画祭で見逃した時から、ずっと公開を待っていました。 フランス映画らしくさらっと描きながらも、ユーモアに満ちていて心が温かくなるような作品でした。...
『最強のふたり』 (こねたみっくす)
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。 実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ...
心は自由。『最強のふたり』 (水曜日のシネマ日記)
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
『最強のふたり』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
無敵~『最強のふたり』 (真紅のthinkingdays)
 INTOUCHABLES  パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の 感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ たのは、失業手当受...
おたがいの存在が【痛み】をいやす『最強のふたり』 (Healing )
最強のふたり ★★★★★ 住む世界が違っても、 最強になれるふたり フランス国民の3人に1人が見た、という大ヒット。 ヨーロッパ各国でも絶賛、各賞受賞の嵐。 昨年、上映された東京国際映画祭では、グランプリと主演男優賞(写真の2人とも) をW受賞。 ハリウッドリ...
最強のふたり (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月15日(土) 19:25~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『最強のふたり』公式サイト フリーパスポート8本目。 もっと押し付けがましいのかと思っていたが、あっさり爽やかだった。 予告編での雪合戦での「投げ返してこいよ!」と、「これ...
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた~(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
最強のふたり  INTOUCHABLES (映画の話でコーヒーブレイク)
話題のフランス映画です。 2011年にフランスで最大のヒットとなり、 東京国際映画祭のコンペティション部門で東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞 セザール賞で8部門がノミネートされ、主演男優賞を受賞 というだけあって人気が高く、 平日なのにネットでチケット...
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
最強の友情 (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「最強のふたり」を鑑賞しました。 事故により全身麻痺になってしまった大富豪フィリップ 新たな介護者として不採用通知目当てで来た スラム出身の黒人青年ドリスを採用することにして… いやー まさに良作でした 万人にオススメできる作品で! ...
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
最強のふたり      評価★★★★★ (パピとママ映画のblog)
昨年の東京国際映画祭でグランプリと主演男優賞に輝いた、実話をベースにしたドラマ。揃って男優賞を受けた「PARIS」のフランソワ・クリュゼと「ミックマック」のオマール・シーの主演で、他には「ぼくの大切なともだち」のアンヌ・ル・ニ、「屋根裏部屋のマリアたち」...
映画「最強のふたり」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『最強のふたり』(公式)を、我が家の近隣では9/22から公開だったため、やっと先日に劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー ...
55★最強のふたり (レザボアCATs)
’11年、フランス 原題:Intochables 監督・脚本:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ キャスト:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ こちらの作品、観客動員数の最多フランス映画に、最近なったらしい。『アメリ』を抜いて...
映画「最強のふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「最強のふたり」観に行ってきました。頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから...
最強のふたり (だらだら無気力ブログ!)
とっても良い映画だった。
「最強のふたり」感想  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったし、良い映画だった。 でも、期待し過ぎちゃったかも・・・4つ★ 実際のご本人達、お二人の写真です
「最強のふたり」感想  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったし、良い映画だった。 でも、期待し過ぎちゃったかも・・・4つ★ 実際のご本人達、お二人の写真です
セプテンバーだよ人生は エリック・トレダノ オリヴィエ・ナカシュ 『最強のふたり』 (SGA屋物語紹介所)
今日ご紹介するのは、昨年の東京国際映画祭で三冠を達成し、全世界で『アメリ』を抜い
No.332 最強のふたり (気ままな映画生活)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...
最強のふたり (銀幕大帝α)
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ....