Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『メランコリア』 (2011) / デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイツ

2012-02-29 | 洋画(ま行)


原題: MELANCHOLIA
監督: ラース・フォン・トリアー
出演: キルスティン・ダンスト 、シャルロット・ゲンズブール 、キーファー・サザーランド 、シャーロット・ランプリング 、ウド・キアー

公式サイトはこちら。


前作『アンチクライスト』は結構消化不良だった自分だし、これもうつ病をテーマにした作品ということは知っていたので、果たして自分の中でどこまで受け入れられるかな?と少々疑問に思いながらの鑑賞。


トリアー監督自身がうつ病を患った経験を元に作られた本作。
冒頭「トリスタンとイゾルデ」に導かれながら流れるプロローグは美しい。 これは『アンチクライスト』と同じ様相だが、本作、このプロローグで大方のあらすじを説明してしまっているようにも思える(なのであんまり深読みしてこのシーンを見てしまうと逆につまらないのかもしれないけど)。
それでもさまざまな音楽や絵画をオマージュした映像は素晴らしい。
プロローグの中の、キルスティンが流れていく映像やら、画集やらにあるのはミレーのオフィーリアだし、ブリューゲルの絵も出てきましたね(タイトルはわからないけど)。
それらの示唆するものを短時間で1つ1つ追いかけることはちょっとできないけど、ここはもっと調べてみたいところです。


幸せの絶頂である結婚式に向かうジャスティンとマイケル。
輝くような花嫁、見つめあう新郎新婦。
しかしながら、狭い山道を無理矢理走るリムジンのように、話が進むにつれて少しづつ、ジャスティンのあらゆる世間の常識と呼ばれる規範から外れているような行動が明らかになっていく。
いきさつこそ描かれてはいないものの、周囲の態度からどこか彼女の言動は信用ならないものとして映っているのだろう。


自分はうつ病ではないのであまり正確に捉えられていないかもしれませんが、世間一般的に「こういう風にあるべき」的な規範というものが存在するとしたら、うつ病の方は「そうあるべきではないと思う」と考えてしまうものなのでしょうか。
どうして「こうあるべき」しかないのか? と。
たった1つのことが正解なの? と。
クレアやジョン、マイケル、ジャックらにとっては、ジャスティンが何を考えているかわからない、「時々たまらなく憎たらしくなる」存在であり、腹立たしいことこの上ないのだろう。
しかしながらジャスティンにとっては、ワンサイドからしか正解じゃない状況というのがたまらなく自身を束縛するものだったのかもしれない。
だからジョンが出資したことも、マイケルが土地を買ったことも、ジャックが仕事で彼女を評価したこともすべて彼女にとっては「無」、"Nothing"となる。
それが何なの? と。


地球に接近する「メランコリア」。 恐らくではあるけど、この舞台となる屋敷の外、村であったりその他の全世界ではパニック状態になっていたはずである。
そこを一切取り入れず、ひたすらジャスティン、クレアが考える終末を映画は描く。
クレアにとってメランコリアの接近は、自分とそれを取り巻く存在をすべて奪い去るものとしか考えられない。 クレアが壊れていくほどに泰然自若となっていくジャスティンとは正反対である。
最初から「無」であるジャスティンにとって、終末など何も怖くはない。 
ワンサイドからしかとらえていない「有する人々」の何と滑稽な、無様な慌てふためく様子なのだろう・・・。


これはどう考えても、既存の常識にしか物事をあてはめない我々への警告である。 
私たちが今まで信じてきたことのすべて、例えば社会的な成功、幸福、果ては最近日本でも大流行の「絆」までもが実は大いなる茶番であるかもしれないのである。
全てを奪い去る、どうにもならないことの前に一体人は何ができるのだろう。 何もできないのかもしれないけど、その時目の前にある全てのことに悠然とすることはできる。
あまりにも枠にあてはめる世の中に対して、トリアー監督が突き付けた挑戦状であり、また自身の中にあるうつ病にけじめをつけた作品なのかもしれない。


★★★★☆ 4.5/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【現代フランス映画の肖像2】『... | TOP | 2012年2月 鑑賞記録 »
最近の画像もっと見る

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
eccentric (まっつぁんこ)
2012-02-29 22:28:06
「既存の常識にしか物事をあてはめない」
ダークマターの正体もわからない宇宙のゴミみたいな知的生命体の常識だからねえ。
もともとたいして意味なんかないんだと思います。(笑)
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2012-02-29 23:40:54
意味のないことを、いつもジョーシキとか言ってもんのすごくこだわるのが人間ですね(^_^;)
Unknown (mig)
2012-03-01 22:59:05
こんばんは~☆
roseさんほんとだすごい高評価!
前半のムカつきを後半で釈明?してくれました
キルスティンは嫌いだけどこういう終りは納得というか、理想というか、、、。
でも鬱の空気感とか前半嫌な空気好きじゃないからもう観たくないけど(笑)
こんにちは (はらやん)
2012-03-03 08:34:48
rose_chocolatさん、こんにちは!

この作品は監督の体験がとてもよく表れている作品だと思いました。
うつ病の方というのはどちらかというと「こういう風にあるべき」ということに合わせなければならないと思う気持ちが強い人が多いのですよね。
自分の気持ちを殺してもそうしてしまう。
そしてそれがどこかで限界を越えて身動きできなくなってしまうのです。
まさにジャスティンはその典型であったと思いました。
そこからの復活ですが、自分のあるがままを受け入れるということなのですね。
ジャスティンはそれができたから、破滅ということも粛々と受け入れられたわけだと思いました。
対してクレアやその夫は、「あるべき姿」が崩壊していくのをどうしても受け入れられません。
彼女たちのパニックは現実の受け入れ拒否の表れなのでしょうね。
migちゃん (rose_chocolat)
2012-03-03 09:06:08
ゆっくりとジャスティンが崩れていくんですよね。 そして気が付くとあらら・・・ って。
きっと鬱ってそんな感じなのかなあとも思ったり。 自分じゃどうしようもない力に引っ張られちゃうのかもしれません。

幸せの絶頂から不協和音をうまく取り込むのはさすがだと思いました。 
でもジャスティンみたいなのが実際周りにいたらキレちゃうかもね(^_^;)
はらやんさん (rose_chocolat)
2012-03-03 09:09:53
>「こういう風にあるべき」ということに合わせなければならないと思う気持ちが強い人
真面目な方に多いんでしょうかねやっぱり。 自分の逃がし場所がなくなってしまうというか、うまくやり過ごせないというか。
身動きできないのはつらいと思います。

>自分のあるがままを受け入れる
意外と難しいんですよね。 そしてそのことにもとても真剣に取り組んでしまったりして。

「あるべき姿」がなくなって慌てるのとは正反対に、落ち着き払うジャスティンがとても印象的。
でも最後の瞬間なんてそうするしかないと思いました。
こんばんは♪ (yukarin)
2012-03-04 20:41:30
うつ病についてはよくわかりませんが、私にしては本当にめずらしくハマってしまった作品でした。
美しく幻想的な映像は素晴らしかったです。
全く理解はしてないかもしれませんが、なんだかわからないけど良かったということで(笑)
Unknown ()
2012-03-05 11:21:04
この映画を観てからしばらく経ちますが、未だに余韻を引き摺っているような、印象強い映画でした。

恥ずかしながら、うつ病をテーマとした映画だということをこちらで感想を読ませて頂いて初めて知った次第です^^;

そうするとあのプロローグは…。
巨大な「鬱」に地球は成す術もなくのみ込まれ、木っ端みじんになるかも…ってこと?
うわー。なんと恐ろしい予言でしょうか。

だけど空に浮かぶメランコリアの映像があんまり綺麗だったので、怖さや嫌悪のような感情は全く湧かなくて…不思議です。
ご無沙汰です (パピのママ)
2012-03-05 12:52:58
こんにちは、3月からgooへ引っ越ししました。
でも、DVDとかの記事はまだlivedoorのブログへ載せているので良かったら見て下さい。
この作品は、まるでSF映画のようでもあるし、でもよくよく見ていると主人公が鬱状態なのですね。
そして姉のクレアも同じように、鬱状態が激しくなっていく。
クレアの夫は、何故自殺したの?・・・やっぱり鬱なのか。
私にも、鬱状態(更年期障害だと思う)の友達がいるのですが、自分の殻に閉じこもって違う世界へ行っているようでした。
それにしても、最後のメランコリアが近づいて来る映像は美しかった。
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-03-06 01:31:12
確かにテーマを事前に聞いていなくても、味わえる作品ではありましたね。
映像も綺麗でした。
柊さん (rose_chocolat)
2012-03-06 13:31:43
何でも、Chapter1はうつ病の人の症状について、
Chapter2はうつ病の人の可能性について描いたそうです。
言われてみればなるほどなーと。
冒頭は、終わってから考えると、全体のダイジェストでしたね。 あんまりそれ以上は深く私は考えなかったんだけど。
パピのママさん (rose_chocolat)
2012-03-06 13:40:39
gooへようこそ!
映画ブロガーさんはほぼgooにお引越しされるんですね。
使いやすいし。リンク貼り換えておきました。 またどうぞよろしくです。

うつ病の人、確かに世界観ががらりと変わってしまうので、周囲はついていくのが大変だと思います。
それでも支えてあげないといけないですからね。
その価値観を、今までのものと違うと捉えるか、あるいはそれもその人の一部として受け入れられるかどうかでだいぶ違ってくると思います。

クレアの夫は、それまでの自信が虚勢の上に成り立っていたことを認めてしまったのでしょうね。
あっけなさ過ぎました。 でもこういう人は多いように思います。
チャプター2は、 (ボー)
2012-03-09 23:33:52
うつ病の人の可能性ですか!?
う~ん、よく分からない。

わかんないけどトリアー監督の映画は面白いです。つまんないところも、何やってんだかと思って見てるので面白い。
目が離せない監督です。
ボーさん (rose_chocolat)
2012-03-10 21:48:57
チャプターの意味、監督はそう仰せなんだそうですよ。

私もよくわかんないなりにとてもこの作品は面白かったですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

18 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
メランコリア / MELANCHOLIA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 新作出す度、話題騒然。 「ヒトラーに共感する」とのバカな爆弾発言で、今年カンヌ国際映画祭から出禁を食らった ラース・フォン・トリアー監督最新作 キルスティン・ダンスト主演と聞いてうわっとなったの....
メランコリア (あーうぃ だにぇっと)
メランコリア@なかのZERO
『メランコリア』 あなたが立つのはどちら側? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この世界は、正邪、清濁、明暗といった二面性を兼ね備えている。  それなのに、多くの人は明るく正しく清い面しか見ていないのではないだろうか。  ラース・フォン・トリアー監督...
「メランコリア」 (或る日の出来事)
トリアー監督の悲観主義(?)は置いといて、それが映画になると独自のものがあって、おもしろい。
メランコリア・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
憂鬱なる滅びの詩。 デンマークの異才、ラース・フォン・トリアー監督の耽美な終末譚は、突然出現した巨大な蒼い惑星・メランコリアの接近によって、この世界の終わりに直面する、ある姉妹の葛藤を描く物語...
メランコリア/Melancholia (LOVE Cinemas 調布)
『アンチクライスト』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が描く地球滅亡の物語だ。主演は本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得したキルスティン・ダストン。共演にシャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、...
「メランコリア」 美しい破滅 (はらやんの映画徒然草)
予告編でのその美しい映像に惹かれ、絶対に観ようと思っていた作品。 気がついたら公
映画:メランコリア Melancholia  ウェディング姿の花嫁の超不機嫌 & 不可解行動のワケは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観た直後の印象は最悪だった。 「結局、やっぱラース・フォン・トリア~じゃねえか~!!」(怒り指数 180%) ネタバレで書けないのだが、あるシーンのあまりの直接的な表現に怒り心頭だったのだ。 前作「アンチクライスト」で彼を決定的に嫌いになった私なので。 ...
映画:メランコリア Melancholia  ウェディング姿の花嫁の超不機嫌 & 不可解行動のワケは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観た直後の印象は最悪だった。 「結局、やっぱラース・フォン・トリア~じゃねえか~!!」(怒り指数 180%) ネタバレで書けないのだが、あるシーンのあまりの直接的な表現に怒り心頭だったのだ。 前作「アンチクライスト」で彼を決定的に嫌いになった私なので。 ...
メランコリア (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MELANCHOLIA】2012/02/17公開 デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ 135分監督:ラース・フォン・トリアー出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロット...
憂鬱な終末 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「メランコリア」を鑑賞しました。 監督はラース・フォン・トリアーということで 監督らしい作風で 全体にあるトーンが・・・ ラース・フォン・トリアーが描く終末モノなのですが 大きく分けて 前半と後半での構成 前半は結婚式から見える人間....
メランコリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアーが、惑星衝突による地球の危機を背景に、ある姉妹の葛藤を描く。出演は「スパイダーマン3」のキルスティン・ダンスト(本作でカン ...
メランコリア (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 オープニングはワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”の楽曲をバックに絵画的...
メランコリア (映画的・絵画的・音楽的)
 『メランコリア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で凄そうな作品と思えたので見たのですが、実際にもなかなかの出来栄えで大層感動しました。 ?予告編には映画の冒頭の序章の一部が使われていて、メインタイトルが現れてからが本編となります。そこまではオ...
17★メランコリア (レザボアCATs)
’11年、デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ、イタリア 原題:Melancholia 監督・脚本: ラース・フォン・トリアー 撮影: マヌエル・アルベルト・クラロ キャスト: キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレクサンダー・スカルスガルド、ブラデ...
17★メランコリア (レザボアCATs)
’11年、デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ、イタリア 原題:Melancholia 監督・脚本: ラース・フォン・トリアー 撮影: マヌエル・アルベルト・クラロ キャスト: キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレクサンダー・スカルスガルド、ブラデ...
メランコリア (こんな映画見ました~)
『メランコリア』---MELANCHOLIA---2011年(デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ )監督:ラース・フォン・トリアー出演:キルステン・ダンスト 、シャルロット・ゲンズブール 、アレキサンダー・スカルスガルド 、キーファー・サザーランド 「ダンサー....
メランコリア (銀幕大帝α)
MELANCHOLIA/11年/デンマーク・スウェーデン・仏・独/135分/SFドラマ/劇場公開(2012/02/17) -監督- ラース・フォン・トリアー 『アンチクライスト』 -脚本- ラース・フォン・トリアー -出演- *キルステン・ダンスト『スパイダーマン3』・・・ジャ...