Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『サラの鍵』試写 (2回目鑑賞)

2011-12-12 | 洋画(さ行)



昨年、第23回東京国際映画祭にて鑑賞した時の感動が忘れられずに、今もずーっと心に残る作品。
ようやく今週末、12月17日より一般公開となります。
まるで自分のことのように嬉しくて仕方がないのです。
そのサラに、ジュリアに、早く逢いたくて、試写会に行って来ました。
試写状の切手欄に何気に鍵が描いてあるね。


 







※今回ネタばれ気味です。 ここから先を読まれる方はそこをご理解の上、自己責任でお願いします。








昨年も感じたことなんですが、とにかくこの映画、過去と現在との切り替えが上手い。
原作本もそうなんですが(読めばどうしてそうなのかがわかります)、仰々しくヴェルディヴの悲劇や、サラの人生ばかりを強調する訳ではなく、ジュリアとの接点を自然につなげようとする試みが成功している。
過去と現在のコラボレーションほど難しいものもなく、どちらかに力点がかかってしまうものなんですが、本作、その作業を難なくやり遂げているようなスムーズな流れを感じる。


最も事の重大さから勘案すれば、それはサラの体験の方が現代のあれやこれやよりもずっとずっと過酷なはずというのは言わずもがなではあるが、そこと釣り合いを取るべくジュリアの自己への問いかけにじっくりと時間を割いている。 
原作もそうなんですが、この膨大な情報を取捨選択して映画化することはきっと大変な作業だったに違いなく、ともすれば細部を説明し出すと軽く3時間超える内容なだけにどこを取ってどこをカットするか、そしてカットしたとしてもニュアンスが観客に伝わるようにするのはどうしたらいいか。 そこの部分がきちんと解決できている。
ジュリアとベルトランとの間にある複雑な関係、ジュリアがテザック家に対して持つ長年の葛藤、ジュリアの仕事に対しての向き合い方・・・。 どれもこれも、有職既婚女性なら身につまされる話なだけに、じっくりと映像になったらどんなにか溜飲を下げることができるのだろうとあれやこれや想像しつつも、そこを映画にしてしまったらそれはそれで抑揚に欠けることも十分考えられるだけに、シンプルにサラとジュリアをなぞってインパクトを出す構成力には素直に賛成する。



2回目鑑賞ということで自ずと視点も違ってくる訳なんですが、今回最も印象に残ったのはサラの心情でした。
サラは自分が経験した事の重みに耐えられなくなってしまったのでしょう。
生きることに本能的に従ったサラ。 しかし、自分が生きてしまったことへの深い後悔の念は強く彼女を苛んでいたのだろう。
映像ではメリュシーヌ・マイヤンスちゃんが絶妙に演じた美少女サラが、成長と共に「秘密主義で野性的に」なったのも、自分の判断によって犠牲になった事に対して常に贖罪の気持ちを持ち、また忘れたいと願っていたのではないだろうか。
しかし忘れようとしてもそれは無理な話で、だからこそ彼女は全てを捨て新天地に向かう。 けれども断ち切れない記憶の前にはなす術もなく。
ホロコーストを生き残った方たちが多くを語りたがらないのも当然のことのように思える。 彼らにとっては生きることそのものが幸せとは思えないのかもしれないから。


サラとジュリアの間にある接点。 
そして単に取材として追いかけたジュリアにとって、自分とサラとの接点が明らかになるにつれて、当然としてそれは捨て置けぬ事象となっていく。 しかし寝た子を起こすことに反対な人物も常に存在するのが世の常であるから、「知ること」が果たして必要なのかという問いかけもあっただろう。 
しかしながら「知っていくこと」は今の事情を確実に変化させていくことに繋がっている以上、踏み出した一歩からはもう戻れない。 サラもジュリアも恐らくはそうだった。 そして向かった先を謝絶したサラへの償いの意味も込めて、人生を変えていったジュリアの選択に、私たちは深く共感を覚えるのかもしれない。 ラストシーンの涙に彼女たちの人生の融合を感じ取りながら。






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2011年11月 鑑賞記録 | TOP |  ラ・メール・プラール/ミラキュ... »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
知ること。 (BC)
2011-12-18 22:44:09
rose_chocolatさん、こんばんは。
あっ、ホントだ、鍵が書いてあるね。
粋なデザインですね。

人生には知らなきゃ良かった事もあると思うので
“知ること”が果たして幸せなのかどうかは本人の受け止め方次第なのかもしれないけど、
事実は変えられないし、
遅かれ早かれいずれは知らなければいけない時がめぐってくるのが
人生であり宿命のような気もしました。
Unknown (Cartouche)
2011-12-21 00:10:36
試写会でもご覧になったのですね。
その気持ちわかります。私も再見するつもりです。そうそう。限りある時間で表現するにはどこを切り取るかが重要。そして現代とサラとの切り替え方、つなげ方も見事でした。TBさせてくださいね。
もう少し・・・ (maru♪)
2011-12-25 03:03:33
本当はもう少しいろいろ考察して書きたかったんですよね。
でも、今ホントに心奪われてしまっているモノがあって、全然集中できなくて(笑)

アウシュビッツに行ってしまった者としては、ユダヤ人虐殺はとても辛いです。
この映画はその辺りのことをきちんと描きつつ、2人の女性の人生に焦点を当てたことで、
見ている側が重くなり過ぎないのが良かったです。

クリスティン・スコット・トーマス良かったですね!
 (とらねこ)
2011-12-25 19:42:18
ご一緒させていただき、本当にありがとうございました
今年ベスト級の作品になりました。早く見たいとずっと思っていたんですが、roseさんのおかげで少し早めに見ることが出来たのもすごくありがたかったです。
これだけの長い時間軸の物語をつなげながら、少しも退屈させない辺り、本当roseさんのおっしゃるように、構成力と取捨選択の賜物ですよね。
本当に素晴らしい作品でした。
Unknown (mig)
2011-12-28 11:37:11
roseさん
やっと書きましたわ〜
roseさんの想いすごい伝わるレビューだね〜
2度も観たなんて。
時間なくてやっつけレビューみたいになったけど
惹き込まれる物語でしたね。
原作読まれた感想、次ぎ会ったとき聞きたいな。
素晴らしかったです (ボー)
2011-12-28 18:23:08
roseさんが再見したというのも、私が観たい理由のひとつでした。
結果…良かったです!

ほんとうに話の展開に引っかかるところがないんですよ。翌日「灼熱の魂」を観て、現在と過去の両方を描く、似たようなパターンだったのですが、「灼熱…」のほうは作りが荒いというか…単に好みの問題かもしれませんが。

過去と現在、どちらも同様に丁寧に描いているバランスの良さも素晴らしいです。
BC。さん (rose_chocolat)
2011-12-29 07:03:22
>人生には知らなきゃ良かった事もあると思うので
>“知ること”が果たして幸せなのかどうかは本人の受け止め方次第

そうだよね。 いろいろなことを知らないで死んでいく人はたくさんいます。
知ったら人生変わったって人もたくさんいる。 ジュリアはそっちの側。 だけど知ってしまったらもう後には戻れないんですよね。
知るのか知らないのか。 ここでもう運命が分かれてるような気がします。
Cartoucheさん (rose_chocolat)
2011-12-29 07:05:25
そうそう。 この映画は取捨選択の成功でした。
そこが上手かったです。

確か去年ご一緒の回でしたよね。 Cartoucheさんも去年の感動が忘れられませんよね?
私の周りでも去年観た方は全員絶賛です。
そのくらい重たかったけど、価値ある1本でした。
maru♪ちゃん (rose_chocolat)
2011-12-29 07:19:57
いやいや、maru♪ちゃんやっつけ仕事って書いてたけど(!)あれだけ考察できてるし全然そうじゃないよ(笑)
私なんてやっつけ記事の時はそりゃそりゃすごいもんです (^_^;)
心奪われちゃったらもうそっちに心が行っちゃうよね? わかります〜。 もうmaru♪ちゃんは今年の映画は1本あればそれでいい! って感じじゃない??? 素晴らしいですー。

アウシュビッツに行かれたならなおさら胸に迫るものってあるんでしょうね。
命を脅かされること以上の恐怖って人間にはないから。
その重いテーマをさらりと、しかしながら必要な部分をちゃんと描いてました。
とらねこさん (rose_chocolat)
2011-12-29 07:26:58
喜んでいただいてよかった〜。 
とらねこさんの感想はいつもピシっとしてて素晴らしいもん。 今年ベスト級とは私も嬉しい〜 (*^_^*)
私も今考えてて、去年に引き続きこれ今年も入れちゃおうかなと。 

>これだけの長い時間軸の物語をつなげながら、少しも退屈させない
そうなんですよね。
映画ってただ素晴らしい事実だけじゃいけなくて、
適当な尺の中でちゃんと必要な情報があって、
それでいてその中から何かつかむものがないといけない。
この映画ってその条件を全て満たしていたように思いました。
migちゃん (rose_chocolat)
2011-12-29 07:30:17
感想お疲れ様でした。 これすごい書くの大変だと思うんですよね。
PCに向かうけど、さて何から書こうかなと。 それだけいろいろ考えるところもある作品だと思うけど、migちゃんもいろいろ感じる所があったというのは私も嬉しいよ〜。

この原作は結構工夫されてるんですよね。 訳も上手いです。 今度またお話しましょう!
ボーさん (rose_chocolat)
2011-12-29 07:33:25
わぁ! それが鑑賞理由とはブロガー冥利に尽きますわ。
あとでコメントお邪魔しますね。

>話の展開に引っかかるところがないんです
これだけ重くてスパンがあるのに、ちっともそれを感じさせない部分が秀作でした。
長い時間軸だとともするとダレてしまうんですけど、それがない作品には滅多にお目にかかれません。

『灼熱・・』はたぶん来年観ますけど、何となくそんな感じなんですね。 参考にします。
はじめまして。 (uerei)
2011-12-29 19:16:59
rose_chocolatさん、こんばんは。TBありがとうございました。こちらの記事を読みながら、思い出して、また泣けてきました…。
2回も見られたんですね〜。私ももう1回行けたら行こうと思っています。また、よろしくおねがいします〜。
uereiさん (rose_chocolat)
2011-12-29 19:53:30
Twitterではいつもお世話になってます。コメントありがとう〜

すごく心に残る作品でしたね。 私もまた観てみたいです。 それくらいいいかも。
またよろしくお願いいたします。
Unknown (SGA屋伍一)
2012-01-10 21:55:45
ようやくお邪魔します・・・
TIFFは結局毎年横目で眺めてるだけですが、この作品が話題を呼んでたのは覚えてます。しかしいつもあの数行の紹介だけで「これは傑作に違いない!」と目星をつけられる人たちはすごいと思いますね

サラについて調べていくうちに、どんどんサラのことが他人とは思えなくなっていくジュリア。あのアパートという接点があったからなんでしょうけど、それだけではない、健気な少女に対しての純粋な関心もあったと思います
時代も住んでる場所も遠く離れた人のことをそんな風に身近に感じられるのが、映画や歴史を学ぶことの素晴らしいところだと思います。時に痛みを伴うことがあってもね(いつになくマジメに・・・)
ごいちくん (rose_chocolat)
2012-01-11 02:25:30
TIFFって正直「勘」で買う以外にないんですが、これは好きなクリスティン主演だし、テーマもよさげ・・・ と飛びついて正解でした。

どうして見ず知らずの人にとことん付き合いたくなるのか。 理由はわからないけどとにかく気になる。 そこにちゃんと縁もあったということで、目に見えない運命の糸というお話でしたね。
周辺の人たちが感じた「痛み」は、そのままサラの痛みでもある訳ですから。
こんばんは (悠雅)
2013-03-31 22:23:34
時々ありますよね。
映画を観ながら小説を感じる作品、って。
小説が原作なのだから当たり前だけれど、
これを小説ではどう描いてあるのだろうと興味がわきます。
(たぶん、小説を読むことはないと思うんですが)

過去と現在を上手く繋げ、別々であるはずのお話が繋がり、不特定多数の人たちをも繋げてゆく気がします。
いい作品に出会えてよかったです。
悠雅さん (rose_chocolat)
2013-04-01 08:51:42
私もものすごく興味が湧いてしまい、ついに原作を読んでしまいました。
結構分厚いのですが、読み始めるともう夢中になってしまいます。
それだけ読ませるものがあったし、また映画にも惹きこまれました。思い出に残る作品です。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

27 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『サラの鍵』 (ラムの大通り)
(原題:Elle s'applelait Sarah) ----これって、去年の東京国際映画祭で話題になった映画だよね。 「うん。周りで観た人のほとんどがベストとして推していた。 それを裏付けるかのようにこの作品は、 最優秀監督賞と観客賞をW受賞している。 さあ、どんな映画だ....
『サラの鍵』:第18回大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしくて見応えのある作品でした。
サラの鍵 (食はすべての源なり。)
サラの鍵 ★★★★★(★満点!) 第23回東京国際映画祭 最優秀監督賞/観客賞W受賞 少女は弟を納戸に隠して鍵をかけた。 すぐに戻れると信じて―。 パリで暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアは夫の祖父母から譲り受けたアパートが、かつてユダヤ人迫害事件...
*『サラの鍵』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:フランス映画、ジル・パケ=ブレネール監督、タチアナ・ド・ロネ原作、クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストラップ、エイダン・クイン出演。 ≪【第18回(2011年)大阪ヨーロッパ映画祭】先行上映にて観賞≫
サラの鍵 (LOVE Cinemas 調布)
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行し...
東京国際映画祭 *サラの鍵* (Cartouche)
Elle s'appelait Sarah - Teaser   タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説の映画化で、人生を変えるほどの大きな決断に迫られるアメリカ人ジャーナリストの物語である。ジュリアは、1942年フランスのヴェルディヴで起きたユダヤ人迫害事件を取材す...
『サラの鍵』 (・*・ etoile ・*・)
'11.12.12 『サラの鍵』(試写会)@よみうりホール これは見たかった! rose_chocolatさんのお誘いで行ってきたー★ *ネタバレありです! 「アメリカ人ジャーナリストのジュリアは取材中、フランス人の夫の祖母から譲り受けたパリのアパルトマンが、1942年に強制連行さ...
サラの鍵 #81 (レザボアCATs)
’10年、フランス 原題:Elle s’appelait Sarah 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 脚本:ジル・パケ=ブレネール、セルジュ・ジョンクール キャスト:クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ・マイヤンス、ニエル・アレストラップ、...
サラの鍵 #81 (レザボアCATs)
’10年、フランス 原題:Elle s’appelait Sarah 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 脚本:ジル・パケ=ブレネール、セルジュ・ジョンクール キャスト:クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ・マイヤンス、ニエル・アレストラップ、...
サラの鍵 (映画的・絵画的・音楽的)
 『サラの鍵』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)この映画は、以前見た『黄色い星の子供たち』で描かれたのと全く同様の事件(注1)を取り扱った作品で、そちらがかなり実録ベースであるのに対して、こちらはフィクション仕立てになっています(注2)。  そして、そ...
「サラの鍵」 (或る日の出来事)
心に響く物語。過去と今が鮮やかにリンクする。
サラの鍵 /ELLE S'APPELAIT SARAH /SARAH'S KEY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第23回東京国際映画祭にて監督賞と観客賞を受賞 試写で観ていたんだけどupが遅れちゃってた。 17日から公開中 タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー。 「黄色い星の子供たち」でも描かれたヴェル....
サラの鍵 ELLE S'APPELAIT SARAH (まてぃの徒然映画+雑記)
『黄色い星の子供たち』と同じ、フランスのユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」を題材にした作品。 1942年7月の早朝、突然警官がアパートを訪れ、スタジンスキ一家をはじめユダヤ人を連行する。サラ(メリュジーヌ・マヤンス)はとっさに弟ミシェルを納戸に隠し鍵をか...
真実を知ること (笑う学生の生活)
21日のことですが、映画「サラの鍵」を鑑賞しました。 フランスで行われた ユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件で起きたある悲劇 現代 その謎を追うジャーナリスト 2つの時代から見せていく構成の巧さが光り ストーリー展開で引き込みますね この話は原作のあるフィクショ...
サラの鍵 (映画 K'z films 2)
原題ELLE S'APPELAIT SARAH監督ジル・パケ=ブランネール出演クリスティン・スコット・トーマス メリュジーヌ・マヤンス ニエル・アレストリュプ エイダン・クイン フレデリック・ピエロ公開2011年 12月
サラの鍵 (こんな映画見ました〜)
『サラの鍵』---ELLE S'APPELAIT SARAH---2010年(フランス)監督: ジル・パケ=ブランネール 出演:クリスティン・スコット・トーマス 、メリュジーヌ・マヤンス 、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー...
『サラの鍵』時を越えて、つながる2人の女性 (Healing )
サラの鍵 ★★★★★ 銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー 過去ー現在ー未来、遠い昔のようでいて つながっている、このいのち 観たのは12月に入ってからの試写会でしたが、 今年最後に、たいへん心を持っていかれた映画となりました。 『ブラック...
あの鍵を回すのはあなた ジル・パケ=ブランネール 『サラの鍵』 (SGA屋物語紹介所)
さてさて・・・ 新年あけましてのようやくの更新は、一昨年の東京国際映画祭で最優秀
サラの鍵 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  パリ住まいのアメリカ人女性記者ジュリアは、40代半ばで妊娠するのだが、喜ぶと思っていた夫の反対に失望する。そんなときにある取材がもとになって、1942年に起ったナチによるユダヤ人迫害事件に興味を持ちはじめるのだった。 また偶然にも、夫の父が...
現在、過去、真実 〜『サラの鍵』 (真紅のthinkingdays)
 ELLE S'APPELAIT SARAH  1942年7月、パリ。フランス警察が何千ものユダヤ人を逮捕し、屋内競技 場に収容した日。少女サラは弟ミシェルを納戸に匿い、鍵をかけた。  2009年、夫と娘の3...
サラの鍵 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・ ...
サラの鍵 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”...
やがて来たる者へ/サラの鍵 (あーうぃ だにぇっと)
やがて来たる者へ/サラの鍵@ギンレイホール
サラの鍵 (ここなつ映画レビュー)
2010年、第23回東京国際映画祭で、最優秀監督賞・観客賞のW受賞。当時スケジュールが合わずに鑑賞できず、悔しい思いをしていましたが、その後2011年年末に日本公開されるも、やはりスケジュールが合わず、なかなか観に行けなかった作品です。やっと2012年3月に観に行...
DVD:サラの鍵  ヴェルディヴ事件を追う女性記者が、少女サラを通して辿り着く真実とは。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
1942年、ナチス占領下のパリ。 ユダヤ人一斉検挙がフランス警察によって行われ、競輪場に集められ迫害を受けた後、収容所に送り込まれ 死に追いやられていた。 この重い事実をネタにした映画(ヴェルディヴ事件) 最近でいうと「黄色い星の子供たち」 LA RAFLE(2011-07-...
「サラの鍵」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
全然期待していなかったのに、冒頭からぐいぐい引きこまれ、全く飽きさせられる事が無かったです。4つ☆〜4つ☆半
サラの鍵 (悠雅的生活)
強制連行。納戸。黄色い星の子供たち。