Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『BIUTIFUL ビューティフル』 (2010) / スペイン・メキシコ

2011-06-25 | 洋画(は行)


原題: BIUTIFUL
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演: ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス 、ディアリァトゥ・ダフ 、チェン・ツァイシェン

公式サイトはこちら。


こういう感じの作品って予告からすごく惹かれるものがあって。
公開初日に行ったんですが書くのが遅くなっちゃった。


アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ作品は『バベル』しか観てないのですが、
こちらも大好きです。
今回はハビエル・バルデムも起用しているし、内容としてもずっしり感いっぱいでしたので、
ラテンビート映画祭あたりでかかってもおかしくはない作品だったかなと。



主人公のウスバル。 
彼の人生は、懸命に生きようとしているのに報われないことの連続のように端からは見える。
決して楽とは言えない仕事も、理不尽とも言える元妻の要求を呑んで支えることも、
全てが子どもたちのためだったから。
普通なら金にまみれて精神までもを堕落させてしまうところなのだけど、
それをせずに、あくまでも不法入国者たちに対しても温かい視線を注ぎ続ける。
この部分で悪に染まりきってしまうのがたぶん一般的な姿なんだろうと思うんだけど、そうさせない所に、
この話をファンタジーとして位置付けたい姿勢が見える。
そして彼は、己に振りかかってくる一切の理不尽なことに対して、受け入れ続ける。
中国人・セネガル人の不法滞在者に対しての一貫した心配りも、
実は痛い目に遭っている自分に対して、鏡で見るような感覚があり、
本来なら悪役のポジションにも関わらず、出来る限りのことを尽くして接しているのかもしれない。


全編を通じて、特に結論めいたものはない。
こうなるんだ、という教訓めいたものもない。
淡々とウスバルに降りかかってくる出来事について語っている。
でも実際に、一般人の生活ってこういうものなんだと思います。
「市井の人」としての人間を描くということです。
特別ではない普通の日常、例えその中で辛いことがあっても人に裏切られても逃げられない、何をどうあがいたって変わるものではない。 
その中で生きていくために見出す精一杯の喜びがあるとしたら。
ウスバルにとってはそれが「BIUTIFUL」だった。
間違っているかもしれない、しかしそこから逃れる術がどこにあると言うのだろう。
その想いを抱えた人ならきっと、ウスバルの決意、この映画の本質に触れることができるに違いない。



★★★★ 4/5点




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Short Short Film Festival &... | TOP | フランス映画祭2011 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-07-03 21:40:55
こっちにも。
劇的なエンディングは用意されてない、でもそこに真実があった気がしました。
少なくとも父の子供たちを想う気持ちは、変にハッピーエンディングを迎えるよりも、余計に際立ったように思います。
ハビ様の演技がとにかく好きで、個人的には『ノーカントリー』よりこっちの方がいいです。
IKIRU (かえる)
2011-07-04 09:43:01
イニャリトゥといえば、アモーレス・ペロスですよ!オクタビオ!
127時間的な苦痛はエンタメであったなぁ、と今なら思えてしまうほど、本作の日々生きることの切実さには胸をしめつけられましたー。
これまでコンビを組んでた脚本家アリアガお得意の、複数の舞台の物語を並行して展開したり、時間軸入れ替えたり、という構成をやめたことで、ストレートに響く味わい深い人間ドラマに仕上がったと思えますー。
KLYさん (rose_chocolat)
2011-07-06 04:16:55
私も『ノーカントリー』よりこっちの方がいいかな。
あれは完全にフィクションの世界(であってほしい。)だしね。
実際に、本作のような境遇にある人は多いと思うし。
最後まで救われないけど、苦境にある人たちでも光を見出して誇りを持って生きることの素晴らしさでした。
かえるさん (rose_chocolat)
2011-07-06 04:20:11
実際生きるってことは綺麗事でもスタイリッシュでもなくて。
現実そのものだからね。
中国人、セネガル人とのエピソードは見ていて辛いものがありました。
誰もが生きなければならないから、裏切ることなんて想定の範囲内なんでしょうね。

時間軸入れ替えるのもうまくいけばそれなりにいいけど、
こうしてじっくりと語るスタイルはやっぱり落ち着きました。
今日は~ (小米花)
2011-07-08 16:52:17
「ハベル」私は苦手っていう印象があるのですが、自分の感想見てみたら、良かった~って書いてあって、、、(笑)。

でも、この映画は後々まで、しっかりと良かった~って思っていられるような気がします。

ズッシリ重い映画でしたが、ラストに光も見えてほっとしました。
イヘが空港に向かうシーンとか、上手いですよね~。
小米花さん (rose_chocolat)
2011-07-09 06:30:04
『バベル』、好きな映画です。
これも過去記事どっかにあったなあ(笑)

セネガル人、中国人との力関係はかなりリアルで、
厳しい現実を見ましたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

20 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
BIUTIFUL ビューティフル/あぜ道のダンディ (あーうぃ だにぇっと)
おやじが主人公の映画2本まとめて。 まず、結論から
BIUTIFUL ビューティフル (LOVE Cinemas 調布)
『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残された子供たちの為に生き抜こうとする姿を描いている。...
BIUTIFUL ビューティフル / Beautiful (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click チラシのバビ様の顔アップ、目だけでも十分訴えられる説得力とその凄い存在感 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作「BIUTIFUL ビューティフル」は6/25~公開決定 アカデミー賞主演男優賞、英国....
BIUTIFUL ビューティフル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月30日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『BIUTIFUL ビューティフル』公式サイト 「21グラム」、「バベル」の監督の人の新作。赤の他人が、どこかで関わりあっていく話が得意な...
ビューティフル BIUTIFUL (映画の話でコーヒーブレイク)
第63回カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞、アカデミー賞主演男優賞・外国語映画賞ノミネートの、 2010年メキシコ映画です。 日経夕刊「シネマ万華鏡」で黒澤明の「生きる」へのオマージュと紹介されていたので見ることに。 の数・・・いくつだったか、忘れました   ...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Biutiful」 2010 メキシコ/スペイン ウスバルに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「コレラの時代の愛/2007」「それでも恋するバルセロナ/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のハビエル・バルデム。 マランブラにマリセル・アルバレス。 アナにハナ・ボウチャ...
BIUTIFUL ビューティフル (食はすべての源なり。)
BIUTIFUL ビューティフル ★★★☆☆(★3つ) 数々のブロガーさんの鑑賞レビューを見ると評価が高かったので、楽しみにしていました! が、途中おちちゃった。。。2時間半もある長い作品。寝てて友達に起こされた でも上映後に立たないお客さんも多数で、やっぱり...
BIUTIFUL ビューティフル (こんな映画見ました~)
『BIUTIFUL ビューティフル』---BIUTIFUL---2010年(スペイン/メキシコ)監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ハビエル・バルデム 、マリセル・アルバレス 、エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ 「21グラム」「バベル」....
■映画『BIUTIFUL ビューティフル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
かねてより交際のあったスペインの名花ペネロペ・クルスととうとう結婚し、私生活でもノリにノッているハビエル・バルデム。 この映画『BIUTIFUL ビューティフル』は、そんな彼にカンヌ国際映画祭主演男優賞をもたらした作品。 『ノーカントリー』でアカデミー賞助演...
生きる男 (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「BIUTIFUL ビューティフル」を鑑賞しました。 バルセロナの裏社会で生計を立て 暮らしている男 しかし 余命が少ないと知り・・・ 2人の子ども、情緒不安定な妻 霊媒師、闇取り引き 生きるために、子どもたちのために まだ 死ねないと 必至に...
BIUTIFUL ビューティフル 生きるってことは辛いのだけど、しかししっかりと意味があることなのだ。 (労組書記長社労士のブログ)
 我が家は淀川のスーパー堤防の上に建っているマンションの川側の8階。 そういえばこの夏、夕食にお鍋をやった日以外にクーラーは一度も使っていない、寝室もだ。 扇風機だけで平気、昼間だと俺ならさすがに我慢できないかも知れないけど、妻は別にへっちゃらだそうだ、....
死にゆく者への祈り~『BIUTIFUL/ビューティフル』 (真紅のthinkingdays)
 BIUTIFUL  サグラダ・ファミリアを遥かに望む、スペイン・バルセロナの貧民街。幼い二人 の子どもを抱え、裏社会に生きる男ウスバル(ハビエル・バルデム)。彼は末期 癌に侵され、余命2ヶ月...
『BIUTIFUL ビューティフル』 石ころの意味 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「成仏」とは仏教用語である。  カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない...
■『BIUTIFUL ビューティフル』■ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:スペイン+メキシコ合作映画、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、 エドゥアルド・フェルナンデス、ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン出演。
ビューティフル (映画的・絵画的・音楽的)
 『BIUTIFUL ビューティフル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)映画の主人公ウスバル(ハビエル・バルデム)は、よくもまあこれだけあるものだと見ている方が感心してしまうくらい、たくさんの問題を次から次へと抱え込みながら、それらをなんとか解...
BIUTIFUL/ビューティフル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
バルセロナの闇社会で生きる男が余命2ヶ月と知らされ、子供たちのために奮起する姿を描く感動の人間ドラマ。監督は、「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。出演は ...
映画『BIUTIFUL ビューティフル』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-43.BIUTIFUL ビューティフル■原題:Biutiful■製作年・国:2010年、スペイン・メキシコ■上映時間:148分■鑑賞日:7月10日、TOHOシネマズ・シャンテ■料金:1,600円□監督・脚本・製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□脚本:アルマンド・...
「BIUTIFUL ビューティフル」バルセロナの朝焼け (くまさんの再出発日記)
人は、人生最後の日々に何をするのだろう という謳い文句の映画である。末期がんの宣告をされて余命二ヶ月。こういう男の物語は「生きる」を出すまでもなく幾つも作られた。しかし、予想に反して男は何かを...
BIUTIFUL ビューティフル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
BIUTIFUL ビューティフル'10:メキシコ・スペイン◆原題:BIUTIFUL◆監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「バベル」◆出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥア ...
「BIUTIFUL ビューティフル」 (或る日の出来事)
いいんだろうけどなあ。