Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『青天の霹靂』 (2014) / 日本

2014-05-14 | 邦画(か行・さ行)


原作・脚本・監督: 劇団ひとり
出演: 大泉洋 、柴咲コウ 、劇団ひとり 、笹野高史 、風間杜夫
試写会場: 東宝本社試写室

公式サイトはこちら。


39歳の売れないマジシャンの晴夫は、母に捨てられ、父とは絶縁状態。ある日、父の訃報を聞いて絶望した晴夫は、気がつくと40年前の浅草にタイムスリップしていた。そこで若き日の父・正太郎と母・悦子と出会い、スプーン曲げのマジックで人気マジシャンになった晴夫は、父とコンビを組むことに。やがて母の妊娠が発覚し、10カ月後に生まれてくるはずの自分を待つ晴夫は、自身の出生の秘密と向き合うこととなる。(映画.comより)



映画レビューサイト・cocoさんのご招待です。ありがとうございました!
配布物はチラシとティッシュ。ティッシュの外装はちゃんと綺麗な「青」でしたね。



劇団ひとり氏の、作家としての作品に触れることって、映画・小説を通じてしかしたらこれが初めてかもしれない。しかも今回はご自身で監督と出演までやってしまってますのでどんな感じなんだろう。

話自体は、現在干されているマジシャンがタイムスリップして自分の出生前の時代にさかのぼり、そこで出会った人たちと交流しながら自身もステージキャリアを積み、自分の両親に対して思っていたことに相違があって、そこから初めて親に対しての見方が変わっていくというもの。
生まれてからずーっと一緒に両親と住めていればおのずとお互い分かり合えることも多いけど、そうでない場合は誤解があったり、周囲の発言で曲解していたりというケースもある。親は自分に対してはああしてくれない、こうして欲しかったと子は思いがちがけど、その裏にある親心は明かされないこともあるからだ。子どもに今更親心を話したところでわからないと思うし照れ臭い、という気持ちがそうさせるのだろうけど、実際本心を知ってみたら想像以上に自分が思われていたことを知った人もいるかもしれない。

本作はそんな「親心」についてたっぷりと語っている。晴夫という名に込められた意味、悦子の母心、そして正太郎の思いやり。観ていくうちにその醍醐味を自分の親に重ね合わせてしまう人もいるだろう。そんな風に共感をそそられる作品である。
親が子を想う気持ちは、子が親を想うよりも絶対に上回る。そこに気が付けて初めて人として生きる意味がある。シンプルな中に描かれる、旧き良き昭和の芸人の街・浅草近辺と言えば、おせっかいなまでに他人を気遣う人間模様が懐かしい。

共感できる部分は大いにあるのだけど、その見せ方ですね。そこが単調なのが今一つ物足りなくもあった。先がどんどん読めてしまうように敢えて持って行ったのか、原作もあるのでそのあたりは不明だけど、「この人がこうなって・・・」という展開が早々にわかってしまうのも何となく間延びしてしまう。大泉洋と柴咲コウの演技をもってしてもそこは補えず、ひとり監督としての今後の課題でしょう。


★★☆ 2.5/5点



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (2)   Trackbacks (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SKE48 チームS5th 「制服の芽」公演 | TOP | 『ひなぎく』 (1966) / チェコ »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (masala)
2014-05-25 23:06:59
ご無沙汰しています。

ティーチインでのプロデューサーの話によると、最初、劇団ひとりは「少しだけ出演する」と言っていたのが、いつの間にか「正太郎役をやる」と言い出したそうです。

写真位の出演なら良かったのに、彼の性分が許さなかったのでしょう。
masalaさん (rose_chocolat)
2014-05-26 08:13:53
>「少しだけ出演する」と言っていたのが、いつの間にか「正太郎役をやる」と
ご自分の作品って想いが強いのでしょうね。
お気持ちはわかりますが・・・。
実はそうじゃない方がよかったんじゃないかという例になってました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

18 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「青天の霹靂」 (日々“是”精進! ver.F)
母と父の愛を知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405240001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】青天の霹靂 [ 劇団ひとり ]価格:535円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本映画ma...
「晴天の霹靂」☆たぶん1粒以上の涙 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
劇団ひとりが原作の「陰日向に咲く」は、悪くは無いけどそれほど印象にも残っていなかった。 そんなこともあって、『ちょっと文才があるからって本を書いたり、資金力を生かして映画を簡単に作ろうとする芸人の映画』と舐めてかかっていた。 すみません。私が間違ってお...
青天の霹靂 (勝手に映画評)
劇団ひとり、原作・脚本・監督・出演の作品。一人いったい何役なんだ(笑)。 「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」がキャッチコピーのこの作品。涙は一粒じゃないですよ。いや、実際には泣きませんでしたが、少なくとも2回泣きそうになってしまいました。ちょっと冗長だと思...
映画「青天の霹靂」@東宝試写室 (新・辛口映画館)
 今回は「Yahoo!映画」ユーザーレビュアー試写会に招かれた、客入りは9割位だ。映画上映後には二人の制作者と観客のティーチインが行われた。
青天の霹靂 (だらだら無気力ブログ!)
じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。
青天の霹靂 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密...
「青天の霹靂」自らの生まれた経緯を知った先にみた両親に望まれて生まれてきた自分に託した母の愛情 (オールマイティにコメンテート)
「青天の霹靂」は劇団ひとりが書き下ろした小説を自ら監督と出演して映画化した作品で、もうすぐ40歳目前の売れないマジシャンがある日父が亡くなったと警察から連絡を受けて自分 ...
[邦画] いい映画を観た。「青天の霹靂」 (窓の向こうに)
映画を観るのは6日ぶりである。ずいぶん久しぶりのような気がしてしまうのだから、僕も変わったものだ。ここのところいろいろな事情で時間が取れずにいたのだが、この映画だけは観たかった(それもなるべく早く)ので、無理に時間調整をして出かけた。……いい映画を観た...
晴天の霹靂 (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 劇団ひとり 出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫 【解説】 作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが...
『青天の霹靂』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タ...
青天の霹靂 (映画的・絵画的・音楽的)
 『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思わなくなったのは」、「昔は、周りの奴らは“普通”の人生しか歩め...
映画・青天の霹靂 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 劇団ひとり、初監督作品 売れないマジシャン・轟晴夫(大泉洋)生れて直ぐ父・正太郎(劇団ひとり)の女性問題で母・悦子(柴咲コウ)は家を出てしまう正太郎に育てられたが、高校を卒業後、家を出てからは絶縁状態になっている もう20年も薄汚れた...
今週末(5月24日)公開の映画 (あーうぃ だにぇっと)
今週末5月24日公開の映画は珍しくたくさん観たのでオススメ度を評価してみたい。 評価基準は次の通り ★★★★★ 絶対のおすすめ作で見逃し禁止 ★★★★  おすすめ。鑑賞料金以上の価値あり ★★★    ふつう。前売券買ってみてください ★★     時...
ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画〜『青天の霹靂』 (真紅のthinkingdays)
 場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップする。そこには、若き日の父・正太 郎(劇団ひとり)と、身重の...
青天の霹靂 (とりあえず、コメントです)
劇団ひとりが自身の原作をもとに、大泉洋&柴咲コウを迎えて創り上げた家族のドラマです。 「陰日向に咲く」も好きだったので、今回はどんな物語を綴っているのか気になっていました。 両親の秘密を知る主人公の姿に、この父親の愛情って分かり難いなあと思いながらもほっ...
No.386 青天の霹靂 (気ままな映画生活)
売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ...
「青天の霹靂」 生かされていることを知る (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレしているのでご注意ください> 主人公、晴夫は売れないマジシャン。 彼は
「青天の霹靂」:感覚がベタで古くて・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『青天の霹靂』は、劇団ひとりの初監督作品ですが、間違えて『陰日向に咲く』を撮