Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

『WOOD JOB ! (ウッジョブ) 神去なあなあ日常』 (2014) / 日本

2014-04-29 | 邦画(あ行)


監督・脚本: 矢口史靖
原作: 三浦しをん
出演: 染谷将太 、長澤まさみ 、伊藤英明 、優香 、西田尚美 、マキタスポーツ 、有福正志 、近藤芳正 、光石研 、柄本明
試写会場:東宝本社試写室

公式サイトはこちら。 (2014年5月10日公開)





映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行ってきました。ありがとうございます。

大学受験に失敗し、彼女にもフラれて高校を卒業した平野勇気は、林業研修プログラムのパンフレットが目に留まる。その表紙でほほ笑む美女につられ、ケータイの電波も届かない田舎の神去村で林業の研修に参加することになった勇気だが、想像を絶する現場の過酷さに、早くも逃げ出したくなる。しかし、パンフレットの美女が村に住んでいることを知り、そのまま田舎暮らしと林業を続けていくことを決意するが……。(映画.comより)

予告が本当に面白そうなんですよねー。
「あれが股をヒルにやられたやつ・・・うぇぇぇ」って子どもがのけぞるあのシーンがすごいツボに来てて(笑)

就職、進学と進路に迷う高校生。たまたま目にしたパンフに惹かれてそれに応募するってところが何だかロックンロールだなと思うんですが、後先考えないで思いついたものに行くって若いときしかできない体験。かわいい子が待ってるからって不純な動機だけを楽しみにしてきた勇気には、林業の険しさはまるで想像がつかなかったのは言うまでもない。

日本の林業って今はどうなんでしょうね。第一次産業なので若い人は敬遠してしまうのかもしれません。そこに何のためらいもなく飛び込んでしまう勇気の無鉄砲さもすごいけど、それ以上にもっとすごいのは林業のハードワーク。映画ではきちんと伐採の様子を実写で説明していて、それを丁寧に俳優が演じているのも見どころ。チェーンソーの扱い方なんて皆さん相当練習したんだろうなというのが伝わってきます。特に伊藤英明なんですよね~。海猿で鍛えぬいた肉体、一人だけ目立ち過ぎというか悪目立ちくらいな感じなんですが(苦笑)、でもその鍛えっぷりが逆にこの映画ではぴったり来る。

ではこれは単純な「今時若者の林業挑戦コミカル物語」って訳でもなく、そこには林業を生業としてきた人々の伝統も垣間見える。古くから伝わる「杣人(そまびと)」の文化を今にどうつないでいくのか、林業の存続だけじゃなくて文化の存続もかかっている。クライマックスの祭りのシーンなんかは、ただの大騒ぎやお笑いだけじゃなくて、その方法にもちゃんとしきたりが受け継がれているのがわかる。村人たちの日常も今風な部分と変わらぬ伝統を併せ持ってるし、そのスピリットが日常的に健在なのも興味深い。。女人禁制とかもたぶんあるんでしょうね。男性と女性のお祭りの役割がきっちりわかれてるのも民族学的な部分から見るとすごく面白い。

そして村人たちの日常が笑わせてくれる。飯田ヨキ一家の夫婦のあれこれもユーモラスだし、勇気と直紀の恋の行方も割とあっさりとはしているんだけど気になるように描かれている。こういう部分で思いっきり、しかしながらすっきりとした笑いをくれる作品でもあるんだけど、そういった伝統とか林業そのものを役作りとして取り入れている俳優陣も見どころなんですね。皆さんすっかり馴染んでます。
矢口監督としては、原作物があるのは初めてなんだそうですが、むしろその方が持ち味が出ているように思う。原作のアレンジの仕方がうまかった。そして三浦しをんさんの原作にも、どのくらい民俗学的なことが書かれているのか興味出ます。
染谷くんの成長もいいんだけどやはり伊藤英明かな。山でもちゃんと伊藤英明してるのが爆笑。エンドロール後も映像ありますんで帰らないでね。


★★★★☆ 4.5/5点





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ワールズ・エンド 酔っぱ... | TOP | 2014年4月 観賞記録 »
最近の画像もっと見る

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待以上 (まっつぁんこ)
2014-05-10 20:52:16
期待以上の出来でした。
ということは・・・
ヒットしないってことですね(笑)
まっつぁん (rose_chocolat)
2014-05-10 21:38:13
そう来るかい(笑)
ヒットしてほしいねえ。面白いのに。
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-05-10 23:56:53
伊藤英明さんは海よりも山が似合いますよね。
特にあの鍛えられた肉体にはふんどし姿がよく似合うこと。
これからもふんどし俳優として頑張っていただきたいです。
にゃむばななさん (rose_chocolat)
2014-05-11 12:24:58
>ふんどし俳優
超・ドはまりでしたねえ。彼がこんなに山が似合うとは思いませんでした。
あの無駄に鍛えた肉体がこんなとこでも十分役立ってます(笑)
楽しい作品でした。
染谷将太 (ituka)
2014-05-11 20:56:59
おそらく彼の映画ではいちばん好きかも知れません(笑)
都会っ子で適当に無難に生きればいいや!な少年が
いろいろ揉まれてあんなに逞しくなっちゃって。。。

ストーリーはベタでも舞台が新鮮だったので大満足!(笑)
ちなみにワタシは長澤まさみのこと『岳』からファンです(笑)
itukaさん (rose_chocolat)
2014-05-12 07:07:27
染谷くんの作品は私も結構観てますけど、
同じく好きな作品ですね。
いろいろな役にチャレンジできてるって役者として幸せなことだと思います。
ほんと、新鮮な感覚でしたね。こういう作品がまだ邦画でもできるんだとうれしくなりました。
こんばんは。 (えい)
2014-05-15 23:03:54
これは、もうどこを切ってもオモシロい、
その一言で、
ほかには何もいらない、
そんな映画でした。
前半は、矢口監督独自の笑いの中に、
いまの日本の林業の置かれている状況と
若い人たちの生き方への考察、
その両輪で物語を進め、
後半では、一気に土着的な世界に
しかもファンタジーの衣をまといながら突入してゆく。
正直、矢口監督に
ここまでバイタリティ溢れる映画作りができるとは
思っていませんでした。
不明を詫び、深く反省。


山猿 (悠雅)
2014-05-15 23:31:28
こんばんは。
本作の伊藤英明を評して「山猿」と言われた方がいらして、笑ってしまったんですが、
そう言いつつ、わたしは海のほうは1作も観てないという…
でも、こんな役ができる人だったんですね~。

笑いどころもたくさんあったのに、
多くの場合、映画になど登場しない、ローカルなスーパーが映った時の試写会場のどよめきが一番大きかったのが可笑しかったです(笑)
矢口監督 (sakurai)
2014-05-20 15:54:22
そこだけで、どっか安心して、劇場までわざわざ・・という人が多いのかもしれませんね。
絶対面白いのはわかってる!だったら」見てよ!!なんですがね。
数少ない、一緒にお酒飲んで、お話できた監督さんです。
大好きな監督さんで、それを直接伝えることができて、本当うれしかったです、、、、その節はなんですが。
全体の構成がさすがのうまさでしたね。矢口監督の作品は、心が満たされます。
えいさん (rose_chocolat)
2014-05-23 06:29:21
本当に面白かったですね~。
素直に笑える作品っていいなと思います。
私も矢口監督はただストーリーが楽しい監督だとばかり思っていたんですが、さらりと深刻な林業の現状を織り込みつつも、楽しめる作品に仕上げるのはさすがだと思いました。
悠雅さん (rose_chocolat)
2014-05-23 06:30:29
私も、海の方は全く未見なんですが、
伊藤英明さんという人柄が見える作品でもありましたね。

そのスーパー、すっかりチェック忘れてました。
調べてみようっと(笑)
sakuraiさん (rose_chocolat)
2014-05-23 06:32:27
>数少ない、一緒にお酒飲んで、お話できた監督
うわ~ それは貴重でしたねー。
いいないいな。
私も某監督とすごくお近くで飲ませていただいた機会があったんですが、小心者で何もお話しできなかったのを思い出しました。
せっかくなんだから話せばよかった(笑)

これ本当に楽しかったです。仰る通り構成もよかったし話もいい。
ファンなのよ (q やっぱり好き)
2014-05-30 14:20:13
さすが 矢口監督作.
大好きで欠かせないから速攻観(*^^)v
で~も~映画館に人が救くなすぎてたわ
何故!?!!この 「うんおもしろいよっっっっ!」なのに~

笑うだけでない「根底」もきちっと描いて
引き込まれたわ~
こういう世界の「本職」の方達は
多くを語らず黙するから
現場の「現状」ってわからなかったけど
そうか!!!!なるほどね~ にやにや🎶
こういう世界なのか~ ほほぉ ( ̄ー ̄)🎶
って頭に入ったな~

海猿したら山猿になって
やっぱりガタイのハードな世界だったなぁ
qちゃん (rose_chocolat)
2014-06-03 09:11:31
矢口作品は何本か見てますが、これ一番好きかも。
次に好きなのは『ハッピーフライト』。

伊藤くんよかったですよねー。
立派に山ゴリラだとおもいますw
チェーンソーもきっちりこなしてましたし。あれ、俳優さんがやるのは本当に大変だったと思いますよ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

42 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
試写会「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」 (日々“是”精進! ver.F)
林業を通じて、得たもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404240001/ 【送料無料】CD/オリジナル・サウンドトラック/『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』...価格:2,700円(税込、送料込) 【送料...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】大学受験に失敗したヘタレが林業に逃げちゃ
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~ (とりあえず、コメントです)
三浦しをん著の「神去なあなあ日常」を矢口史靖監督が映画化した青春ドラマです。 原作を前に読んでいてとても面白かったので、公開を楽しみにしていました。 スクリーンで観る物語の世界は、こんなに山を愛せたらいいなあと思うような気持ちに させてくれるような作品に...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (あーうぃ だにぇっと)
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~@東宝試写室
【 WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ 】100年先の未来を作る (映画@見取り八段)
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~     監督: 矢口史靖    キャスト: 染谷将太、伊藤英明、長澤まさみ、優香、西田尚美、光石研、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、柄本明 公開: 2014年5月10日 2014年4月9日。劇場観賞(試写会) 試写会観て...
『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』 (こねたみっくす)
林業は自分が死んでから評価される仕事…でもないんだな! 何時間でも見ていたい映画に久しぶりに出会いました。別に特別な感動がある訳でもなければ、思い掛けない展開がある訳 ...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
大学受験に失敗して浪人するのも嫌なので安易な気持ちで林業の現場に入った青年が体験する様子をコミカルに描いている。林業研修をする側も受け入れる側も色々な苦労がある。自然の偉大さや山の神様への畏敬の念までしっかりと描かれた秀作だ。
「WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~」究極の森林体験! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[WOOD JOB!(ウッジョブ)?・神去なあなあ日常?・] ブログ村キーワード  矢口史靖 監督待望の最新作。「WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~」(東宝)。今回描かれているテーマは、ズバリ“林業”。まあ、こんな風に書いちゃうと随分硬そうな映画かな?と思われる...
「WOOD JOB!神去なあなあ日常」☆さわやかな木の香り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ああ楽しかった~♪と会場のあちこちで声がもれる。 抱腹絶倒まではいかないけれど、最初から最後まで暖かい笑いに包まれて、見た後は清々しい気分に。 話の展開も予測できるし想像通りの結末だけど、それでも見てよかったと思える映画って、実は貴重な存在なのかもしれ...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (だらだら無気力ブログ!)
思ってたより面白かった。
映画「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」@東宝試写室 (新・辛口映画館)
 映画レビューサイトCOCOさんのユーザーを招いた独占試写会だ。客入りは9割位である。
WOOD JOB! 神去なあなあ日常 (勝手に映画評)
『スウィングガールズ』、『ハッピーフライト』、『ロボジー』などの、矢口史靖監督の最新作。 いやぁ、矢口監督、この手の作品うまいですね。上記のこれまでの作品も上手かったですが、この作品も良い!って言うか、これは私が経年変化して涙もろくなったのか、あるいは...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) ありがちな物語も特殊な業種と主人公のキャラによって
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年5月10日(土) 16:40~ 109シネマズ川崎3 料金:1100円(109シネマズの日) パンフレット:未確認 ヒール補正はあるが、染谷よりデカイ。 『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』公式サイト 初の原作付き。 まさみちゃんは、少し細くなり、...
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』観たよ (よくばりアンテナ)
予想以上に面白かった(*´∀`*) さっすが矢口史靖監督! 笑いあり涙ありの林業のお仕事映画であって、青春映画でもあるんだよね。 原作の感想はコチラ。 原作の続編も読んだよ。 設定とかキャスティングのイメージとかちょこっと違うけど、 もはやそんな...
『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』 (ラムの大通り)
----これ、『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』で人気の 矢口史靖監督の映画だね。 「うん。 ぼくは彼の作品では 『アドレナリンドライブ』がいちばん好き。 他はそれほどでもないかな。 笑いの果ての感動という、 定型パターンがどうも苦手で…」 ----でも...
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~ (風に吹かれて)
ヘタレの都会っ子 圏外の山村へ行く 公式サイト http://www.woodjob.jp 原作: 神去なあなあ日常 (三浦しをん著/徳間文庫)監督・脚本: 矢口史靖  「ウォーターボーイズ」 「ハッ
WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督が、人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した青春ドラマ。あるきっかけで山奥の村で林業に従事することになった都会育ちの若者が、先輩の厳しい指導や危険と隣り合...
映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」日本アカデミー賞候補だが・・・(ネタバレ含む) (映画監督デビューしたいし)
矢口史靖監督最高傑作らしい。 原作は舟を編むなどの三浦しをん。 評価も高いので今年も日本アカデミー賞最有力候補でしょう。 祭りのシーンで山本太郎が出ていた気がしたが似てる人だったようだ・・・ あらすじ 大学受験に失敗し恋人にもフラれた勇気(染谷将太)は、パ...
映画・WOOD JOB! ~神去なあなあ日常 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 原作 三浦しをん「神去なあなあ日常」 原作は面白かった!主演・平野勇気役が染谷将太さんということでさらに興味津々どちらかというと暗く鬱屈した役柄が多かった彼が、どんな清々しい平野勇気を見せてくれるのか映画公開がとても楽しみでした ...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (Akira's VOICE)
物足りなさを残しつつも面白さは確実に刻まれる。  
『WOOD JOB ! (ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』矢口史靖監督、染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『WOOD JOB ! ~神去なあなあ日常~』矢口史靖監督三浦しをん原作出演 : 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香柄本明、西田尚美、マキタスポーツ、光石研、他物語・大学受験に失敗し高校卒業後の進路
WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
GOOOOD JOB!!! 「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」は、ひょんな事から林業のインターンとなった都会っ子が、未知なる山の一年を通して成長してゆく姿を描く、言わば一次産業青春映画だ。 しかし軽いコメディと侮るなかれ。 恋と自分の居場所を巡る葛藤は、林業とい...
映画 WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    平野勇気(役:染谷将太)が林業の厳しさと田舎暮らしを   していくシーンは、素敵でした。山で木を切るシーンを見て   林業をやってみようと思った人もいるのではないでし...
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~ (悠雅的生活)
緑の研修生。まむし酒。もやい結び。  試写会にて 
『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』 くじけない秘訣がある (映画のブログ)
 「田舎を舐めるな。」  『おおかみこどもの雨と雪』を観た地方出身の友人は息巻いていた。  『おおかみこどもの雨と雪』は、都会に住む若い女性が幼い子供を連れて山奥に移り住む話だ。とても面白い映画だし、彼女には都会が暮らしにくい事情があるのだけれど、それ...
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~  監督/矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  伊藤 英明  長澤 まさみ  優香 【ストーリー】 大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキの....
映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」 (FREE TIME)
映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」を鑑賞しました。
「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」 遠く未来の人の笑顔のために (はらやんの映画徒然草)
前回の作品ではロボットという最新のテクノロジーを題材にしましたが、矢口監督の最新
『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」□監督・脚本 矢口史靖□原作 三浦しをん□キャスト 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、       光石 研、柄本 明、近藤芳正 ■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 TOH...
WOOD JOB! 神去なあなあ日常 (迷宮映画館)
ぜひ、見てくださいませ。
[邦画] 期待通りの面白さ。「WOOD JOB!」 (窓の向こうに)
題名WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ 原作三浦しをん 監督・脚本矢口史靖 出演染谷将太(平野勇気、緑の研修生)、光石研(中村清一、中村林業社長)、西田尚美(中村祐子、清一の妻)、伊藤英明(飯田ヨキ、中村林業の従業員/勇気の指導役)、優香(飯田ミキ、ヨキの...
WOOD JOB!(ウッジョブ) (映画的・絵画的・音楽的)
 『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『舟を編む』の原作者・三浦しをん氏が書いた小説(注2)に基づいた作品ということで映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、大学の入試に落ちた主人公の平野勇...
「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」都会から離れ山奥で林業を学んだ先に知った山を守る男たちの代々受け継がれた真剣な男意気 (オールマイティにコメンテート)
「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」は都会暮らしをしていたチャラ男の青年がパンフレットに掲載されていた美人に惹かれて1年間の林業研修に参加し、そこで林業の魅力に惹かれてい ...
チャラ男、杣人(そまびと)になる。・・(^_^;)~「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」~ (ペパーミントの魔術師)
余談ですが、マキタスポーツハマってるね~。 フツーにこういうひとこういう仕事してそう感があって(え) 歌うシーンはさすがにええ声。(^-^) 伊藤英明は海猿から山猿へ。(違) 「陰陽師」のみやこびとはいずこ。 多分ね~「海猿」以降ごっつくなったんだろうな~。...
~「サカサマのパテマ」~ネタバレありのレンタル鑑賞にて。 (ペパーミントの魔術師)
・・・「手を離したら彼女は空へおちていく」・・・ ってのがずっとずっと気になっていて、でもリアルタイムに見に行けなくてやっとこさ鑑賞。(^_^;) 昔々たしかテレビゲームで「テイルズオブエターニア」ってのをやってたことがあって あれもたしか逆さまの世界からメ....
ウッジョブ wood job! ~神去なあなあ日常~ (Said q winning)
監督・脚本: 矢口史靖 原作: 三浦しをん 出演: 染谷将太 、長澤まさみ 、伊藤英明 、優香 、西田尚美 、マキタスポーツ 、有福正志 、近藤芳正 、光石研 、柄本明 ストーリー:大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い...
「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」 (ここなつ映画レビュー)
「なあなあ」とは…。三重県にある神去村の人々の口癖で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」というニュアンスを持つ言葉。大学受験に失敗し、彼女にも振られ、自暴自棄になった主人公、平野勇気(染谷将太)が、案内パンフレットの表紙の美人(長澤まさみ)に惹かれた、...
山は生きている~『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』 (真紅のthinkingdays)
 大学受験に失敗し、彼女にも振られた勇気(染谷将太)は、軽く不純な動機で 林業研修に向かう。電車を乗り継ぎ、辿り着いたそこは、携帯の電波も届かない、 緑深い森の村。  三浦しおんの原作を読んだ後、「アニメ映画で観たい」 と感想を書いたが、ま さかの...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ '14:日本 ◆監督:矢口史靖「ロボジー」「スウィングガールズ」 ◆主演:染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、光石研、柄本明 ◆STORY◆大学受験に失敗し高校卒業後の...
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-45.WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:116分■料金:1,100円■観賞日:6月1日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督・脚本:矢口史靖◆伊藤英明◆長澤まさみ◆染谷将太◆優香◆西田尚美◆柄...
WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常 (のほほん便り)
これまでオリジナル脚本で映画を手がけてきた矢口監督にとっては、初の原作小説の映画化作品、だそうですね。原作が、三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」と知らなかったので、クレジットを観て「…なるほど」だったのでした。丁寧なツクリと、ユーモラスさ...