Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『水曜日のエミリア』 (2009) / アメリカ

2011-07-08 | 洋画(さ行)


原題: LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/THE OTHER WOMAN
監督: ドン・ルース
出演: ナタリー・ポートマン 、スコット・コーエン 、チャーリー・ターハーン 、ローレン・アンブローズ 、リサ・クドロー
鑑賞劇場: シネマート新宿

公式サイトはこちら。



オスカー女優、ナタリーの新作です。
彼女今年はこれで日本公開は4本目ですね。
試写会に当たってたんだけど行けなかった『マイティ・ソー』も早く行かなくちゃ。
予告で落ち着いた感じの雰囲気がした本作が先の鑑賞です。


いわゆる、ノーマルに始まった恋愛ではないので、
エミリアの設定自体が気に入らないと感じる方も多いかもしれません。 
が、そこで止まってしまってはこの映画はそれまで。
再構築したはずの家族。 幸せになるために作った家族のはずなのに、
降りかかる出来事がこれからの希望に満ちていた家族をゆっくりと壊していく。


エミリアにはエミリアの言い分があり、キャロリンにはキャロリンの言い分があり、
どちらも譲れない訳ですね。
キャロリンにしてみれば、エミリアは憎き相手であり、ウィリアムをないがしろにすることなどもっての外だし、
ジャックだってもちろん本能としてはウィリアムが最優先なのだろう。
しかしながらエミリアにとっては、自分も優先してもらいたいのは当然だし、
イザベルだって大事にしてもらいたいのもごく自然なんだと思う。
以前の家族で共有していたことと、今の家族で共有することとは全く異なるから。
そして共有してもらえないと感じた時に家族は少しずつ歪んでいくものである。


エミリアとジャックの出会いをさらっと描いているのも技で、ここの時系列の部分で
余分な感情移入がないのも、話をわかりやすくしている。
ここに出てくる登場人物たちのそれぞれの心模様を、
偏りなく理解できるように工夫している点も評価できる。
なので一見無茶ぶりばかりが前に出るキャロリンの背景にも、観客は無理なく納得できる。


あなたの想いと私の想い。 ぶつからないようにと思っていても、無理な時がある。
すれ違い、誤解、当てこすり。 
綺麗事ではない困難を乗り越えていく日常の繰り返しに、時には全てを投げ出したくなることもあるけど、
それでも家族は続いていく。
普通に見えても普通じゃない想いを超えて行った先にあるのが家族なのではないでしょうか。



ナタポももちろんよかったですが、
リサ・クドローですね。 彼女の鬼気迫る演技も必見でした。



★★★★☆ 4.5/5点






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (4)   Trackbacks (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ビューティフル アイランズ』 ... | TOP | 『Peace ピース』 (2010) / 日本... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は〜 (小米花)
2011-07-22 00:04:13
リサ・クドローが本当に良かったですね。
でも、自分が記事にするときは気がつかなかったぁ。。。
rose_chocolatさんの所で、そうだった〜!と思った私です。

話しの設定に無理があまりなく、突っ込み入れなくても納得出来ちゃう展開でした。
Unknown (mig)
2011-07-22 09:18:29
きゃー、リサクドローが
いいの?

私昔から好きでリサ目当てで観たいなって思ってたの、うーん水曜日過ぎちゃったな
笑)
やっぱり見ようかな。
小米花さん (rose_chocolat)
2011-07-25 07:54:18
一見、ものすごい女性とも思えちゃうんですが、
冷静になって考えると、キャロリンの言い分はもっともなんですよね。
そのあたりのメリハリをうまくつけていたリサ・クドローでした。
migちゃん (rose_chocolat)
2011-07-25 07:55:06
リサ・クドローよかったですよ!
ある意味ナタポよりも存在感あります。
ぜひ観てほしいなー。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

12 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
*『水曜日のエミリア』* ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、ドン・ルース監督、ナタリー・ポートマン、アビー・ウルフ=ワイス、レナ・ロンソン、カシアン・エルウェス製作総指揮、ナタリー・ポートマン、スコット・コーエン、 チャーリー・ターハーン、ローレン・アンブローズ、リサ・クドロー出演。
水曜日のエミリア (LOVE Cinemas 調布)
『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したナタリー・ポートマンが製作総指揮と主演を務めたヒューマンドラマだ。不倫相手と略奪婚をした主人公が自らの娘の死から立ち上がろうともがく姿を描いている。共演にはテレビドラマでの活躍が多いスコット・コーエ...
水曜日のエミリア (ダイターンクラッシュ!!)
2011年7月15日(金) 18:30〜 ヒューマントラストシネマ有楽町1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『水曜日のエミリア』公式サイト 『月曜日のユカ』のようなタイトルだが、話の内容に共通点はない。 職場の上司と不倫し、妊娠した挙句、略奪...
水曜日のエミリア (こんな映画見ました〜)
『水曜日のエミリア』---LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS  THE OTHER WOMAN---2009年(アメリカ)監督:ドン・ルース出演:ナタリー・ポートマン 、スコット・コーエン 、チャーリー・ターハン、リサ・クドロー 「ブラック・スワン」でみごとアカデミー主...
「水曜日のエミリア」、なんで水曜日なの? (カサキケイの映画大好き!)
「抱きたい関係」は観てないけれど、 「ブラックスワン」、「マイティ・ソー」、 そして「水曜日のエミリア」とナタリー出演作は今年3本目、 様々な役柄で活躍する。 この人の性格はかなり勝ち気で一本気のような気がするれど 演じる役はとても繊細なものが多い。 ...
■映画『水曜日のエミリア』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
不倫、妊娠、略奪婚! 実子の突然死、継子との不仲、前妻との確執!! 言葉にしてしまうと、なんだかセンセーショナルで、ワイドショー的な題材を描いているこの映画『水曜日のエミリア』。 ただ、内容自体はそんなに過激で下世話なものではなく、“普通の幸せ”を求...
水曜日のエミリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛する男性と結婚しながらも、打ち解けてくれない夫の連れ子、口うるさい女医の前妻などとの人間関係に悩む新人女性弁護士の姿を通して、愛と幸福について問いかける人間ドラマ。 ...
水曜日のエミリア (銀幕大帝α)
LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/09年/米/102分/ドラマ/劇場公開 監督:ドン・ルース 製作総指揮:ナタリー・ポートマン 出演:ナタリー・ポートマン、スコット・コーエン、チャーリー・ターハン <ストーリー> 既婚者の上司と恋に落ちたばかりに、不運....
水曜日のエミリア (いやいやえん)
上司と不倫のあげく略奪婚をしたエミリア。普通に幸せになりたいだけだったのに、生後まもなく亡くなった我が子の事もあってか、神経質でピリピリしている。 ナタリー・ポートマンが深い喪失感に傷つきながらも前に進もうとする等身大の女性エミリアを好演しています...
水曜日のエミリア (食はすべての源なり。)
水曜日のエミリア ★★★★☆(★4つ) 略奪婚を果たしたエミリアだが、継子はなつかず、実子は3日でこの世を去ってしまった。 うまくいかないことの連続。 それでも、人生は愛おしい 「やられたな〜」っていうのが正直なところ。 好きか嫌いかで言ったら、私は「...
水曜日のエミリア (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/THE OTHER WOMAN】2011/07/02公開 アメリカ 102分監督:ドン・ルース出演:ナタリー・ポートマン、スコット・コーエン、チャーリー・ターハン、ローレン・アンブローズ、リサ・クドロー それでも、人生は愛おしい。 ニューヨー....
「水曜日のエミリア」 (或る日の出来事)
ナタリー・ポートマン(ナタポー)主演作。