Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『八日目の蝉』 (2011) / 日本

2011-04-29 | 邦画(や・ら・わ行)




監督: 成島出
出演: 井上真央 、永作博美 、小池栄子 、森口瑤子 、田中哲司

公式サイトはこちら。


原作読了しています。
もともと読売新聞連載小説でしたが、途中でついていけなくなり、挫折。f^^;
ですのでこれは一気に読みたかったし、そして映画化も非常に興味がありました。
永作さんと真央ちゃんという演技派を取り揃えて来てますので、公開日に早々と行って参りました。


何と言ってもこれは「母」のお話、でしょう。
「母」に「 」がついているのは、「血を分けてないけど母親」を自認しているという意味も含めています。
この話に登場する3人の「母」たち。
普通の気持ちで、と言ったら語弊があるかもしれないけど、
きちんと最初から穏やかな気持ちで向き合うことができなかった「母」たち。
そして社会的には、この「母」たち自体の設定を受け入れることが難しい方もおられるかもしれません。
ただ、このような事件は似たような話もあったような気がするけど、
ニュースで見てしまうと一方的に「あの人が悪い」「いやこっちの方が悪い」と、どちらかのサイドについてしまいがちなんですが、
こうやって事細かに、成り行きを見ていると、どっちがどうと言い切れない。 
原因はお互いさまというところでもあるのでしょう。
この場合、希和子にも秋山夫妻にも、原因の余地は十分あるねえ・・・ と思えてしまう。
罪に問われるのはもちろん誘拐犯ですが、こういうケースの場合のマスコミのほじくり出し方は
必ず相手にも及んで、そしてやはり原因が出てきます。
ですので、「空っぽのがらんどう」と言い放った恵津子にも報いはやってきてしまう。


希和子にとっては薫が全てだった。
そして恵津子にとっても恵理菜はかけがえのないものだった。
しかしながら、恵理菜(=薫)にとっては、やはり希和子の無償の愛が原点だったのだと思う。
それほどまでに幼少期に母親が子に与える影響は大きいものであるし。
恵津子は幼い恵理菜が希和子を忘れられないことと、そして希和子の罪そのものの両方を憎み、
恵理菜に対する愛情が屈折したものになっていってしまう。
ここで恵津子が乗り越えられたなら、恵理菜の家族への想いもまた違ったものになっていったであろうが、
現実はそう綺麗にはいかない。


希和子にとっても、薫は愛すべき男の子ども(と同時に憎むべき愛人の妻の子どもでもある)だから、
本来憎むべき対象のはずなのに、愛情を抱いてしまう設定自体がもう、
赤子を目の前にした女性が本能的に抱く感情を優先させている訳です。
「謝罪は?」と問われた希和子が、自分にはもう叶わない子育てをさせてくれてありがとう、
と秋山夫妻に言いたかった気持ちも、
映画の中で希和子がどれだけ薫を愛していたかを見てしまうと、罪人であってもその心情は察するに余りある。


恵理菜は自分自身が希和子になりたくないという想いと、
そして自分にいろいろなものを見せてくれて、思い出をくれた希和子への思慕とがない交ぜになってしまう。
例え許されない「母子関係」であったとしても、本当の母親じゃなかったとしても、
自分にくれた無償の愛の日々は確実に恵理菜の中に残されてしまっている。
その葛藤の中での恵理菜の決心。
自分は「がらんどう」ではない、そして希和子も「がらんどう」ではなかった、と、
恵理菜は感じていったんだと思いました。


ラストですが、
あの場面で終わっちゃったのは何となく残念ですねー。 
原作のネタを使っていただきたかった。 
原作は実はかなり重要な終わり方をしています。 (ネタバレここから→小豆島のフェリー乗り場で、恵理菜たちが刑期を終えた希和子とすれ違うというものです←ここまで。)
とは言っても尺の問題もあるからしょうがないんでしょうけどね。
薫の言葉に集約されているようにも思いますし、場面としては盛り上がっちゃうから
しょうがないかなー。
でもね、あの場所で・・・という終わり方も悪くはなかったかも。
写真館があれだけ丁寧になってしまった(これはこれでよかったんですが)から、致し方ないかな。
あと、逃避行中のエピソードが2つほどカットされてますが、
余計なところ、モタモタしたところはカットしたので、かなりすっきりしたけど。


ここには3人の「母親」が出てきます。
そして3人とも自分の至らなさ、届かなさを痛感しているし、罪悪感もある。
けどそれでも「母」に対しての想いというのは永遠なんだなと感じました。
ただ単に「母」への単純な想いだけではない、女としての業のようなものも垣間見せられて、
難しい話でしたが、それだけに複雑な心境も時折語るシーンもあってよかった。



永作さん、小池さん、森口さん、真央ちゃん、女性陣がとにかくよかったです。
それぞれに課せられた使命というものをきちんと理解して演じていたように思います。
赤ちゃんは撮影大変だったでしょうね。 と思ったら、
双子ちゃんを使ったそうです。 




★★★★ 4/5点







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (28)   Trackbacks (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薫風 | TOP | 2011年4月 鑑賞記録 »
最近の画像もっと見る

28 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-04-30 23:52:31
確かにどっちがどうのと言いきれませんよね。強いて言うなら不倫して避妊しない旦那がアウトだろっ!ってなもんですが…。
精神的なショックだけじゃなくて体も傷つく可能性があるのは女性だし。

原作は是非読んでみようと思うのですが、NHKで連ドラでやってたそうで、そっちを是非みたいなぁ。時間もたっぷりあるだろうからroseさんの言う最後もキチンと描かれているかもしれないしね。
なかなか・・・ (ぴくるす)
2011-05-01 01:11:03
 原作を読んだら映画は観ない。
映画を観たら、原作は読まない、ですかね~。
私のバアイ。
いろいろな意味で、その方がストレスがないのです。
もちろん両方みる場合もありますけど。

 この映画化は、終わりって結構重要かも知れません。
ご意見、分かれることでしょう
KLYさん (rose_chocolat)
2011-05-02 01:27:30
そういう意味じゃ、旦那が最も罪は重たいかもしれないよね。

お時間あったら原作は読んでみてもいいんじゃないかな?
カットされているところも含めて、いろいろ考えて映画化されているのがよくわかります。
原作の終わりかた (まてぃ)
2011-05-02 01:29:48
こんばんは。
原作のラストはそうなんですか?そのシーンが入っていたらどうなったんだろう、と想像が膨らみます。
映画のスパッとした終わりかたは、あれはあれでありだと思うんだけど、もう少し余韻にひたりたかった感じもあります。
ぴくるすさん (rose_chocolat)
2011-05-02 01:30:03
どっちか、って前にも仰せでしたもんね。

>この映画化は、終わりって結構重要かも
ですね。
ただこれ、ブロガーさんでは映画のみ鑑賞の方が多いようなので、
私のこの問題提起はあまり必要じゃないのかもしれないですよね。
まてぃさん (rose_chocolat)
2011-05-02 01:32:51
そうなんです。
なので映画は、え、そこで終わる!? って感じだったんですよね。
ただし2時間半の尺になってしまったので、その関係もあったと思いました。

このシーンなかなかよかっただけにねー。
もしかしたらラストは数パターン用意されてたかもしれません。
ただし映画のラストは、希和子の存在をクローズアップさせていますので、これはこれで悪くはなかったんですけどね。
最初から最後まで良かった (ナドレック)
2011-05-02 12:50:31
コメントありがとうございました。rose_chocolatさんのコメントを受けて、ちょっとだけブログの本文を修正しました。

>赤子を目の前にした女性が本能的に抱く感情

そういうものがあると、作り手も信じたいのだと思います。
ナドレックさん (rose_chocolat)
2011-05-02 15:14:48
おお!
それはそれは、大丈夫なんですか? 修正して。
どこ直されたのかしら。

女性は本能的に赤ちゃんが気になる動物なんだそうですね。
今回は複雑な設定だけど、この特徴が生きていました。
希和子。 (BC)
2011-05-06 22:19:08
rose_chocolatさん、こんばんは。

ホント、男女関係ってどっちがどうとは言いきれないものがありますよね。
ただ、子供にとっての“母親”は
物心ついた頃に傍に居てくれた一人で充分なのかもしれない。
それだけにこういうケースは複雑ですね・・・。

最初、希和子が“謝罪”ではなく“感謝”と言った時は・・・という感じだったけど、
最後まで観るとそれが希和子のありのままの純粋な気持ちだったんだろうなと思えました。
BC。さん (rose_chocolat)
2011-05-08 08:01:12
>子供にとっての“母親”は
>物心ついた頃に傍に居てくれた一人で充分

幼い時に刷り込まれた記憶って強いんですよね。
まして恵津子が自分を無償で愛してくれなかったという想いを持つ恵理菜にしてみたら、
希和子を忘れられないのは無理もない話だと思いました。

子育ては大変ですし苦労も多いですが、
それでも振り返ると、たくさんの感謝があります。
普通でもこうなんですから、特殊な状況で、二度と子育てができないとわかっていた希和子にとっては、
感謝の一言しかなかったんだと思いました。
ただし裏返すと、秋山夫妻にとってはとどめの一言にしかならない。
複雑な設定でした。
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2011-05-08 14:10:42
こんにちは
私はこの原作を読んでいませんし
NHKのドラマも観ていないのですが…
rose_chocolatさんと同じく「母親」のお話だと思いました

誘拐という行為は明らかな犯罪行為ではありますが
その背景にあった事情と誘拐後の様子、
育ての母、実の母、誘拐された子供、各々が抱える想い…

女性であるがゆえに抱いてしまう感情には
私も同じ女性の目線で考えると
どれも否定は出来ませんでした
こんばんは(^-^)v (hi-lite)
2011-05-08 19:31:30
私のブログへコメント、ありがとうございます。
rose chocolatさんはラストは原作の方が良いですか?
私は映画は映画で良かったと思いました。
パンフに監督の話として、20歳老けたメイクをした永作さんを、観客は見たいのかと悩み、ああいう結末にしたとのことです。
私も老けたメイクの永作さんは見たくないなぁ~(^m^:)
観ました~ (マリー)
2011-05-09 23:03:34
こんばんは~~。
女性には潜在的に“母性”があるんですよね。その強さは人によりけりでしょうけど・・・
それがないと、あんな大変な子育てなんて出来ないと思うし~。

それはきっと頭で考えても到底理解できない感情なのかなぁ?

roseさん、原作読んでから見られたんですね~。ラストはお互い気づくのですか?(コメント欄だから聞いてもいいかな?)
こんばんは。 (sannkeneko)
2011-05-10 21:31:23
・・・もう理屈じゃないのかな、母性は。
もちろん誘拐を肯定なんで出来るわけありませんが。

原作とはラストが違うのですね。
ブツッと終わって「Dear」でしたから、
余韻に浸るという終わり方でなかったのは
そのせいかもしれません。
すれ違うふたりはお互いに気づくのか、
あえて気づかないふりをするのか、
ちょっと気になるところではありますね。
テクテクさん (rose_chocolat)
2011-05-10 21:46:22
>女性であるがゆえに抱いてしまう感情には
>私も同じ女性の目線で考えると
>どれも否定は出来ませんでした

女性が本能的に抱く感情って、時に如何とも説明し難いものがありますよね。
一筋縄ではいかない、みたいな。
頭では、理屈では分かっているのに、気がついたら自分がしていることは一体何なんだ・・・って。
自分だったらどうする? と考えた時に、正解というものが一概に考えられないように思いました。
hi-liteさん (rose_chocolat)
2011-05-10 21:48:26
たぶん原作読んじゃったからそう思っちゃったかなあ~。
映画のラストは、あれはあれでいいとは思うんですが。
でも尺も長かったし、こればかりはね。。

老けメイク、確かに難しいところではありますね。
成功すればいいけど失敗したら観客はドン引きですし。
マリーさん (rose_chocolat)
2011-05-10 21:51:22
母性ねえ・・・ と思うことも私もあります。
それがないと子育てなんて到底できないことですし。
どんなに出来が悪くても(→私情?w)、そばにいてやらないとって思います。 
この子を守ってやりたい、味方でいてやりたい、ってことだと思いました。

>ラストはお互い気づくのですか?(コメント欄だから聞いてもいいかな?)

あれ? もしかしたら? 的なニュアンスで終わってますね。
ここはしかし映画で表現するのは至難の業でしょうねえー。
そう思うと映画のラストは正解なんでしょうね。
sannkenekoさん (rose_chocolat)
2011-05-10 21:55:16
原作のラストはマリーさんのコメレスにも書きましたので、そちらをお読みくださいね。
突然終わった印象がありましたけど、もしかしたらここで終わり・・? と思ってたらやっぱりそうでした。
でも、それでも好き、という感覚は間違ってはいないと思います。

あと、いつもコメントありがとうございます。
sannkenekoさんのblogにコメント書いたのですが、投稿ボタンを押しますと、「エラー」表示が出てしまって、コメントが載らないのです。
なので、コメントをそちらにできなくてごめんなさいです(涙)
こんばんは (FREE TIME)
2011-05-10 22:16:13
TBありがとうございます。
自分も、あの終わり方は「えっ?」と思ってしまいました。
ちなみに「八日目の蝉」は昨年にNHKでもドラマで放送していましたが、ラストは原作と同じラストでした(笑)
主演の井上真央よりも、希和子役の永作博美が光った映画でしたね。
本来なら犯罪者だから感情移入出来ない筈なのに、薫(恵梨菜)が幸せそうにしているのを見ていると、このままの方が良かったのでは友思ってしまいました。
あと、Twitterにもフォローさせて頂きましたので、宜しくお願いしますm(_ _)m
FREE TIMEさん (rose_chocolat)
2011-05-10 22:41:57
フォローありがとうございます。 私もリフォローさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

TV版は、原作と同じラストだったんですね。
観てみたくなりますね~。
違和感というまでもないんですが、ここでピシャっとくくってしまうのももったいないような余韻でした。

>本来なら犯罪者だから感情移入出来ない筈なのに、
>薫(恵梨菜)が幸せそうにしているのを見ていると、このままの方が良かったのでは

そこが非常に難しい解釈でしょうね。
個々人がどのような指針を持っているかで大きく分かれると思いました。
薫の幼いころの記憶は幸せであった分、彼女が一番の被害者だということも忘れてはいけないようにも感じます。
コメントの件なのですが (sannkeneko)
2011-05-11 21:32:24
事務局に調べてもらったのですが、
スパムブロックに巻き込まれてしまっていたらしいです。
rose_chocolatさんのアドレスをセーフリストに加えたということなので、
これからは多分大丈夫じゃないかと。

ご不快な思いをさせてしまって申し訳ありませんm(_ _)m
原作では・・ (Cartouche)
2011-05-11 22:02:53
そうだったのですか。原作ではそういうラストだったのですね。あのあっさりとした終わり方も好きだけれど、原作のもいいですね。
TBさせてください。
sannkenekoさん (rose_chocolat)
2011-05-14 05:35:32
ご対応ありがとうございました。
大丈夫です! 全然不快ではありませんのでどうぞお気遣いなく (*^^)v

いつもコメントいただくばかりで申し訳なく、お伝えすることが出来なくてどうしましょう~と思っておりました。 よかったです。
そちらにも書きこませていただきました。
またどうぞよろしくお願いいたします。
Cartoucheさん (rose_chocolat)
2011-05-14 05:36:43
映画と原作では、感情の持って行かせ方が違ってきますので、
2通りでもよいようにも思いました。
難しいよね。。。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-02-06 21:39:29
その原作の終わり方でこの映画も〆て欲しかったですね。
多分希和子は薫との思い出の小豆島で一生暮らしているんでしょうね。
その切なさがより際立つ終わり方だと思いますよ。
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2012-02-16 07:43:53
そうなのよ~。
先に本読んじゃったんでそっちのほうが心に残ったし。
切ないですね。
でもこの映画バージョンも好きですよ。
ラスト (latifa)
2012-06-23 23:09:53
roseさん、こんばんは^^
昨日TVで放送してくれたのを見ました。
いや~~なかなか良かったです!!
女性陣、みなさん演技がうまい!!

roseさんも原作の後、この映画でしたかー
ラストですが、私もどうするのか気になっていましたが、スルーしましたね(^^ゞ
まあ、これはこれで良しとします。

小説を読んだ時、ボロ泣きしたので、映画では筋を知っているせいか、泣くまでは行きませんでした。
latifaさん (rose_chocolat)
2012-06-25 09:05:40
そうなんですよ。原作先でした。
なのでラストをスルーされちゃったのが何とも・・・なんだけど。 映画だからね。時間の制約もあるし仕方ないんでしょう。
母の話は引き込まれるともうボロ泣きですよね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

44 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
八日目の蝉 (あーうぃ だにぇっと)
3月24日(木)@一ツ橋ホール。 ほぼ2週間ぶりの一般試写会。 この間ムダになった試写状たくさん。
八日目の蝉 (LOVE Cinemas 調布)
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共...
八日目の蝉 (だらだら無気力ブログ)
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として...
『八日目の蝉』 踏みとどまるために必要だったのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。  母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」  この映画に、結...
「八日目の蝉」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「八日目の蝉」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン、他 *監督:成島出 *原作:角田光代 感想・評価・批評 等、レビュー...
「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い (オールマイティにコメンテート)
映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ...
八日目の蝉 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/04/29公開 日本 147分監督:成島出出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、渡邉このみ、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン 優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 子どもを身ごもるも、相手が結婚してい....
八日目の蝉 (勝手に映画評)
角田光代のベストセラー『八日目の蝉』の映画化。同じように大ヒット小説が原作となっている、先日見た『阪急電車』とは全く違い、こちらは重い話がテーマになっています。今日は、5/1と言う事で、映画の日。混んでいました。 井上真央は、花男から一皮剥けたんじゃ無...
映画:八日目の蝉 永作博美が突出して良いところが、長所でもあり欠点?! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
愛人の娘を誘拐して逃亡する女性と、その成長した娘のストーリーが平行して物語を進む。 井上真央演ずる、0才~4才まで誘拐され、その時に刷り込まれた「母」のイメージのトラウマを持ったまま、大学生になった恵理菜。 ちょっとしたきっかけで自分のルーツを探る旅に。 ...
八日目の蝉 (シネマDVD・映画情報館)
八日目の蝉 監督:成島出 出演:井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/劇団ひとり/余貴美子/田中泯/風吹ジュン 内容:不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の...
八日目の蝉(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
角田光代のベストセラーの映画化、といっても原作は未読で、ドラマも未見だけど。 不倫相手の子供を堕ろした希和子(永作博美)は、不倫相手の夫婦の間に生まれた4ヶ月の赤ちゃん恵理菜を咄嗟に誘拐してしまう。妊娠した子供につける予定だった薫という名前を誘拐した赤...
「八日目の蝉」 (俺の明日はどっちだ)
不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、警察に逮捕されるまでの4年間にわたりその子を我が娘として強く愛し続けた逃亡生活の顛末と、そんな誘拐犯に育てられた少女がやがて大学生へと成長したのち、果てしなく遠く感じていた自らの過去と向き合う姿を描いた直木賞作家...
『八日目の蝉』 (ラムの大通り)
---- この映画、前に行ったとき 満員で入れなかったってヤツだよね。 「うん。とにかく人気が高い。 原作が角田光代の代表作にしてべストセラーだからかなと思ったけど、 これは見事に映画になっていたね」 ----映画になっていた…どういうこと? 「簡単に言えば、 映画と...
八日目の蝉 ちょっと冗長すぎるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=24 -6-】 今日は連休の谷間で電車がらがらかと思いきや、けっこう仕事の人も多いのだなあという混み具合、仕事があることはいいことだ!  さてこの映画、角田光代の原作は友人が貸してくれたので読んだが、読後の評価はきっと分かれてしまうだろうと思っていた。 ....
八日目の蝉  監督/成島 出 (西京極 紫の館)
【出演】  井上 真央  永作 博美  小池 栄子 【ストーリー】 不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の子を出産したことを知る。「赤ちゃんを一目見たい、見たらけじめがつけられる…」夫婦の留守...
「母なる証明」という題名がぴったりだと思... (映画と出会う・世界が変わる)
映画が始まって、この映画が松竹配給であることを知る。考えてみると、日本映画が地方都市に独自の映画館ではなくシネコンで上映されることになって以来、個々の作品に映画会社の個...
「八日目の蝉」*成島 出監督作品 (TEA FOR ONE)
監督:成島 出 原作:角田光代 脚本:奥寺佐渡子 音楽:安川午朗 主題歌:「Dear」中島美嘉 挿入歌:「ドーターズ」ジョン・メイヤー 出演:井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、渡...
◆『八日目の蝉』◆ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、成島出監督、井上真央、 永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司出演。
成島出監督 「八日目の蝉」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
原作を読み終わった時から、観たくて観たくて、しょうがなかった映画。 映画の日には映画館が満席で悔しい思いもしました。 そして今日、やっと公休 朝、早起きをして観てきました(^-^)v ふ、不覚! 原作も読んでて、冷静に観てるつもりだった筈なのに… な...
確かに愛はそこにあった。『八日目の蝉』 (水曜日のシネマ日記)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇とその後の少女の人生を描いた作品です。
『八日目の蝉』('11初鑑賞65・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。
映画「八日目の蝉」 (FREE TIME)
映画「八日目の蝉」を鑑賞。
■映画『八日目の蝉』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。 誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった...
『八日目の蝉』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チ...
八日目の蝉 (花ごよみ)
角田光代の小説を映画化。 成島出が監督。 誘拐する女性、希和子には永作博美、 誘拐され、薫と名付けられた、 少女には渡邊このみ。 すごく可愛い女の子です。 その後実家に帰され、 恵理菜と呼ばれた女性を、 井上真央が演じます。 小池栄子、森口瑤子、田中哲司が...
『八日目の蝉』 (pure breath★マリーの映画館)
優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。 『八日目の蝉』 監督・・・成島出 原作・・・角田光代 出演・・・井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田満、劇団ひとり、余貴美子、田中泯、風吹ジュン...
映画『八日目の蝉』  (よくばりアンテナ)
なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。 去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、 ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを やってたんだなぁ・・...
八日の目の蝉(2011-027) (単館系)
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。 生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、 誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。 不倫相手の子供を生まれてす...
八日目の蝉 (voy's room)
不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざ...
「八日目の蝉」(日本 2011年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
お星さまのうた。 家族写真。 八日目の蝉が見るもの。
映画「八日目の蝉」@よみうりホール (新・辛口映画館)
   
*八日目の蝉* (Cartouche)
         ***STORY***               2011年        日本  1995年10月東京地裁。秋山丈博(田中哲司)、恵津子(森口瑤子)夫婦の間に生まれた生後6カ月の恵理菜を誘拐、4年間逃亡した野々宮希和子(永作博...
八日目の蝉 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★ エンゼルたちのウォーズ 二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。 エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。 実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...
映画『八日目の蝉』 | 永作博美と小池栄子が素晴らしいです。 (23:30の雑記帳)
2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレ注意!) 希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博 (田中哲司)の子どもを身ごもります。 「いつか ...
「八日めの蝉」 (くまさんの再出発日記)
「おかあちゃん、働くよ。そして、これからはいっぱいキレイなところを見に行こう。美味しいものを食べよう!」 不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同...
「八日目の蝉」 答えの出ないテーマが重い (ももたろうサブライ)
監督 成島出
八日目の蝉 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
角田光代原作の同名小説を映画化したヒューマン・サスペンス。誘拐された少女と犯人の女との逃亡劇、その後の運命を描く。監督は「孤高のメス」の成島出。出演は「太平洋の奇跡  ...
八日目の蝉 (にきログ)
さて、映画とドラマ両方見たので感想を書きたいと思います ちなみに映画を見てドラマ版が凄く気になっていたタイミングでNHKが2夜連続集中再放送をしてくれて凄く助かりました ちなみに原作は読んだことな...
八日目の蝉 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
不倫相手の赤ちゃんと誘拐した母と、16年後に母と同じように妻子ある男と不倫して妊娠した娘の人生をうまく交差させた物語になっている。ごく普通の家庭で育つことができなかっただけで、こんな悲しい経験をするのを涙をボロボロ流しながら見た。永作博美がうまいのは当然...
八日目の蝉 (映画的・絵画的・音楽的)
 『八日目の蝉』を渋谷東急で見てきました。 (1)この映画は、TVなどで幾度となく予告編が流され、また書店では随分と以前から原作の文庫版が山積みとなっていましたから、制作側もかなり力を入れているのでしょう。  おそらく、『告白』とか『悪人』の線を狙っているの...
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ...
『八日目の蝉』 (こねたみっくす)
恵理菜として生きる七日目で死ぬ蝉が見た世界。薫として生きた八日目の蝉が見た世界。そのどちらの世界に母親の愛があったのか。 直木賞作家・角田光代先生の小説を映画化したこ ...
映画版「八日目の蝉」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作→ドラマ→映画の順番に見ました。 元々、角田光代さんの原作は、5つ★な小説でお気に入りでしたが、映画も良かったです。4つ★
八日目の蝉 (のほほん便り)
直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。第35回日本アカデミー賞、10冠獲得!だから、快挙ですよね。 物語は、過去と現在。いろいろな時間を行きつ戻りつつ、親子に二代に渡る、心と身体の旅物語を浮き彫りにし...