Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ

2014-09-11 | 洋画(さ行)


原題: Jersey Boys
監督: クリント・イーストウッド
出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン
試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開)

公式サイトはこちら。


「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕生秘話を描いたドラマ。2006年トニー賞でミュージカル作品賞を含む4部門を受賞した、人気ブロードウェイミュージカルを映画化した。アメリカ東部ニュージャージー州の貧しい町に生まれた4人の若者たち。金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかったが、彼らには類まれな美声と曲作りの才能があった。4人は息の合った完璧なハーモニーを武器に、スターダムを駆けあがっていく。(映画.comより)


噂のイーストウッド作品、試写も倍率が高くて行けたのが本当にラッキー!としか言いようのない内容でした。
ぜひとも再見したいものです・・・

フォー・シーズンズの成り立ちをベースにしていますが、私はもちろんこの世代じゃないです。世代じゃないし、予備知識も一切ないまま観てますがそれは全く問題なし。

フォー・シーズンズ Wiki


音楽映画は元々好きで大体観るようにしてるけど、ほぼドキュメンタリーに近い内容を扱うだけに、音楽をテーマとしてよい映画にするにはまるまるドキュメンタリーにしていくか、あるいは思い切ってドラマ部分を増やしていくか、どちらかだと思っている。中途半端に歌を入れてみたり、ミュージカル仕立てにしてみても、結構凝ったのになあ・・・ と思うくらい入れてみても実は観終わってから印象が薄いのもある。
本作はもちろん後者で、フォー・シーズンズの結成からスターダムにのし上がり、そして時代の流れと共にグループが変化していく様を描きながら、メンバー間に起こる葛藤を折り込んでいる。

音楽ユニットを大成させるためにはそこに様々な困難が待ち受ける。商業的に成功を収めなければやっていけない訳で、そこにたどり着くまでには当然売れなければならず、良い楽曲に恵まれメンバー自身も人気が出なければならない。この条件を書き出すとさらっとしているけどここに達するまでの何と途方もない苦労が待っているか、それはミュージシャン自身がよくわかっているとは思うけど、観る側としてはそこまで思い及ばないのが実感である。作り出す側がどれほどの苦労を重ねてきたものであっても、観る側はそんなことは関係なく優劣をつけたりする。しかし観客はいいものはいいと評価するものでもあって、ここがショービジネスの魑魅魍魎とした部分でもあるのだろう。多くの困難や批評に必ず傷つくとわかっていても、その極みを目指す人が後を絶たないのも、音楽の世界の魔力でもある。

本作ではフランキー・ヴァリ、ボブ・ゴーディオ、ニック・マッシ、トミー・デヴィートの4人の相関関係にポイントを置いている。名実ともにフォー・シーズンズの顔であるヴァリ、威勢はよく仕切り屋だが同時に問題も抱えたトミー、キーポイントとなる楽曲担当となることで実質的にグループの中心だったボブ、そしてそんな3人の陰に霞みがちなニック。グループを維持させるためにはメンバーのバランスが取れてなくてはいけないが、長年活動しているとどこかでひずみは生じてくる。そしてその根本的な問題は個人の性格や資質にあることが殆どだ。トミーはフォー・シーズンズのデビューの貢献者なだけに、他のメンバーにも恩を着てもらいたかったのだろうし虚勢も張りたかったのだろうけど、結果それがグループの足枷となっていく。こういう経過を見ていると、組織が崩れていく様子はどれも同じなのだなと考えさせられる。

普通ならば、というか常識的には、組織に迷惑をかけた人間は去ってもらうのが常だけど、ここが彼らのドラマたる所以で、トミーの持ち込んだ問題に関して、ヴァリは通常ではまず考えられない方法を提案していく。何故そんなことを言い出すのか、トミーを支えることに何の意味があるのか。見ている側もそう思うはずだし、もし自分なら絶対そんなリスクは負わないはずなのに、敢えて引き受けるヴァリ。そこに彼らが培ってきた「ジャージー・ボーイズ」としての絆があるからだろう。まだ売れていない時代、街灯の下で懸命に練習したあの日、共に分かち合ってきたあの苦労を忘れないと。成果至上主義、利益が絶対である現在の風潮に、敢然と反旗を翻していくイーストウッド監督ならではの筋書きである。

表ではメンバーの苦悩の道のりを描くが、ヴァリのそんな行動を裏付けるものもまたあって、娘に対しての助言を通じてここに監督の本音が見えているような気がする。やさぐれていても仕方ない、お前がするべきことは何なのか。表面的には華やかなスターであっても家族のために身を粉にして働いてきたヴァリに対して、家族は万全に理解していた訳ではなかった。常に不在のヴァリへの不満やら寂しさやら、長年に渡る鬱積した想いを抱えながら過ごしていれば話も聞きたくなくなるのが当然だろうけど、それでも厳しくも温かな目を向けるヴァリの姿。
物事は一面的な方向からの判断はできない、その裏側までも見て行かないと、真意というものは伝わらない。1人の人間が何を考え、どんな判断をしていくか、精一杯生ききっている姿を万人に見てもらう訳にはいかないけど、人となりというものを誰かに伝えることができたならばその人の生きる目的というものは達成できるのではないか。もう84歳にもなる監督の言葉かと思うと少しさびしい気もするけど、これほどまでにパーフェクトな作品を生み出してくれているのだから何としてでも長生きしていただきたい。

フォー・シーズンズのキャストは当然ですが全員歌える人たちで、中でもヴァリ役のジョン・ロイド・ヤングはブロードウェイ版でも主役を務めた俳優。安心して観ていられる。その他のキャストではやはりクリストファー・ウォーケンがいいですね。
そしてどこを取っても完璧な配分で作られていて、どうかすると淡々となりがちな音楽映画につけていくアクセントが上手い。他を寄せ付けない完成度の高さ。エンドロールにも劇中の、とあるセリフのワンシーンをそのまま再現した粋な映像がありますねー。こんなところなんて涙が出るほど素晴らしい。もっとずっと観ていたいような、そんな感慨深さすらあります。


★★★★★ 5/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (24)   Trackbacks (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『舞妓はレディ』 (2014) / 日本 | TOP | ちちぶ映画祭2014 ~巡礼~ »
最近の画像もっと見る

24 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今週 (まっつぁんこ)
2014-09-27 10:19:40
今週はこれだ!と思うけど
劇場版 零 ゼロ
とかのほうが入るんでしょうか?(笑)
まっつぁん (rose_chocolat)
2014-09-27 10:21:22
そう思うとなんか虚しいわな。。
シェリー (ituka)
2014-09-27 22:10:58
この歌はワタシも好きな曲でしたが、他はまったく知りません(笑)
本作、フランキーの人間性に尽きますね。
こんな仕事じゃなかったら幸せな家庭生活を築いていたことでしょう^^;
満点ですね (maru♪)
2014-09-28 01:55:33
TB&コメントありがとうございました!

roseさん満点ですね~♪
さすがクリント・イーストウッド監督ですよね!

ジョン・ロイド・ヤングの声を最初に聴いた時はビックリしましたけど、
あの声でこそ!なんですよね★
itukaさん (rose_chocolat)
2014-09-28 16:22:20
シェリーと、君の瞳しかしらないけど、
よかったわーこれ。
フランキーも悩みながらも貫いたものがありましたね。
maru♪ちゃん (rose_chocolat)
2014-09-28 16:23:16
ジョン・ロイド・ヤングの起用は大正解でしたね。
本作、彼しかありえないです。
さすがのイーストウッドとしか言いようがなかったですね。
こんばんは♪ (yukarin)
2014-09-30 23:03:36
おー満点ですね!
私も音楽映画は好きです。
それにイーストウッド監督作品は好きなのですが、今回もハズレなし!とても良かったです。

ブロードウェイ版のキャストを起用したのがいいですね。
こういう作品はちゃんと歌える方でないと!!

個人的にはクリストファー・ウォーケンを久々に見られて嬉しかったです。お元気そうで 笑
yukarinちゃん (rose_chocolat)
2014-09-30 23:41:30
クリストファー・ウォーケンは、直近だと『25年目の弦楽四重奏』って作品がとってもよかった。
ぜひご覧くださいね。
これも音楽映画だけど。

歌えるってすごい大事な要素ですよね。
音楽映画なんだから。
これは大成功でした。
Unknown (mig)
2014-10-01 11:38:41
今回評判いいですよねー
前3作のイーストウッドのダメだったんだけど
今回は良さそうだけど
風邪で沢山観れないからDVDにまわそうかなと。笑
おおっ満点! (とらねこ)
2014-10-01 12:55:40
大満足印の満点がついてますね◎素晴らしい!
バンドや音楽グループの人間関係って、元々地元の仲の良い友達同士で組んだものでも、空中分解してしまうのは良くあることなんですよね。そのパターンかと思ったら、最後まで諦めない。さすがイーストウッドならではの温かみがあって、心を動かされました。

『ドリームガールズ』のような作品とはひと味も二味も違いました。
migちゃん (rose_chocolat)
2014-10-01 13:32:15
ここんとこ地味目なのが続いてたからね。監督。
でもこれよかったよ~。
ぜひシアターで観てほしいなあ・・
とらねこさん (rose_chocolat)
2014-10-01 13:34:35
これ好きよーー。
バンドに限らず人間関係をうまく保つのって難しいけど、
その利害が顕著なのがバンドなんだよね。
特に売れれば売れるほど難しいと思う。
でもそこをきっちりとストーリーとして描いていたのが
さすがでした。

>『ドリームガールズ』のような
あれはとってもにぎやかというか、エンタメ要素でしたけど、
本作はあくまでも人間模様中心でした。
こんばんは (ノラネコ)
2014-10-03 23:12:49
イーストウッド先生には是非ダメな映画を作って欲しいのです。
これ程までに高打率を見せ付けられると、絶対先生はダメなセオリーもキッチリ持っているはずだと思うのですけどねえ。
後進へのお手本として一本作ってくれないかなあ( ´ ▽ ` )ノ
ノラネコさん (rose_chocolat)
2014-10-04 06:05:30
>絶対先生はダメなセオリーもキッチリ持っているはずだと
お遊びで観てみたいもんですよね。
タラちゃんみたくB級って敢えてくっつけて作ってほしいもんです。

これはもう、文句のつけようがないでしょうね。
こんばんは~☆ (kira)
2014-10-04 21:10:23
熟成してるから、なのか、
サラッとしていて肌に優しく、上質で無駄がない。
やっぱ、満足させられますよねぇ~。監督~♪
kiraさん (rose_chocolat)
2014-10-07 07:35:18
無駄もないし、何といっても
粋でしたねえ。いい映画でした。
「君の瞳に恋してる」 (ボー)
2014-10-08 08:46:39
…は小泉今日子さんも初期のコンサートで歌いました。大好きな曲だし、ヴァリが歌ってたのは、ごく最近知ったことで、この映画を観たときは忘れてました…。
うん、いい映画。
ボーさん (rose_chocolat)
2014-10-15 10:38:16
この曲のルーツってこれだったんだあ・・・というのが
じっくりわかりました。
好きな曲だしね。小泉さんも歌ってたんだ。
じんわり (q 粋でじっくり)
2014-10-16 22:40:49
イーストウッド監督の作品って
作品毎にそれぞれのコンセプトが「ガッチリ」してて
ブレ無い安定なのよね
今作品も見事に安定!イーストウッド監督
質の高い作品で またまた変わらず、じんわり
前輪の浮き上がった車が夜の街を 迷走
金の重みに後輪をとられ・・・

長身のエリック・バーゲンが
カウンター席で斜め後方を振り返って・・・
  粋で じっくりの作品だったよ~

qちゃん (rose_chocolat)
2014-10-17 10:37:06
イーストウッド作品、それぞれ好みはあるけど、確かにブレはない作風ですね。
作品の当たり外れは個人個人違うと思うけど、貴重な存在です。
こんにちは ()
2014-10-24 13:12:59
>もっとずっと観ていたいような

ほんとにそうですね。御大は、次はクラシック音楽を素材にしたいなんて言っているようですから期待してしまいます。

「君の瞳に恋してる」はご本人のはもちろんいいけど、『恋のゆくえ』でミシェル・ファイファーが歌ってたのが記憶に残ってます。
雄さん (rose_chocolat)
2014-10-31 10:21:23
クラッシックですか。それはまた、いいものが出来そうな気がします。

>「君の瞳に恋してる」
これはもう、ボーイズ・タウン・ギャングしか知らなくて。
こんな話があったんですね。
こんばんは。 (えい)
2014-11-22 20:17:17
rose_chocolatさんから拙ブログにいただいた
「ミュージカルとは思わなかったですね」というコメントの後に、
同じご意見のブロガーさんが…。
なかなか興味深かったので、
参考までにご紹介させていただきますね。
ナドレックさんの「映画のブログ」です。

『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない
http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-509.html
えいさん (rose_chocolat)
2014-12-04 03:30:37
コメ返遅くてすみません~

ナドレックさんはいつも的確ですよね。
読みにいってみます。ご紹介ありがとうです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

44 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジャージー・ボーイズ (あーうぃ だにぇっと)
ジャージー・ボーイズ@一ツ橋ホール
ジャージー・ボーイズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 「シェリー」と「君の瞳に恋してる」しか聴いたことがない^^;
『ジャージー・ボーイズ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.09.11 『ジャージー・ボーイズ』(試写会)@一ツ橋ホール ハリウッド・ニュースで当選! ありがとうございます!! これはスゴイ見たかったので、バレエのお稽古休んで行ってきたー 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(感想はコチラ)より先に見たけど、公開日の関係で後...
『 ジャージー・ボーイズ 』君の歌声に恋してる (映画@見取り八段)
ジャージー・ボーイズ~ JERSEY BOYS ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリ...
ジャージーボーイズ 君の瞳に恋してる (まぜごはん)
昨日は無事「ジャージーボーイズ」を観に行くことができました。 公式HP ミュージカルの舞台をクリント・イーストウッド監督が映画化したものだそうです。 舞台の公式Hp 1951年。町を出るには入隊するか、ギャングになるか、有名になるかしかないニュージャ...
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
『ジャージー・ボーイズ』 (ラムの大通り)
(原題:Jersey Boys) 「さて、 今日はぼくの中で、 本年度の一、二位を争う作品『ジャージー・ボーイズ』のお話」 ----えっ、“ジャージー”… “ジャージ”じゃニャいの? 「フォーン、とぼけているでしょ。 それは『ジャージの二人』、日本映画の方。 こちらは、ブロ...
ジャージー・ボーイズ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Jersey Boys監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・パッツア、クリストファー・ウォーケン
[映画『ジャージー・ボーイズ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ミュージカルでロングランを続けている、フォー・シーズンズの伝記をクリント・イーストウッドがきっちりと撮りあげた良作。  二時間強、その時代を、世界を堪能しました^^  サザン(てゆーか、桑田佳祐)やユーミンなどにも同様に思うのだが、今、クリント...
ジャージー・ボーイズ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年米国 上映時間:134分 監督:クリント・イーストウッド  クリント・イーストウッド監督の最新作は、これまでの作品とはかなり毛色の異なる作品であった。なんとビートルズ以前に最も人気を誇ったアメリカのポップスグループであるザ・フォー
映画「ジャージー・ボーイズ」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 映画.comさん主催「イーストウッドファン限定試写会」に参加した。客入りは9割くらいだ。
ジャージー・ボーイズ (試写会) (風に吹かれて)
契約書は握手 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys9月27日公開ブロードウェイミュージカルを基にした映画 製作・監督: クリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ (心のままに映画の風景)
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤン...
「ジャージー・ボーイズ」:ほろ苦&ほの甘 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ジャージー・ボーイズ』は、無形文化財的巨匠となったクリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。[あらすじ]ベルヴィル。そこは犯罪が日常茶飯事というニュージャージーの最貧地区。1951年、イタリア系移民が多く住むこの街で、しがないチンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィートは、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カ...
ジャージー・ボーイズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニー....
映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(....
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
『ジャージー・ボーイズ』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、 1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の 結成、成功、解散、リードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる 「君....
ジャージー・ボーイズ (映画の話でコーヒーブレイク)
恥ずかしながら音楽に合わせて身体を動かすのが苦手なわたくし。 学生の頃、地区センターのジャズダンス教室の人数が少ないからと駆り出され、数回体験参加 した際に使われていた曲が「君の瞳に恋してる」でした。 この楽曲誕生の裏にこんなドラマが…というか、この曲が...
ジャージー・ボーイズ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
巡りゆく四季、巡りゆく音楽。 トニー賞受賞のブロードウェー・ミュージカルを原作に、巨匠クリント・イーストウッドが作り上げた瑞々しい音楽映画。 1960年代、時代を牽引した伝説的ポップスグループ、“ザ・フォー・シーズンズ”の実話を元に、アメリカンドリームの...
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
『ジャージー・ボーイズ』 (こねたみっくす)
「君の瞳に恋してる」に込められた様々な想い。 元はブロードウェイミュージカルだったものを舞台俳優をそのまま映画俳優として起用した、この良くも悪くもクリント・イーストウ ...
『ジャージー・ボーイズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリ...
ジャージー・ボーイズ (2014) (雪野一八五のシネマダイアリー)
〈あらすじ〉 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃き溜めのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もない彼らだが、天性の歌 ...
「ジャージー・ボーイズ」 (或る日の出来事)
あ、そうだった! この曲は彼が歌ってたんだ!!
ジャージー・ボーイズ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Jersey Boys監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・パッツア、クリストファー・ウォーケン
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき (はらやんの映画徒然草)
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
ジャージーボーイズ 音楽の力と名曲。ブレ無い描きで名演作 (Said q winning)
監督 : クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニーニストーリー:ニュージャージー州の貧しい町で...
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら....
映画『ジャージー・ボーイズ』 (健康への長い道)
 クリント・イーストウッド監督の新作『ジャージー・ボーイズ』を新宿ピカデリーで。元は同名タイトルの人気ブロードウェイ・ミュージカルです。  ビートルズ以前、1960年代に世界を席巻した人気グループ、フォーシーズンズの歩みを基にした作品だそうです。ちなみにミ...
『ジャージー・ボーイズ』 職人技の冴え (Days of Books, Films )
Jerjy Boys(viewing film) ブロードウェー・ミュージカルを
映画「ジャージー・ボーイズ」 (FREE TIME)
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
ジャージー・ボーイズ (とりあえず、コメントです)
1960年代に一世を風靡した4人組“ザ・フォー・シーズンズ”の誕生から現代までの姿を描いた クリント・イーストウッド監督の最新作です。 公開前から楽しみにしていたのに、忙しくて最終日に駆け込みになってしまいました。 楽しい音楽と友情と主人公の男気ある姿に、胸を...
ジャージー・ボーイズ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年10月27日(月) 20:55~ 109シネマズ川崎3 料金:1300円(レイトショー) パンフレット:未確認 割と淡々としている。 『ジャージー・ボーイズ』公式サイト 浮き沈みが激しかったり、薬に溺れたり、メンバーが憎みあったりと、ドラマティックな展開を見...
「ジャージーボーイズ」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春...
ジャージーボーイズ (映画に耽溺)
「2009年のなにかの統計で見たんだけどさ」 「なによ、いきなり」 「日本人が映画館に出かけて映画を観る回数って年に1度なんだって~~~」 「あら~~そうなの??」 「うん。」 「でもさ今はDVDとかブルーレイとか通信回線でってのもあるしおウチでご覧に...
映画『ジャージー・ボーイズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-78.ジャージー・ボーイズ■原題:Jersey Boys■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:134分■料金:1,800円■鑑賞日:10月4日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:クリント・イーストウッド◆ジョン・ロイド・ヤング◆エリック・...
『ジャージー・ボーイズ』 ~光と影が映し出す人生賛歌~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の...
ジャージー・ボーイズ (いやいやえん)
【概略】 ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。 ドラマ フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というく...
また新たなイーストウッドの鮮やかな (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。 コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて~と叫びたい不満があった。 ...
ジャージー・ボーイズ (のほほん便り)
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、び...