Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (2011) / ベルギー

2012-01-06 | 洋画(た行)


原題: THE DEVIL'S DOUBLE
監督: リー・タマホリ
出演: ドミニク・クーパー 、リュディヴィーヌ・サニエ 、フィリップ・クァスト
試写会場: 東商ホール

公式サイトはこちら。 (2012年1月13日公開)



イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。 ですので内容はかなり過激だったりします。

観ていて、我々の日常では考えられない事ばかりが起きてしまっている訳ですね。 
普通に道を歩いている女子高生を拉致して暴行し、用が済んだら殺す。 普通では到底考えられない事が起き、それには逆らえない不幸が日常のすぐ横にある国家に生まれてしまったが故の悲劇。 ラティフの場合もそうです。

たまたま顔が似ていたから。 たったそれだけの理由で人生を拘束するという恐ろしい行為です。
気に入れば手に入れる、逆らえば殺すってそれってもう鬼畜でしょう?
こんなろくでもない男のために人生を狂わされた人たちが何人いたことでしょう。

ラティフはしぶしぶウダイに従いますが(そもそも好きでウダイにくっつく人はいないと思う)、彼の影武者として働く一方、
心は服従はしないというスタンス。
そしてウダイから解放されたいと願い実行するが代償は大きかった・・・ ということなんですが、
どうも本作、それだけで終わってしまっています。
誰がこうしてこうなった、ということに終始していて、肝心のウダイの内面なんかが薄かったような気がします。
ここがもうちょっと描かれているとよかったかも。 殺戮シーンを少し減らしてでも、人物像を描いてほしかったです。
せっかくドミニク・クーパーが2役でいい演技なのでもったいなかったかもしれません。
彼もウダイとラティフの演じ分けは大変だったでしょうね。 理性が狂っている人間と、正気でありながら狂ったふりをする人間とではかなり違いますし。 そこをきちっと分けていたのはよかった。
サニエちゃんは今回はやはりウダイに人生狂わされる役だけど、結局自分が可愛い訳ですよね。 でもあの時代ならみんなそうしないと生きていけなかったということでした。


★★★☆ 3.5/5点




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2012年に寄せて | TOP | 『灼熱の魂』 (2010) / カナ... »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい演技 (ノルウェーまだ~む)
2012-01-13 23:39:42
roseさん☆こんばんは
ドミニク・クーパーがとにかく素晴らしかったですね。
彼の3役ともいえる演じ分けが、完璧で拍手喝采でした。
この映画より事実の方が酷いらしいですが、冒頭の実写フィルムを見るだけで、それは納得・・・と思いました。
ノルウェーまだ~むさん (rose_chocolat)
2012-01-14 09:56:22
そうですね。 ドミニクの演じ分けはお見事でした。
この事実をガチで全部再現したらそれこそ映画じゃなくなっちゃいますよね。恐怖映画になっちゃう。
先日はありがとうございました♪ (maru♪)
2012-01-16 01:22:30
先日はお誘いいただきありがとうございました♪
試写会後の映画談義楽しかったですねー★
食事も相変わらずおいしかった!

確かにちょっと掘り下げが足りない気がしますよね・・・
見ている間は楽しかったのでエンタメ作品としては良かったと思います!
レビューは何も浮かばなかったですが(笑)

ドミニク・クーパーの熱演に尽きると思います!
maru♪ちゃん (rose_chocolat)
2012-01-17 09:12:06
先日はお疲れ様でした。 この映画って皆でわーっと観るほうが合ってるのかもしれませんね。

>エンタメ作品としては良かったと思います!
>レビューは何も浮かばなかったですが(笑)

私もそんなところです(笑) ドミニクが全て引っ張って行きました。 大したもんです。
 (とらねこ)
2012-01-23 20:24:25
roseさん、こんばんは
おっ、随分とサックリ書いたのですね。うん、この作品、ちょっともったいなかったですね。
roseさん、お誘いいただいてどうもありがとうございました!
あの後の時間もとても楽しかったです。実新年会?のようで楽しめました。
こういう風に、ゆっくりお話出来る機会っていいですよね
とらねこさん (rose_chocolat)
2012-01-30 15:05:27
せっかくのドミニクの熱演だけに、なんかこう、さらーっと行ってしまった感がありましたね。

また行きましょう~。 ほんと楽しかったですね。
さぶいー (latifa)
2012-11-17 12:44:10
roseさん、こんにちは!
街もクリスマスの飾り付けになってきて、華やいで来てますねー。
東京駅オープンの時にやった、ライトアート?みたいなやつをやってくれる処(カレッタ)とかあるみたいで、見に行ってみたいなぁ~

ところで、これ。
>誰がこうしてこうなった、ということに終始していて、肝心のウダイの内面なんかが薄かったような気がします。
ここがもうちょっと描かれているとよかったかも。 殺戮シーンを少し減らしてでも、人物像を描いてほしかったです。

全くもってその通り!!そういう風に描いていたら、もっと良かったのになー。
ウダイも生まれ付きの悪魔じゃなかっただろうし・・・。
latifaさん (rose_chocolat)
2012-11-17 23:43:31
今日は寒かったですねー。
ブログもお着替えしました。

>ウダイも生まれ付きの悪魔じゃなかっただろうし
それってどうなのかなー。
周囲がああだし、残虐だったんじゃないのかな。早くから暴力を見て育っている子は必然的に心を病みます。
こんな息子に育ったらお母さんが悲しみますよね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

16 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (LOVE Cinemas 調布)
イラクの独裁者サダム・フセイン。あの独裁者をも呆れさせる息子ウダイの影武者をだった男、ラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。ラティフとウダイの一人二役を見事に演じ分けるのは『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー。共演に『引き裂かれた女』のフランス人女優リ...
デビルズ・ダブル-ある影武者の物語- / THE DEVIL'S DOUBLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click サダム・フセインの息子、ウダイ・フセインと顔が似てる事から 家族の命と引換えにこの男の影武者になることを強制された男の物語。 へんな人に顔似るもんじゃないね人生台無しです   マスコミ試写にて鑑....
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (あーうぃ だにぇっと)
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-@東商ホール
「デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー」映画以上の真実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
正直観終った時は、『これは誇張した物語だろう、この映画を公開してイラクの人怒らなかったのかな?』と思っていた。 しかし帰って公式サイトを調べてビックリ! 「(脚本化を)渋々諦めなざるをえなかった、映画に適さない部分もあった」と、モデルとなった本人の手記...
『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』 (ラムの大通り)
(原題:The Devil's Double) ----これって、どういう意味? 『ボディ・ダブル』なら聞いたことあるけど…。 「うん。『ボディ・ダブル』はブライアン・デ・パルマ監督の映画のタイトルにもなったからね。 その意味は、“代役”。 映画では、ヌードシーンやスタン...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (Cinema+Sweets=∞)
今日はTOHOシネマズ 六本木ヒルズに『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』を観に行ってきました。 予告を見てたら、結構面白そうな感じがしたのと、今日はTOHOシネマズ1000円鑑賞の日だったので、いい...
どっちが独裁者?『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (水曜日のシネマ日記)
イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化した作品です。
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ (食はすべての源なり。)
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ ★★★★☆(★4つ) 狂気のプリンス フセインの息子の影武者が語る衝撃の真実 今年、楽しみにしていた作品です 話はもっと狂気のプリンスを想像してましたが、ま~想像の範疇でした。 やっていることは確かにひどいですが、...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (ダイターンクラッシュ!!)
2012年1月14日(土) 17:00~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』公式サイト サダム・フセインでさえ、「生まれてきたときに殺しとけばよかった。」と嘆いた、世界でも屈指に残...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (to Heart)
この真実に、ついてこれるか。 原題 THE DEVIL'S DOUBLE 製作年度 2011年 製作国・地域 ベルギー 上映時間 109分 映倫 R18+ 原作 ラティフ・ヤヒア 脚本 マイケル・トーマス 監督 リー・タマホリ 出演 ドミニク・クーパー/リュディヴィーヌ・サニエ/ラード・ラ...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」□監督 リー・タマホリ □脚本 マイケル・トーマス□原作 ラティフ・ヤヒア□キャスト ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、フィリップ・クァスト、ラード・ラウィ、     ...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (だらだら無気力ブログ!)
二役の演じ分けが素晴らしい!!
「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 なぜウダイはラティフを殺さなかったのか? (はらやんの映画徒然草)
サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい
『デビルズ・ダブル ある影武者の物語』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
★★★★ 見どころはなんといっても、ドミニク・クーパーがウダイとラティフを一人二役で演じていることである。2人を見比べているだけで退屈しないし、2人が同じ画面に登場しても、全く白けた感じにならない。素晴らしいと思う。フセイン政権は2003年に崩壊したが、隣国...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DEVIL'S DOUBLE】 2012/01/13公開 ベルギー R18+ 109分監督:リー・タマホリ出演:ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、ラード・ラウィ、フィリップ・クァスト この真実に、ついてこれるか。 家族を愛し、明るい未来が約束されていたはずの青年...
「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ベルギー映画なんですね・・・3つ☆半