Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【TIFF_2013】『ザ・ダブル/分身』 (2013) / イギリス

2013-10-18 | 洋画(さ行)


原題: The Double
監督: リチャード・アヨエイド
出演: ジェシー・アイゼンバーグ 、ミア・ワシコウスカ 、ウォーレス・ショーン 、ノア・テイラー

第26回東京国際映画祭『ザ・ダブル/分身』 ページはこちら。




今年もTIFFがやって参りました。この時期になると「1年頑張ったなー」といつも思うんですよ(笑)
今まさにいろいろ観賞してますが、本数多過ぎてなかなか記事が書けない状態。順次UPします。





俺と全く同じ外見の男が入社した。そいつは俺の成果をすべて奪っていく! 文豪ドストエフスキーの原作を近未来的設定に置き換えた、シュールで哲学的な新感覚スリラー。『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグ主演。(TIFF公式サイトより)


ジェシーくんの、二重人格というか2人の人物の使い分けが見事。
サイモンは全てのことに自信が持てず、言われるがままなす術もなく、おどおどと実直に大人しく暮らす青年。しかしサイモンとまったく同じ外見を持つジェームスは、自分とは全てのことが正反対。根拠のない自信に充ち溢れ他者とのコミュニケーションを悠々とこなして業務上も成果を出し、次々と欲しいものを手に入れていく。最初はジェームスに助けられホッとするサイモンだが、次第に彼の本性に触れるにつれて疑問を抱くようになる。
2人とも外見はさえない感じなんですが、表情だけでジェシーくんは見分けをつけていっている。顔、声、仕草、ちょっとした動き方や力の入れ具合で全く別人に見せる所作はプロの仕事と思わせる。そしてこの区分けをつけるためにもフルカラーではない画面がふさわしい。近未来的設定とあったけど、1960年代あたりを意識させているような映像は、完全なモノクロでもなくセピアを中心とした色彩によるものだろう。わざと薄暗く古めかしくした舞台に分身劇は合う。

これはクローン人間ともまた違う概念なんでしょうね。外見は同じだけどオリジナルとは内面は全く違う。オリジナルよりも優秀なスペックが乗っ取りに近いことを起こしていく。しかしながら元をただせば・・・というしくみ。このトリック、どこかの映画で観たことがあるんだけど忘れてしまった。

全てにおいてよく練られ、美しく仕組まれた本作。しかしながら音楽についてかなりな違和感を覚えたのは事実。挿入歌に日本の曲を持ってくるのは懐古趣味的なことを狙ったのだろうが、ではエンドロールでどうしてあの曲を持ってきたのだろう。単に音の耳触りがよく、コメディっぽく仕上げる要素も入れたかったのかもしれないが、それは両方の曲の言語がわからない人間の感覚であり、両方あるいは片方の言語がわかる者にとっては、脈絡なく入れられただけなのではないかという疑念が真っ先に浮かんでしまう。
結局アジア圏以外の人にとっては、アジアは何もかも一緒くたに過ぎないのではという実例を見せられた思いでかなり納得がいかない。恐らく本作の日本公開はあるだろうが、ここの部分で違和感を覚える人も相当数いるだろうことを記しておきたい。せっかくのジェシーくんの熱演もかなり醒めてしまう恐れあり。あの挿入歌とエンドロールの曲を組み合わせてこの映像に持ってきた意味、もしかしたらあんまりないんだろうなと思わざるを得ないんだよね。映像と音のコラボを狙っても、意味から連想させるイメージまでもが全て映画なのだということを心底感じる作品だった。


★★★ 3/5点






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【LBFF_2013】『ふたりのアト... | TOP | 【TIFF_2013】『ドリンキング... »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2013-10-25 10:25:41
Roseさんは普通評価なのね、
不思議なかんじとダブルのジェシー、
ファンには特に気に入っちゃった
クローンじゃなく、ドッペルゲンガーですね。
このコメディアン俳優の、監督デビュー作、
サブマリンがレンタルに入ったから観ようっと♪
migちゃん (rose_chocolat)
2013-10-26 20:23:27
そうなんだよねえ。他のコンペと比べちゃうとどうしてもこれは普通になっちゃいました。
テクニック的には凝ってるので、ファンやマニアさんにはウケがいいんだろうとは思う。

>このコメディアン俳優の、監督デビュー作、サブマリン
これ、前のTIFFで見逃してます。
DVDスルーだったか。私も観てみようっと。
エンドロール (まっつぁんこ)
2014-11-06 12:05:19
エンドロールの曲って何でしたっけ?
忘れました。
九ちゃんの「スキヤキ」とブルコメの「ブルーシャトー」の印象だけが残り、エンドも映画の内容も印象が薄かったです。
どうなって終わったんだっけ?(笑)
まっつぁん (rose_chocolat)
2014-11-08 11:24:34
確か、韓国語の曲だったような。
ブルーシャトー使っておいて、エンドロールでそれ?って、
もうアジアっぽいならなんでもええんかい!って思ったよw

エンディング・・・ もう覚えてません。はい。
TIFF (ituka)
2014-11-09 08:46:22
画像データのフォーマットかと思ったら(うそつけ)東京国際映画祭のことだったのね。
東京はいいな~(笑)

本作、挿入歌の選択で大失敗と決め付けましたが
あの歌を知らない他国の方にとっては何ら問題ないんでしょうね^^;

殴って気づいて飛び降りちゃったって終了(爆)
itukaさん (rose_chocolat)
2014-11-09 13:19:17
それはgiffですよね~ って
コメント欄でボケてるw

そうですよね。西洋人にとっては、
「アジアっぽいもの」ならとりあえずいいんじゃない?的な感じなんだと思います。
私たちだってヨーロッパの言語、何が何だかよくわかんないけど何か喋ってるとか、そんな感覚だもん。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

10 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ザ・ダブル 分身 /The Double (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ある日、自分と同じ姿の人間が現れて、全てを奪っていく ロシアの文豪、「罪と罰」や「カラマーゾフの兄弟」などでお馴染み ドストエフスキー著の「分身」を英語圏では初の映画化。 お気に入りのジェシ....
「ザ・ダブル/分身」(東京国際映画祭2013) (ここなつ映画レビュー)
東京国際映画祭コンペティション作品。ドフトエスキーの原作をモチーフに作られた不条理劇。今をときめくジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカが主演。 主人公の生きる世界は近未来で「未来世紀ブラジル」にも似た世界観。ただし、未来なんだかレトロなんだ...
嗤う分身 (あーうぃ だにぇっと)
嗤う分身@西荻ターニング
嗤う分身 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2.5点】(11) この映画の世界観はまるでアンダーグラウンド(笑)
嗤う分身 (2013) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 内気で要領が悪く、驚くほど存在感の薄い青年サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)。 秘かに想いを寄せるコピー係のハナ(ミア・ワシコウスカ)にもまるで ...
嗤う分身・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ホンモノの“僕”はどっちだ? ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの不条理小説、「分身」の大胆な新解釈。 ジェシー・アイゼンバーグ演じるコンプレックスの塊のような主人公は、ある日自分のドッペルゲンガーと出会う。 やがて彼は、自分とは正反対に快活で...
嗤う分身 (心のままに映画の風景)
要領が悪く存在感の薄いサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、周囲からまともに相手にされず、向かいの部屋に住む職場の同僚ハナ(ミア・ワシコウスカ)を望遠鏡でのぞくパッとしない毎日を送っていた。 ある日、サイモンと生き写しのような新人、ジェ...
映画・嗤う分身 (読書と映画とガーデニング)
2013年 イギリス原題 THE DOUBLE 原作 ドストエフスキー「二重人格」 時代も場所も不明“大佐”(ジェームス・フォックス)と呼ばれる者が君臨する世界不穏な空気の会社で働くサイモン・ジェームス(ジェシー・アイゼンバーグ)勤続7年、真....
嗤う分身 ★★★ (パピとママ映画のblog)
ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの著書を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。内気でさえない男の前に、見た目は全く同じながら性格は正反対のもう一人の自分が出現したことで、全てを狂わされていく男の姿を描く。監督はコメディアンと...
またも瓜二つの人物の出現 (笑う社会人の生活)
10日のことですが、映画「嗤う分身」を鑑賞しました。 サイモン・ジェームズはまともに周囲から相手にされず 向かいの部屋に住む同僚ハナを望遠鏡でのぞくことだけが楽しみの毎日。 そんなある日 彼と瓜二つのジェームズ・サイモンが入社し 容姿は同じでも性格は全然違う...