Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『風立ちぬ』 (2013) / 日本

2013-07-13 | 邦画(か行・さ行)
監督・脚本・原作: 宮崎駿
声の出演: 庵野秀明 、瀧本美織 、西島秀俊 、西村雅彦 、スティーブン・アルパート 、風間杜夫 、竹下景子 、志田未来 、國村隼 、大竹しのぶ 、野村萬斎
試写会場: よみうりホール

映画『風立ちぬ』 公式サイトはこちら (2013年7月20日公開)


宮崎駿の『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる新作は、零式艦上戦闘機(零戦)を設計した実在の人物、堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄を織り交ぜた主人公・二郎の姿を描く大人のラブストーリー。大正から昭和にかけての激動の時代を生きた人々の物語がつづられる。(Movie Walkerより)



零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計主任として知られる堀越二郎の黎明期と、堀辰雄の小説『風立ちぬ』の恋愛部分のエピソードを掛け合わせることによって誕生した本作。

堀越二郎 wiki

堀辰雄の小説『風立ちぬ』 wiki

これまでは映画ごとのテーマを前面に出し、どちらかと言えば子どもが観ることを念頭に置いて作られてきた宮崎監督作品だが、本作は明らかにお子さま向けではない。かと言って全く子どもにはわからないのかと言えばそうでもないのだろうが、小学校低学年くらいまでの子には話が大人過ぎていささか退屈に映るかもしれない。この日の試写も幼児が途中で飽きてぐずることもあった。小学校高学年くらいの子はじっと観ていることができていたので、彼らの年代にとってはこの話は入って来るものだったのだろう。

この映画では「4分間の劇場予告」があり、恐らく映画を頻繁に鑑賞する人は幾度となく本編の前にこれを観ていると思う。予告は荒井由実の「ひこうき雲」を丸ごと流しながら映画の概要をかいつまんで紹介しているものである。これを観る限り、ゼロ戦設計者の話、時勢がどんどん悪化していく1920年代の日本が背景ということで、反戦だったりナショナリズムを鼓舞する内容なのかとも推測したりもしたが、実際に全編を拝見して結果はそのどれもが違っていた。正直安堵した部分があった。



堀越二郎はあくまでも自分の目標や夢に忠実な人間として描かれている。彼の夢は言うまでもなくいい飛行機を作ること。そして輝かしい学歴を持って飛行機設計の仕事に就く。しかしながら時は1920年代、当時の日本は不景気と震災が貧困に拍車をかけ、さらに満州事変前夜の混沌とした政局にあって、技術者たちの才能や希望はその後突き進んで行く戦争に向けて費やされていったと言っても過言ではなかった。
優秀な二郎も当然その歴史の歯車の中に否応なしに組み込まれていく。いくら理想を追いたいと考えていてもそれは歴史の許容範囲の中でしか実現はできない。現状をどうしても受け入れられなくて転覆させようとする者もいたが、戦争に向かう当時は非常に決断が要る事で、生活基盤を壊してまでも反体制に走る者は少なく、大多数の人は己に差し出された運命を黙って受け入れるしかなかった。

この物語はその「大多数の人」の話なのである。普通に生まれ、才能を生かして夢を追った多くの人の話。結果その夢が叶ったかどうかは別として、夢を追うことだけは万人に許される。
全てのものは動いていく。滅びゆく。形あるものは消える。それでも人は生まれている。生まれたからには生きねばならぬ。しかし漫然と生きる訳には行かない。例え自分の運命が滅亡の方向にあるのだとしても、最後の瞬間までそれでも人は原動力がなければ生きられない。

そういう意味では二郎の夢は叶ったと言えよう。それは彼が持つ才能や努力の結果でもある。しかしながらそれは自由な時代ではなく、多くのことを制約された中での自由である。例え彼が作ったゼロ戦が一機も帰還しなかったとしても、その中での夢の実現でしかなかった。可能であれば機関銃や爆弾など積んでほしくなく、また自分が設計した飛行機が人を殺すこともなく、平和裏に夢を叶えたかったに決まっていただろうが、運命というものはそんなに綺麗には行かない。その中でも生きていくしかない。

そして菜穂子もまた「夢は叶った」。上流階級に育ち不自由なく生きてきた彼女ですら、「多くのことを制約された中で」生きねばならなかった。彼女を阻んだものはいずれ彼女を消し去ると分かっていたからこそ、二郎との再会の中で決心したことを貫き通したかった。二郎と菜穂子、二人がかけがえのない伴侶であることが互いに分かっていたからこそできた決心がある。しかしながら菜穂子にはそれをさらに上回る想いがあった。その想いは二郎へのものであると同時に、彼女自身の生き方に対してのけじめでもあったのだろう。二人の誓いを更に超えた判断、菜穂子の生き方に対する答えは、最後の堀越加代のセリフに集約されている。

それにしても、こうして約90年前の物語を観ることによって、最早その時代の空気も風景も人々の気質も、ほぼ全て劇中で目にするものの殆どが、現代の日本からは消え去っていることに気がつく。例えば縁ある者に突然自宅で挙式したいと言われた時、対応できる知恵もなければ所作も知らない。それを90年前の人は立派にやってのけたし、またそれがたしなみでもあった。
代々受け継がれてきた伝統、それは日本人が慎み深く生きていくためのものであることが多いが、それらが薄らいでいく一方で、時が流れてもなくならないものもある。例えば二郎と菜穂子の出会いのシーン。未曾有の損害をもたらした関東大震災に遭遇した時に他者に対して捨て身になれる姿勢は、先の東日本大震災でも恐らくはあっただろう。

受け継がれていくものと消えゆくもの、どちらも必定であることに変わりはない。そして自分が生まれ落ちた時代もまた様々だ。完全な自由を求めるのはいつの時代でも難しく、何らかの制約の中で人は生きねばならない。違いは、その制約が大きいか小さいかだけだろう。自分に与えられたカードがどのようなものであったとしても、人は生きねばならない。そして生きるために人は原動力を必要とする。どんなに将来が閉ざされたように見えたとしても、生きるための糧があれば、そこからまた希望が生まれてくる。

二郎も菜穂子も、そんな時代に生まれ、そして生きていった。
「風立ちぬ」の原作は、「私」と「節子」が2人に残された時間を語りながらじっくりとお互いを見つめている文学作品だが、あくまでもお互いの想いに終始していて閉鎖的な印象がある。その愛の物語を堀越二郎の半生に絡めることによって、今回映像として立体的になり、イメージもより現実的に開花していった。4分間の予告の最後の方に出てくる、菜穂子(この「菜穂子」という名前はやはり堀辰雄の小説「菜穂子」から取ったのだろうか。)が和服を来てゆっくり歩いてくるシーンなどはまさにこの小説を映画化した意義があったと思わせる。あのシーンこそが、菜穂子の夢であったからだ。
この二人に関しては生々しい描写やエロスの香りがするのも宮崎監督作品には珍しく、その分、映画を通じてテーマを投げかけるというよりも、観客が現実の世界でこの映画をどう解釈するかを重要視しているように感じる。

何がどう、と映画から言い聞かせる部分はこれまでの作風とは違って減っている。代わりにその人間にしかできない「生きた証」を残すことが本能だと改めて気づくことができ、そして監督ご自身も証を残したいと感じているからこそ、本作が生まれたのではないだろうか。
とにかく観た後に、一切他からの感想などは必要なく、また他の評を読みたいとも思わせず、自分だけの『風立ちぬ』を再度考えたくなるような作品で、こんな感覚はきっと初めてのものだ。あくまでも観た人が自らその意味を問いかけ、『風立ちぬ』を自分の人生に重ね合わせたくなるこの感覚、鑑賞した人なら恐らく合点がいくはずだろう。


★★★★★ 5/5点




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (34)   Trackbacks (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『最後のマイウェイ』 (2012)... | TOP | 蕎麦人弁慶 神保町店 »
最近の画像もっと見る

34 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
生きねば (まっつぁこ)
2013-07-18 11:00:04
「なまきねば」と読む人がいたそうです。ばかにされてましたが、
ふつう「いきねば」と読みそうなところ、よくそんな読み方できたなとわたしは感心しました。(笑)
評判の悪い声優ですが私はよかったと思います。
帝大トップの理系男子ですから(声優さん)が立て板に水のようなセリフ回しで語ったら、かえってそんなのおかしいだろと・・・(笑)
見てみようかしら。。。 (小米花)
2013-07-18 13:59:33
今日は。

この映画、86才の母が見たがってて、上映館と時間を教えてあげる事になっています。
アニメは映画館では見ない私は、私は行かない~って
言っておきましたが、rose_chocolatさんの記事読ませて頂いて、一緒に見ようかなぁと思いました。

多分、母の生きた時代と重なっているのかな、、、って思います。
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2013-07-19 07:38:40
>「なまきねば」と読む人がいたそうです。ばかにされてましたが、
>ふつう「いきねば」と読みそうなところ、よくそんな読み方できたなと
呆れて物が言えないけど、そんな人がこれ観たら一体どう考えるんだろう。考えられるのか?
この映画、日本人がそうやって知性の程度が堕落したことに対しての警鐘みたいな気がしますよ。

>帝大トップの理系男子ですから(声優さん)が立て板に水のようなセリフ回しで語ったら、かえってそんなのおかしいだろと・・・(笑)
これ、敢えて本文には書かなかったんだけど、私は違和感あったなあ。
「たあれが・・・」の部分とか特に。
まあ、監督が使うんだ!っておっしゃったんだから絶対なんだけどね。
小米花さん (rose_chocolat)
2013-07-19 07:39:53
>rose_chocolatさんの記事読ませて頂いて、一緒に見ようかなぁと思いました。
>多分、母の生きた時代と重なっているのかな、、、って
ありがとうございます。ご覧になってみて下さい。
きっと、お母様もお喜びになられると思いますよ。
ぜひお母様の感想もお伺いしてみたいです。
T大理系男子 (まっつぁんこ)
2013-07-19 22:32:50
甘くみちゃダメよ。普通じゃないから。
合コンで相手に関係なく化学の実験レポートの話を2時間する輩。よくわかってるかな(笑)
「たあれが・・・」の部分かどうかわからないけどちょっと・・・というところはあったけど全体的には、みんなが感じるほどの違和感は私は感じませんでした。ゆっけはひどいと言ってたけど(笑)
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2013-07-20 09:09:29
>甘くみちゃダメよ。普通じゃないから。
それはわかってますよ。そういう子いっぱい周りにいますから(笑)
あの、何の脈絡もない話の羅列はいい加減にしないとと思うけど、本人たちがもうあのしゃべり方とか思考回路だと無理だわな。

>みんなが感じるほどの違和感は私は感じませんでした。
早くもTwitterではかなりなdisられ方ですね。
観ないで文句言う奴はほんと止めてほしいと思いますけど(笑)
私はアンノ氏の声は違和感はありましたが、それを上回る内容の出来なので、特に問題はないと思いました。
dis (まっつぁんこ)
2013-07-20 12:14:08
そんなにひどくdisられてるんだ。
「耳をすませば」の立花隆にくらべたら1000倍よかったけど(笑)
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2013-07-20 12:41:49
まあ、わからんとか、つまらんとか、そういう意見は一切無視していいと思います。
まして見もしないで文句言う意見は論外(笑)

自分で考えさせるのがこの作品の意図だと思うので、
考えられない方はそれまでです(笑)
こんにちは (悠雅)
2013-07-20 17:15:26
お邪魔が遅くなりました。
roseさんの感想を読ませていただいていたら、
わたしは本当にこの作品に入り込めなかったのだなぁ、と改めて思います。
何歩も外から作品全体を眺めていたという感想で終わったのは残念ですが、
たまにはそんなこともあるのでしょう。
何か、どうしてもそれ以上の言葉が何も出てこなくてすみません。

悠雅さん (rose_chocolat)
2013-07-20 17:25:38
主役の声が・・・ というのは私もとても違和感あった部分でして、時々気にはなったものの、
全体を通じて訴えかけてくるもの、そこから派生していくものの方がはるかに大きく、それで相殺されてしまったというか、上回ってしまいました。

いいものは持っているのに、それがみんな消えていってしまっているのが今の日本にもたくさんある、と考えたらもう止まらなくなりましたね。
選挙の時期と重なって、一体この国はどこに向かおうとしているのだろう、もしかしたら90年後にはあとかたもなくなっているかもしれないという想いもありました。
なので、想像の部分を大きくしながらこの映画を鑑賞したのも確かにありましたね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-07-20 23:21:52
ほんと、自宅で祝言を挙げるための所作なんて誰も知りませんもんね。
そう考えると、この国が培ってきた美しいモノがこの90年ほどの間に多く失われたことか。
でもだからこそ、この映画で描かれるその「美しさ」が際立ち、またその「美しさ」を美しいと思えるDNAがまだ我々の中には生きているということでもあるのでしょうね。
どこに向かおうとしている? (まっつぁんこ)
2013-07-21 17:51:24
あまり人の感想読まないんだけど
この程度の内容で“わからん・つまらん”は残念。
せめて「風立ちぬ」くらい読もうとか(笑)
(99%読んでないと思う)
とくにバブル崩壊後は喪失の四半世紀。
色々な良いものがなくなってしまった。
90年後?を心配したくなるのもわかります。
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2013-07-22 11:06:01
90年前の日本の残り香はもうほぼなく、
そして90年後に今の日本が残っている可能性も低いとするならば、この映画、相当な警鐘をしているように思えます。
私の深読みでないといいんですけどね。
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2013-07-22 11:07:40
1920年代に日本で何があったか。
太平洋戦争とは何か。
知らない人が多すぎます。
もちろん「風立ちぬ」など読む訳もなく。

知識としての勉強をしない人が増えましたね。
日本の美しさって勤勉によっても成り立っていたんですけど。
先が思いやられます。
空いてて (latifa)
2013-07-22 12:59:22
roseさん、こんにちは!
昨晩、旦那と夜の回を見に行って来ました^^
2日目の日曜だっていうのに、半分くらい空いていて、ちょっと拍子抜け(狭っくるしくなくて良かったけど・・)

私も声は、ちょっと・・・。
二朗さんのルックスから、あの声は絶対出ないだろうって思っちゃいました。
でも、それ以外の部分で(視覚的な処が)素晴らしかったです。
latifaさん (rose_chocolat)
2013-07-23 05:34:21
日曜なのに空いてるってよかったですね。じっくり観ないとこれは損ですから。

>それ以外の部分で(視覚的な処が)素晴らしかった
声は、気になりだしたら徹底的に気になってしまうかもだけど、話に入れればそれほどでもなくなりますよね。
こんばんは (ノラネコ)
2013-07-24 21:58:36
私は二度観て、もう二郎の声は庵野氏以外はイメージできなくなりました(笑
これは面白いとかいう以上に、心が共鳴した作品でした。
二郎の作る飛行機は、イコール宮崎駿のアニメであるわけで、私も映像作りを生業にしているあたりで響くものがあったのかも知れません。
それにしてもいろいろな物が詰まりすぎて、文章にするのが実に難しい作品でした。
こんにちは (とらねこ)
2013-07-25 15:03:11
いつもお世話になってます早く見たかったので、とってもありがたかったです。
roseさんは早めにUPしてて偉いなーと思いました。私は二度目見たら、twitterでの反響にちょっと面食らってしまって。
「他の人の感想とか別にどうでもいい、自分だけの『風立ちぬ』を考えたい」って本当にそうですよね。twitterでのdisり意見を見て、あそこに居るのまでなんだか嫌になってしまいました。
とか言いつつ、やっぱりお気に入りの何人かの意見は気になっちゃうんですけどね。
言いたいことがどんどん溢れて来て、それなのにまだまだ言い切れてない気がしてます。
とは言え、二度見ても大して意見は変わりませんでした
ノラネコさん (rose_chocolat)
2013-07-25 16:44:57
>面白いとかいう以上に、心が共鳴した作品でした。
同業でしたら余計にそうですよね。
何を信念として持って職業に臨むか、二郎もですし監督もそう感じたのでしょう。

>それにしてもいろいろな物が詰まりすぎて、文章にするのが実に難しい作品でした。
すごくよくわかります。私も結構な日数悩んでこれ書いてますから(笑)
とらねこさん (rose_chocolat)
2013-07-25 16:48:12
これは、公開前にさっさと書いてしまいたかったんです。試写の段階で、公開されたら賛否両論なのは薄々わかってましたからね。
なので、誰の意見にも左右されたくなかったし。他の人の意見は読みたくない作品というのは私は初めてでしたよ。

>言いたいことがどんどん溢れて来て、それなのにまだまだ言い切れてない気がしてます。
わかりますー。結構レバンテで語りましたもんね。あの語りそのまま録音して書きたかった? 笑
Unknown (FREE TIME)
2013-07-27 21:57:02
こんばんは。
これまでのジブリになかったタイプの作品でしたが、どちらかと言うと大人向けの作品でしたね。
空の青さや風の爽やかさなどの背景がきれいでしたし、当時の厳しい世の中でも生きる事を大切にする人々の気持ちが伝わってきましたよ。
FREE TIMEさん (rose_chocolat)
2013-07-28 18:54:53
コメントありがとうございます。はじめましてかな?

大人のためのジブリでしたね。
90年後、恵まれているのにも関わらず、閉塞感を引きずっている我々に比べたら、当時の人たちは何とたくましいことでしょうと思いました。。
こんばんは~ (マリー)
2013-07-28 20:01:58
roseさんの読ませていただいて・・・なんだか恥ずかしくなったというか。。。私は、この映画を全く“見て”いなかったんだな~と思います。
どうしても“声”が気になったことは事実なんですが~
それを越えて、もっと“見なくてはいけないもの”があったのではないかな?と今になって思う次第です。

普通に結婚式を執り行っていたのが仲人さんとか慣れてるんかな~このご夫婦。なんて思ってたし・・・私ってダメですね~。

ホント、集中出来なかったのが残念だなぁ。
マリーさん (rose_chocolat)
2013-07-29 09:30:05
>どうしても“声”が気になった
この作品がだめだった方の殆どが、これを理由にされてましたね。
いつもは独特の感想を述べられている方でさえ、違和感感じてしまうとそこから入れなかったそうで、これとても多かったです。
それだけイメージは大事なのでしょうね。

昔は自宅で挙式するのが当たり前だったじゃないですか。相手の家に嫁入り行列して、挙式して披露宴もしてしまうと。
だから堀越さんの上司が何の問題もなく口上を述べることができたのも、その名残なのですよね。
アニメは (sakurai)
2013-07-31 21:20:24
普通の映画以上に総合的なものだと思うのですよね。
より一層難しく、ハードルが高くなりますが。
監督の表したかったこと、矛盾に未知な世界で、意思を成し遂げてしまったどこか後ろめたさみたいなもんなど、よーく出てたと思うんですが、その表現の仕方がダイレクトに来なかった。
どこか、遠まわし感じ、ずどんと来なかったのですよね。
なにはともあれ、いろいろと物議をかもし、話題を提供してくれることには事欠かず、やはり巨匠には違いないです。
私は根っからの手塚信者なもんで、どこかにいつもライバル心を持って見てしまうとこがあって、いけないなと思ってます。
だーりんの作品! (q 安野モヨコ様の)
2013-08-05 17:58:22
反論してる方達の話とか読むと 自分と違ってて
面白いし なるほど、そういう見方もあったか!
って私なんだ。
ただ言いたいのは
「観た人だけは言えよな」って
「ガキお子達には、この現状は理解できねーよなぁ」
時代と大人の愛と男の夢と当時
と観ちゃうと とかく 目線いろいろで
町並みも1920年代の世界観も
そこにある 音の世界っていうか
こういうのも大切で リアルだったなぁ
♪・・・私の亡き祖父って古文漢文の大家で
大学でも教えたり辞書監修もしてたけど
私に 「堀辰雄~風立ちぬ」のストーリーを教えてたのに 良いのか?! この解釈←と不安が
sakuraiさん (rose_chocolat)
2013-08-08 07:15:23
>どこか、遠まわし感じ、ずどんと来なかった
たぶんこれ、思いっきり自伝というか、映画自体が思いっきり宮崎監督の自説なんですよね。だからこそ正直に言えない部分もあって、そこが比喩になってるからわからないものは伝わらない。というか、伝わり方が1つじゃないからそうなっちゃうんだろうと思いました。
でもそれは人によりけりだから仕方ないんでしょうね。
qちゃん (rose_chocolat)
2013-08-08 07:18:02
そうそう。
観てもいないのにあれこれ言うのは間違いだよね。
観た人だけでいいと思う。
あと子どもは来れ無理だよねえ。

「風立ちぬ」は読んでるけど、これは全く別モノだよね。
むしろ「菜穂子」に近いのかも。
今晩は~ (小米花)
2013-08-10 22:31:05
母と見てきました。
アニメの映画館鑑賞は幼いころのデズニー映画以来でしたヨ。

母は街の様子などがとても懐かしくて感心してました。
え、そこなの~、、、と私。。。
今度「ALWAYS 三丁目の夕日」のDVD借りてあげるわよ~って思いましたけど(笑)。

飛行機への思いは、多分戦時中に零戦の整備兵だったダンナ(私の父)を少し被せていたかもしれないと感じました。
もちろん二郎のような天才と重ねるなんて厚かまし過ぎですけどネ。

私はなんとなく、心に直球って感じではなかったのですが、rose_chocolatの記事を読み返して、もっと心を空にしておいてから見れば良かったと反省です。

どうして、堀辰雄?ユーミン?ってチラリと思ったての、実はね。
その答えを探ろうとしたのは間違いでした(汗)。
小米花さん (rose_chocolat)
2013-08-11 15:05:42
>え、そこなの~、、、と
お母様、やっぱり昔の街の風景がお気に召したんですね。
懐かしいものに出会うとテンション上がりますもんね。

これってほとんど宮崎監督の自伝なんでしょうね。やりたいことを映画に思いっきりしましたという感じで。
だから単に観ていた方が、あとからいろいろと想像しやすいのかもしれません。
よかったです (なな)
2013-08-25 22:39:15
劇場に小学生いましたが中学年くらいかな…おとなしく観ていましたね
理解できたかどうかは?ですが。
そうですね。古き良き日本の,今は失われているところいっぱいありました。
わたしは主人公たちの恋愛もレトロでヒロインの言葉使いが美しくて
そんなところに郷愁を感じたりもしてしまいました。
どんな時代でも条件でも懸命に生きるしかないのだと
自分の人生とも重ね合わせて観てしまいました。
ななさん (rose_chocolat)
2013-08-26 18:10:26
小中学生でも、細かいところまではわからなくても、感性の鋭いお子さんならニュアンス的に汲み取っていけそうな作品でしたね。

古き良き時代、それが全く失われてしまっているのが今で、それでは今わずかに見えている日本人の良心は将来どこに行ってしまうのだろう・・・と、考えてしまったのでした。
これから先、平和ではない時代が来たとしても、誇りを失わないで生きて行かないといけないですね。
Unknown (Nakaji)
2013-10-03 10:51:11
こんにちは!
いやーーroseさんの感想見てなんか泣けてきております。

私はこの映画好きです。なんかずしーーってきました。
なんか映画からいろんなことが問われたような気がしました。
そんな映画にめぐりあげたことに感動しております。

私は初めは声に違和感があったけど、途中からそんなんどうでもよくなりました。
それだけ映画にのめりこんだのかな~って改めて思いました。
Nakajiさん (rose_chocolat)
2013-10-06 20:31:41
ありがとうございます。

これって観終わった直後がやっぱり一番感情が入る作品ですよね。
何とも言えないものがこみ上げてくるというか、言葉にうまく表せない何かというか。
これを観たあなたは如何にして生きていくのか。それを突き付けた作品でしょうね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

39 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
風立ちぬ (あーうぃ だにぇっと)
風立ちぬ@スペースFS汐留
劇場鑑賞「風立ちぬ」 (日々“是”精進! ver.F)
それは、美しい夢… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307200001/ 【送料無料】風立ちぬ サウンドトラック [ 久石譲(音楽) ]価格:3,000円(税込、送料込...
風立ちぬ (悠雅的生活)
帽子。パラソル。紙飛行機。試写会にて。
白い坂道 (僕らのドラマ)
映画【風立ちぬ】/ けれど しあわせ
『風立ちぬ』 (こねたみっくす)
人が見る夢は儚い。でもだからこそ美しい。 これは『コクリコ坂から』以上に大人の映画。しかも宮崎吾郎監督のような若造が描く懐かしさではなく、宮崎駿監督のように実体験を反 ...
『風立ちぬ』 宮崎駿と堀越二郎を繋ぐのは誰だ? (映画のブログ)
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...
[映画『風立ちぬ』を観た(前篇)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いやぁ、風が立ちまくっていました!!!  たいがい 宮崎駿監督の独りよがりの作品に思え、批判する準備をしていたのだが、あまりの傑作に驚いた。  取り急ぎ、幾つかのことについて言及しておく。  なんか、マッチョ好きのホモの映画評論家気取りが、この...
貧困国の裕福物語。『風立ちぬ』 (水曜日のシネマ日記)
1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の物語です。
「風立ちぬ」飛行機と出会い設計を志した先にみた時代に飲み込まれながら夢で見た故障しない高性能飛行機の製作 (オールマイティにコメンテート)
「風立ちぬ」は宮崎駿監督5年ぶりの新作で関東大震災から太平洋戦争に掛けて描かれ、零戦の設計者堀越二郎を主人公に堀越二郎が飛行機設計に注ぎ込みながらもその間に出会った1 ...
「風立ちぬ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
1976年の百恵・友和コンビの「風立ちぬ」も劇場鑑賞してました(^^ゞ 4つ★
『風立ちぬ』('13初鑑賞66・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:10の回を鑑賞。
風立ちぬ   ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、そして青年と少女との出会いと別れをつづる。主人公の声には『エ...
風立ちぬ (試写会) (風に吹かれて)
ジブリは後継者がいないのね公式サイト http://www.kazetachinu.jp7月20日公開宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を基に、零式艦上戦闘機の設計者として
風立ちぬ (Akira's VOICE)
生きるって切ないが嬉しい。  
天上大風~『風立ちぬ』 (真紅のthinkingdays)
 1920年代の日本。少年・堀越二郎は空に憧れ、「美しい飛行機を造る」 こと を夢見る。帝大に進学した彼は大震災の日、美しく利発な少女・菜穂子と出逢う。  宮崎駿監督5年ぶりの新作映画、スタジオ...
風立ちぬ(2013) (佐藤秀の徒然幻視録)
庵野秀明、瀧本美織サイコー!! 公式サイト。宮崎駿原作・監督、主題歌:荒井由実「ひこうき雲」。(声)庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜 ...
風立ちぬ ★★★★☆ (センタのダイアリー)
庵野英明のアテレコがひどいと言う前評判を聞いていたが、それ程のものではなかった。 確かに棒読みのセリフだが、逆に朴訥とした主人公の性格を上手く表しているともとれるし、これはこれでアリだと思う。...
風立ちぬ ★★★★☆ (センタのダイアリー)
庵野英明のアテレコがひどいと言う前評判を聞いていたが、それ程のものではなかった。 確かに棒読みのセリフだが、逆に朴訥とした主人公の性格を上手く表しているともとれるし、これはこれでアリだと思う。...
風立ちぬ (単館系)
風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、 1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。 大正から昭和にかけての日本。...
『風立ちぬ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0....
風立ちぬ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
風立ちぬ、いざ生きめやも。 改めて、宮崎駿の凄さを思い知らされた。 零戦の設計者として知られる航空機技師・堀越二郎の半生をベースに、同時代の作家・堀辰雄の代表作で、山口百恵主演の同名映画でも有...
映画「風立ちぬ」 (FREE TIME)
映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。
宮崎駿監督『風立ちぬ』いざ生きめやも。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
宮崎駿監督による「崖の上のポニョ」以来の新作。ゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに描く『風立ちぬ』主人公・堀越二郎の声には『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明監督。里見菜穂子に瀧本美
映画『風立ちぬ』観てきた (よくばりアンテナ)
久しぶりの宮崎駿作品。観なくっちゃね。 シネコンの多いこの地域で、公開後1週間で上映回数も他の映画よりも多い。 ああ、人気なんだなぁ、それに夏休みだ。 そして、週末だろうとサービスデーだろう...
風立ちぬ (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『風立ちぬ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)随分しつこく前宣伝をしていましたし(特に、松任谷由美の『ひこうき雲』入りで)、興業収入が100億円達成かなどともいわれるので、見るのをやめようかとも思いましたが、久しぶりの宮崎駿監督作品でもあり(注1....
風立ちぬ (迷宮映画館)
何につけても大きな風を巻き起こす人だ。
風立ちぬ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   戦争ものでもないし、恋愛ものでもない。   激動の昭和初期を生きてきた人間のストーリーだった。   飛行機のプロペラの回転音やエンジンの音まで   声優が演じているのに...
「風立ちぬ」 テクノロジーの両側面 (はらやんの映画徒然草)
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍
風立ちぬ   (Said q winning)
 実に 私の祖父は古文・漢文の大家だったのでこの話。勿論 知ってはいたが・・・ おじーちゃーーーーーーーーーーーーんすごーーーーーーーーーーーい アバウトに教えたのねー堀辰雄の「風立ちぬ」って  「風立ちぬ、いざ生きめやも」って言うんだけど・・・出会い...
風立ちぬ (こんな映画見ました~)
『風立ちぬ』2013年(日本 )監督:宮崎駿声の出演: 庵野秀明 、瀧本美織 、西島秀俊 、西村雅彦、スティーブン・アルパート 、風間杜夫 、竹下景子 、志田未来 、大竹しのぶ、野村萬斎 宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を自....
宮崎駿のリアル (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。 大正から昭和にかけての日本。 航空機の設計者である堀越二郎は飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという夢と菜穂子との恋を描く ジブリ、宮崎駿監督 新作! ゼロ戦の設計者・堀越....
『風立ちぬ』 美に傾いて (Days of Books, Films )
Kaze Tachinu(film review) お盆休みの一日、満員のシネコ
風立ちぬ見ましたw バレ注意w (ほかのさなぎ。)
もちろん菜穂子さんとのドラマはある程度ちゃんとしてるものの特に友人・本庄(・・・冬は二郎×本庄の薄い本あるかな(ひでぇ))とのドラマや会社での紆余曲折のドラマを深く掘り...
風立ちぬ いざ生きめやも (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【48 うち今年の試写会5】 宮崎駿さんがはこの作品を最後に今度こそほんとに長編アニメ製作からの引退するって発表した・・・そんなん言われたら観に行っとかなあかんやんか~。  大正から昭和にかけての日...
風立ちぬ (だらだら無気力ブログ!)
やっぱ主人公の声に違和感を感じてしまう・・・。
風立ちぬ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
風立ちぬ '13:日本 ◆監督:宮崎駿「崖の上のポニョ」 ◆主演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎 ◆STORY◆大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌によ...
風立ちぬ (まてぃの徒然映画+雑記)
零戦の開発者、堀越二郎の姿を、堀辰雄の名作「風立ちぬ」とダブらせて語る、宮崎駿の最新作。「風立ちぬ」といえば、松田聖子の歌が真っ先に思い浮かび、堀辰雄の小説は読んだことがないんだけど、映画を観た後にちょっと読んでみたら、二郎と菜穂子のくだりはそのまん....
風立ちぬ (いやいやえん)
戸口の狭い作品なんだなと言う印象。しかし、これをアニメーションで描ききったというところには感嘆する。 ゼロ戦の設計者の堀越さんは有名ですが、きっとゼロ戦好きの父にすれば、色々これをみて誰かに話したくなるに違いない、とは思った。私はそこまで知識がない...
風立ちぬ (銀幕大帝α)
THE WIND RISES 2013年 日本 126分 ドラマ/ロマンス/青春 劇場公開(2013/07/20) 監督: 宮崎駿 『崖の上のポニョ』 プロデューサー: 鈴木敏夫 原作: 宮崎駿 脚本: 宮崎駿 音楽: 久石譲 主題歌: 荒井由実『ひこうき雲』 制作: スタジオジブリ 声の出演...