Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ

2014-06-20 | 洋画(あ行)


原題: Edge of Tomorrow
監督: ダグ・リーマン
出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント
試写会場: ワーナー・ブラザース試写室

公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開)

ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が始まる前に、あっけなく戦死。しかし、死んだはずのケイジが意識を取り戻すと、周囲の時間は戦闘が始まる以前に戻っていた。不可解なタイムループから抜け出せず、特殊部隊の女性兵士リタとともに戦いと死を何度も繰り返すケイジは、次第に戦闘技術を磨きあげていき、やがて敵を倒す糸口をつかみはじめる。(映画.comより)


3D字幕版にて鑑賞。cocoさんの試写に当選。ありがとうございました!ワーナー試写室って3D鑑賞できるのね。
原作の桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」は未読ですが、日本人の原作がハリウッドでスターを主演に映画化されるっていうのが、観る側のテンション上がりますね。主演はいつまでも色褪せないトムさんだし。


<ネタばれ嫌いな人はここでお帰り下さい!読むのは自己責任で>










Twitterで「#戦う死ぬリピート」ってハッシュタグができちゃってる訳なんですが、話の大筋はこれです。トムさん扮するケイジ大佐は戦場で死ぬんだけどひたすら生き返る。
ぬくぬくと任務していたはずが何故か知らないけど「オマエは最前線に行け!」という一言で全然向いてない最前線に追いやられたケイジ。がっしりとしたメカスーツには慣れず、何にも訓練してないし誰も何も教えてくれないんじゃ当然としてさっさと死ぬに決まってる(笑)ですけど!最初に死ぬシーン、ここはぜひじっくり観ておいていただきたいんですね。ここが1つポイントとなっています。

死んで生き返って、また最初の場面から始まって、また死んで生き返って・・・ のループ状態なんですが、その中でもケイジはちょこっとずつ「学習」していくんですね。そしてちょっぴりずつだけど強くなって身体が戦闘向きになり、人と出会っていく。前に出会ったことがある人だとそのシーンを再現できるのでそれがわかる。トータルで「一体映画が終わるまで何回ケイジは死んだんでしょうクイズ」とかあってもいいかもしれない(笑)くらいなんですが、その中でケイジは少しずつ、自分がこうして何回も生まれ変わる理由って何だろう?と考えていきます。そしてそのカギを握るのが、戦場のヒロイン扱いになっている女性兵士・リタの存在。

リタを通じてケイジは、自分をここから救う方法、そしてリタをも救う方法を考えていきます。何百回と死んで再生して・・・のくだり、最初はちょっとまどろっこしく感じるんですが、話が進んでいくと要領よくまとめられていくのでテンポとしてはいいんですね。何回も出てくる時間軸のポイントも、気が付くと観ているこちら側が次のセリフを脳内リピートしていたりもする(笑)このあたり、まさしくゲーム感覚というか、死んでも最初からリセットすればいいじゃん的な発想じゃないでしょうか。その証拠に(そう言ってしまっては大変申し訳ないんだけど)トム・クルーズとエミリー・ブラント以外のキャラクターはほとんど記憶に残らないように作られている。それが狙いなんでしょうね。観客もゲーム参加者になるという仕組みです。

人間の記憶って、直近だとすごくよく覚えているような気がするんですが、一挙手一投足に至るまで再現できるかと問われたら意外とできない人が多いんじゃないかと思うんですね。勝つためにはどこをどうすればいいのかと考えるケイジとリタは、さしづめゲーム攻略本でも読むかのよう(笑)
ただ、リセットには条件があり、それをクリアしないと二度とリセットできない身体になる。そこからが人生本当の勝負なんでしょう。何度でもできるからいいや・・・と思っていた人もこれで最終となったら命懸け、今までいい加減にやってきたことも真剣になる。そしてそこまでしてまで戦う理由ですね。構造としてはとても単純なんだけど、それをテンポを変えて飽きさせないように見せてくれる。その構成の上手さがありました。ゲームっぽい映画、とでも言えばいいのかな。でもゲームに終わってなくてちゃんと映画になっているし、最後はよくこれだけ観たな自分!的な達成感というか、適度な疲労(?)も感じつつも見応えもしっかりあったという、単に大味に終わってない面白さがありました。夏休みまで上映あるのかな?これはおすすめです。


★★★★ 4/5点




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« XI'AN 有楽町店 | TOP | 佐藤養助 日比谷店 »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
高得点だーー! (mig)
2014-06-27 20:49:53
やっぱり死んで、それだけじゃなく記憶は残る利点で
更に攻略していこうというゲームのような話でしたねー
だから飽きちゃった。
敵を倒すってことだけに終始しているので
恋愛もいらないし、キスだけでセーフだったけど 笑
トムじゃなかったらもっと私ダメだったかも。。。。
migちゃん (rose_chocolat)
2014-06-28 01:53:23
観る前はどんなもんかいな?くらいだったんだけど、
意外とこの「戦う死ぬループ」が面白かったかも。
面白く見せてたって感じなんだよね。面白くなかったら当然評価低いけどw、ゲームしない私でも楽しかった~
トムさんってキャラ立ってるからゲーム向きなんじゃないかなと思ふ。。
こんばんは (ノラネコ)
2014-06-28 23:14:16
もしもバトルアクションゲームをリアルにやったら?って発想ですよね。
それを実に上手くSF設定に生かしている。
トム様のSFには本当にハズレがないです。
オブリビオンも面白かったもんなあ。
ノラネコさん (rose_chocolat)
2014-06-30 08:52:30
よくよく考えてみるとゲームそのものっぽさなんですよね。
ですがゲームではない。
けどちゃんと映画としての要素押さえてますしね。
上手く作ったなと思いました。
こんばんは (ituka)
2014-06-30 17:27:38
いつも指の爪のきれいな男がいきなり前線に放り込まれる設定にワクワクモノでした。
『オブリビオン』に続きトムの近未来SF映画は非常に楽しい!
ここにきて、ジョニー・デップを大きく引き離しましたね(ってなんのだよ)^^;
itukaさん (rose_chocolat)
2014-07-01 15:18:46
あはは。確かに公開時期が同じなせいもあるんだろうけど、
大きくじょにーさんを引き離すっぽい感じはありますねー。
トムさんSFものが似合うよ。ありえない設定なのにそれが似合う(笑)
お!!!おぉぉぉぉ🎶 (q わーん)
2014-07-05 16:23:07
しまったー!!!!
もっと早くroseさんのネタバレを読んでたら
コピペできたわ~(笑)
伏線がアリかと思ってたら無いので・・・
単調さはアリだったけど
楽しめちゃったので(b≧∀)グッド♪
リタにコーヒーを出すシーンとか
上手いな~っと思った
このテの作品はトムならでは!!
 この後に「殿下作品 トランセンデンス」観たけど
うーーーーーん (-_-;)
こんばんは♪ (yukarin)
2014-07-05 23:36:00
何度もループしながら強くなっていく設定は面白いと思いましたし、トムが何度も死んじゃうなんて新鮮だわと...。
確かにゲームっぽい映画ではありましたね。
qちゃん (rose_chocolat)
2014-07-06 00:09:51
ん?
すみません、どこから何をコピペかな?

申し訳ないんだけど私のブログの文章のコピペはご遠慮いただきたいんですよね。一応考えて書いてますんで。
引用しているところはちゃんと引用元出してますので、それ以外は自分で考えて書いています。
yukarinちゃん (rose_chocolat)
2014-07-06 00:11:29
戻るっていうのが面白いですよね。
めんどくさいのに1から始まる、みたいなのが。
あれ、いやんなっちゃうくらいいっぱいリピートしたんだろうなと。
 (とらねこ)
2014-07-18 14:42:16
ゲームは小学生の頃から夏休みずっとやり続けてたクチですw。ハマりました~
アクションRPGなんかだと、意外とこういうのあって、「ここまで行ってこういう会話をしたら、次は違う展開になる」みたいな。面白いんですよ~
『クロノトリガー』なんかのシリーズなんてもっと複雑で、現在と過去を行き来して、ストーリーを追っていったりするの。
私、ゲームは男の子より得意でした(えっへん)
とらねこさん (rose_chocolat)
2014-07-20 09:50:13
ゲーム得意ですか。とらねこさんらしいw
私はゲームは昔から目が疲れてどうしようもないので、だめなんですよね。
自分でやってると目が疲れてくるんで断念しちゃう。
こうやって観ているくらいが一番面白いですw
どうしても (sakurai)
2014-08-10 20:41:27
最後が納得いかず、すぐさま本買って読了。
本で納得しました。
映画はやっぱハリウッド仕様ですわな。
でも、有無を言わせない面白さと、ぐいぐい引き込む作りはさすがですわ。
sakuraiさん (rose_chocolat)
2014-08-10 20:51:56
そうなんですよね。
絶対的に面白く作ってあるんで、観ていて飽きさせない。
そこが上手かったです。
なかなか面白かったね (ノルウェーまだ~む)
2014-08-11 01:01:35
roseさん☆
ゲームっぽい繰り返しのお話なのに、ちゃんと映画として成立しているのって凄いよね。
これもトムの絶妙な表情の変化と、二人の人間として成長していくかんじも良かったのでしょう。
なかなか面白く観れました☆
ノルウェーまだ~むさん (rose_chocolat)
2014-08-11 10:14:44
トムさんだからこその話というか、
彼だからよかったよね。やっぱり凄いと思います。
Unknown (Nakaji)
2014-08-28 20:55:20
こんにちは。

>観客もゲーム参加者になるという仕組みです。

たしかに!!!ゲームでやっているような感覚ですね。あっ死んだ!あっ負けた。あっリセットみたいな・・
Nakajiさん (rose_chocolat)
2014-08-31 11:14:12
うちも子どもがゲーム三昧なんで、これ観たら?とは
言っといたんだけど、奴ら行ってませんw
ゲームみたく簡単にいろいろリセットできればいいのにね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

43 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW (我想一個人映画美的女人blog)
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な敵...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (とりあえず、コメントです)
桜坂洋著の原作をトム・クルーズ主演で映画化したSFアクションです。 近未来を舞台に戦うトム・クルーズの作品なら面白そう!と予告編を観た時から楽しみにしていました。 ヨーロッパを焦土にするような謎の宇宙生物との戦いは、めまぐるしく変わりながら繰り広げられてい...
オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥っ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Edge of Tomorrow監督:ダグ・リーマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ノア・テイラー
劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (日々“是”精進! ver.F)
ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも...
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ...
『オール・ユー・二ード・イズ・キル』 (ラムの大通り)
(原題:EDGE OF TOMORROW) ----この映画、トム・クルーズの新作だよね。 また、SFニャんだ。 「うん。『オブリビオン』に続いてのね。 しかも、トム・クルーズらしく いつもながらの変化球」 ----えっ、どういうこと? 「じゃあ。 まずはその設定から。 舞台は宇宙から....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
桜坂洋によるライトノベル「All You Need Is Kill」原作の映画として話題に。 ヘタレな主人公がヒロインと出会い、色々あって強くなって、落ちこぼれ仲間の協力を得て世界を救ってしまい、すべてはメデタシメデタシという内容に、戦争、軍隊、パワードスーツ、宇宙...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...
映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (あーうぃ だにぇっと)
オール・ユー・ニード・イズ・キル@TOHOシネマズ日本橋
[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow (勝手に映画評)
日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白いの...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム....
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (健康への長い道)
 日本の同名ライトノベルが原作(ただし映画としての原題はEDGE OF TOMORROW)のハリウッドSFアクション大作を新宿ピカデリーで。  平日だというのに、結構な人出です。 Story 近未来。地球は謎の侵略者ギタイからの攻撃を受ける。彼等のあまりの戦闘力の高さに人類...
「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター (大江戸時夫の東京温度)
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、明らかにビートルズの『All You
『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Akira's VOICE)
やっぱりラブストーリーでした。  
映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー....
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた~ (よくばりアンテナ)
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度....
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (或る日の出来事)
しょっぱなからネタばれするが…
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (ここなつ映画レビュー)
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」☆マシンガンの嵐 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
熱烈なトムちんファンのお向かいさんの予定に合わせて、ずーっと待っていたトムちん映画をようやっと観られたyo♪ 評判がそれほど高くないようだったので、ちょっと期待度を下げて行ったら、結構楽しめちゃった。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (迷宮映画館)
最近のトムちんは、本当にいい!
オール・ユー・ニード・イズ・キル EDGE OF TOMORROW (まてぃの徒然映画+雑記)
トム・クルーズ&エミリー・ブラント主演の近未来アクション。 異星からの侵略者ギタイがヨーロッパを占拠する中、各国連合軍は起死回生の上陸作戦を計画する。最前線での取材を拒否したケイジ少佐(トム・クルーズ)は、脱走兵として二等兵に降格され上陸作戦の先陣を....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
オール・ユー・ニード・イズ・キル '14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロッ...
運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (真紅のthinkingdays)
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-66.オール・ユー・ニード・イズ・キル■原題:Edge Of Tomorrow■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■鑑賞日:8月3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ダグ・リーマン◆トム・クルーズ◆エミリー・ブラント...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (銀幕大帝α)
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...
何度も死することで、 (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...
【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...