Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『武士の献立』 (2013) / 日本

2013-12-05 | 邦画(は行・ま行)


監督: 朝原雄三
出演: 上戸彩 、高良健吾 、西田敏行 、余貴美子 、夏川結衣 、緒形直人 、成海璃子 、柄本佑 、鹿賀丈史

江戸時代。優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となり1年で離縁された春(上戸彩)は、加賀藩六代藩主・前田吉徳の側室・お貞の方(夏川結衣)に女中として仕えていた。ある日、料理方である舟木伝内(西田敏行)にその才能を買われ、息子の嫁にと懇願されて春は2度目の結婚を決意する。舟木家は代々、藩に仕える由緒ある包丁侍の家であったが、跡取りの安信(高良健吾)は料理が大の苦手で、しかも春より4つも年下。春は、姑の満(余貴美子)の力も借りながら、必死に夫の料理指南を始める。(Movie Walkerより)


イオンシネマ全国一斉試写会に行って来ました。これは絶対に観ようと思っていましたので、試写をいただけてすごく嬉しかった~




今回久しぶりに上戸彩さんの演技をきちんと観て、すごくしっかりとしたものができていたのでとても安心した。
何故かというと最近このテの役に起用されがちな若手女優さんたちの中で、人気が先行して起用されているような人が多く、もしかして彼女もそうかなと少し危惧があったから。でもその心配はなかった。彼女の演技が落ち着いてましたから。こういうきちんとした役が立派に務まる女優さんに成長してたんですね。失礼しました。

「加賀のお屋敷から嫁に行き、出戻って再婚した料理の天才」という役。一歩間違ったらただ料理が上手いだけの人になってしまうんですが、そこは武士に嫁いだ人間としての役割をちゃんと果たしています。料理よりも剣に価値を見出している夫とどう向き合って行くのか。試行錯誤しながら、当時の武士の嫁としての立ち居振る舞い、ポジションというものがきめ細かく描かれていたように思いました。

人生が全て思いのままになる人間なんて果たしてどのくらい存在するのだろうと、時々思うことがあります。
この時代のように、自由に生きられない時代は尚のこと。
職業が、結婚相手が選べない、ああしたかったこうしたかった。思えばきりがないことばかりだけど、どこかで折り合いをつけて生きていくこと。そのきっかけとなるのは、縁あって出会った人だったりする訳です。
ただしそこで判断を間違えてしまうと全てを失うのもまた武家社会の掟でもありました。一時の我を通して全てを失うのか、堪えて後世に遺産を残すのか。あの時、我を忘れて行動せずに堪えておくことも実は正解だったのかもしれない人はたくさんいます。その運命の分かれ道を握っているのが、陰で支える女たちなのかもしれません。

前作よりもかなり武家の、加賀藩のダークサイドを描いており、そこと全体の雰囲気を上手く調和させている。
激情に流された結果、そうでなかった場合の将来。明暗を分けるのはほんの一時の感情かもしれませんが、生きる支えをどこに見出だすのかということでしょう。
思うがままに生きられなかった男が悟っていき、やがて何が大切なものなのかがわかってくる。その境地に行きつくまでに耐える女の姿も今ではあまり見かけなくなった。己の運命を受け入れるだけではなく、添って行くことができにくい現代なだけに、この夫婦の姿は新鮮に映るのではないだろうか。
能登の旅も今でこそ気軽に行けるが、当時は難行苦行というのもよくわかる。旅がどんなものだったのか、しかも普通の旅ではなく藩命の旅、成果がないといけない、その中でしっかりと結ばれて行く絆も見えてくる。
加賀藩の豪華絢爛な料理、能登の厳しい自然、夫婦や家族の献身など、見どころもたくさんな本作。いろいろと楽しませて頂けますし、また幅広い年代で共感できる部分も多い作品ではないでしょうか。

ただですね! いくつか感じたことですが、
料理している所を手元から細かく映し出すシーンってあまりなかったと思う。これは料理映画なのにどうかな。上戸さんにはやっていただきたかった。高良くんは武家の作法の料理のシーン(→名前忘れました)があって、そこはさすがによかったですね。全てを飲みこんで生きていこうとする男の姿です。
あともう1つ、エンドロールの音楽・・・ すみません。 これ、何故選んだんでしょうか。
映画とマッチしてないように思ったのは私だけかなあ。


★★★☆ 3.5/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『悪の法則』 (2013) / アメリカ | TOP | 「東北食べる通信」9月号 <鈍... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
頂けなかったよぉ (q エンドロールの歌だけが)
2013-12-28 21:29:39
この作品は、公開日から即、観にいったの
めっちゃ楽しみにしてたんだ
ファンでもある、ママ役の余貴美子サマといい
上戸女史と、高良氏だってのも嬉しくてねぇ
そこに、役とキャスティングが 見事にマッチしてた
こういうふうに 徐々に絆が出来ていくのも
ワサワサした映画と違い良くてねぇ・・・
加賀藩のダークなあの騒動も描いてあって
その史実も背景に描いていたのも
解りやすかった~
ただ、どうしてエンドロールに、あの歌手の声を?!
あれだけは、ダメでしょー(あの人が大嫌いだから尚の事)
qちゃん (rose_chocolat)
2013-12-28 21:41:13
>どうしてエンドロールに、あの歌手の声を?!
そうよー、あれは全然合ってない!!!
あそこまできたら、純和風じゃないとあかんやん!! って、思いっきり毒づいてしまいましたよ。あの人の起用は大人の事情なのかもしれないけど。
映画も丁寧にできていたんですけどねえ・・・。
最後の最後って侮れないからねえ。印象に残っちゃうし。
明けましておめでとうございます (ituka)
2014-01-02 20:25:24
去年見逃した映画を今この空白の期間に処理してます。

本作チラシ見る限り「サザエさん」みたいな雰囲気だと思っていたので
そこは予想外でよかったです(笑)

こういう映画に鹿賀丈史は欠かせないですね^^
itukaさん (rose_chocolat)
2014-01-03 02:03:54
今年もよろしくお願いいたします。

サザエさん(笑)
でもそれよりももっと現実的でダークサイドもありましたね。
>鹿賀丈史
あの登場シーンで笑えましたねえ・・・。
Unknown (Nakaji)
2014-01-06 15:36:42
こんにちは。

あの歌はないわ。。。って思いました。
なんかほっこりと終わったのが台無しになったような感じに思いました。。
Nakajiさん (rose_chocolat)
2014-01-07 09:39:01
そうなんですよねえ・・・。
せっかくいい作品だと思っているのにブレーキになってる。
なんでこれ選んだんでしょうね(苦笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

15 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
武士の献立 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
君主とその家族の食事をまかなう役割を担うことから「包丁侍」と呼ばれた武士の料理人の家に嫁いだ娘が、夫や家族と絆を深めていく姿を描くヒューマンドラマ。 御算用者(経理係)として藩に仕えた「そろばん侍」の家族生活を描いた「武士の家計簿」(2010)に続き、江戸....
武士の献立 (とりあえず、コメントです)
江戸時代の加賀藩で料理方として藩に仕えた武家・舟木家の物語を映画化したドラマです。 上戸彩&高良健吾のコンビがどんな夫婦を見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 お家騒動という激動の事件も登場しますけど、上戸彩さんの大らかで優しい雰囲気が 全体を包...
武士の献立 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
加賀藩に実在した包丁侍と江戸屋敷の女中から妻になった女性の波乱万丈の物語をユーモアと忠実に再現された調理シーンで描かれている。この時代に食品偽装などあるはずもなく日本料理のすばらしさを堪能した。
武士の献立 (勝手に映画評)
時代は加賀騒動の頃。加賀藩前田家に使えた料理人の船木家を舞台に、刀の代わりに包丁で殿様に使えた“包丁侍”の姿を描く。 正直最初は、「上戸彩と高良健吾かぁ。このキャストでの時代劇はなぁ・・・」と、若干否定的な視点で考えていたのですが、見終わったらその考え...
武士の献立 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年12月14日(土) 13:35~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 あんなに沢山食えるのか。 『武士の献立』公式サイト 「武士の家計簿」に続くプロフェッショナル武士。 上戸綾が、亭主を只管罵倒して...
武士の献立 (とりあえず、コメントです)
江戸時代の加賀藩で料理方として藩に仕えた武家・舟木家の物語を映画化したドラマです。 上戸彩&高良健吾のコンビがどんな夫婦を見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 お家騒動という激動の事件も登場しますけど、上戸彩さんの大らかで優しい雰囲気が 全体を包...
『武士の献立』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「武士の献立」□監督 朝原雄三 □脚本 柏田道夫、山室有紀子、朝原雄三□キャスト 上戸 彩、高良健吾、余 貴美子、西田敏行、夏川結衣、成海璃子、       柄本 佑、緒形直人、鹿賀丈史、ふせえり、宮川一朗太       (語...
映画『武士の献立』&舞台挨拶観てきたよ~(*´∀`*)b.:゜+♪ (よくばりアンテナ)
ここ石川県のご当地映画です。 石川県だけ先行上映ってことで、本日から上映です。 県内のシネコン6カ所を次々と舞台挨拶で回られた、 朝原監督、上戸彩ちゃん、高良健吾くん、お疲れさまでした~~!! 前から3列目のいい場所で見てきました。 とにかく、上...
映画『武士の献立』&舞台挨拶観てきたよ~(*´∀`*)b.:゜+♪ (よくばりアンテナ)
ここ石川県のご当地映画です。 石川県だけ先行上映ってことで、本日から上映です。 県内のシネコン6カ所を次々と舞台挨拶で回られた、 朝原監督、上戸彩ちゃん、高良健吾くん、お疲れさまでした~~!! 前から3列目のいい場所で見てきました。 とにかく、上...
武士の献立 (だらだら無気力ブログ!)
イイ映画だったのに、ED曲がアレで台無し。
武士の献立 (あーうぃ だにぇっと)
武士の献立@なかのZERO
「武士の献立」 姉さん女房の奮闘記 (はらやんの映画徒然草)
上戸彩さん、最近良妻役が多いですね(「半沢直樹」は観てないけど)。 本作で上戸さ
武士の献立 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(AF) クライマックス、淀みなく出てくる饗応料理の豪華さは圧巻である!
武士の献立 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
武士の献立 '13:日本 ◆監督:朝原雄三「釣りバカ日誌20 ファイナル」 ◆主演:上戸彩、高良健吾、西田敏行、余貴美子、夏川結衣、緒形直人、成海璃子、柄本佑、鹿賀丈史、中村雅俊 ◆STORY◆春(上戸彩)は人並み外れた料理の才能と味覚を持っていたが、勝ち気過...
武士の献立 (映画的・絵画的・音楽的)
 『武士の献立』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)昨年12月に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことでもあり久しぶりの上戸彩の主演作ということで映画館に出向きました。  映画の冒頭では、武家屋敷の台所で料理を作る武士の姿が映し出され、「包丁侍」と呼....