Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『道~白磁の人~』 (2012) / 日本

2012-06-13 | 邦画(は行・ま行)


監督: 高橋伴明
出演: 吉沢悠 、ペ・スビン 、酒井若菜 、石垣佑磨 、塩谷瞬 、黒川智花 、近野成美 、市川亀治郎 、堀部圭亮 、田中要次 、大杉漣 、手塚理美 、チョン・ダヌ 、チョン・スジ

公式サイトはこちら。



日韓併合時代に朝鮮半島で植林事業を行った浅川巧の生涯を描いた作品。
もしかしたら兄の浅川伯教の方が著名だったのか?よくわからないが志半ばにして逝去した兄弟という印象。
むしろ柳宗悦のほうが有名ですが、この役を塩谷くんがやってたっていうのがとっても意外(苦笑)、でも彼なりに誠実に演じていたんではないでしょうか。
浅川兄弟の兄役を石垣佑磨さん。久々に観ましたけど貫禄付きましたね。
主演の吉沢さんは実直そのものの浅川巧でした。 他には田中要次さん、酒井若菜さん、手塚理美さんなどもいい。
支配階級だった日本人と朝鮮人との間の深い溝。 到底理解していくことは困難だった当時の政情をものともせずに、ひたすらに朝鮮陶磁器を研究してその普及に励んだという事実があったということを知ることができる。
それぞれの国の美展や特徴を認めること、特に一方が支配者である場合はそれは非常に困難だが、岩のように頑なだった巧の母・けいが、最後には国の壁を越えて人間の本質を理解できるシーンを入れたことが、世間レベルでの交流の在り方を示している。


セットや美術品、陶磁器などはどこまで正確に再現したのかはわからないが雰囲気は十分出ている。
しかし惜しむらくは次の展開が読めてしまうところ。 これは高橋監督の癖なのかもしれないが、セリフの中に次の場面につながることの説明が入ってしまっている。 例えば後妻候補が巧の家を訪れた後の次のシーンではもう家庭を持っているなど。
それらがニュアンスとして匂わされてしまっているので読めてしまうのが残念。
しかしながら内容は、広く浅川巧という人物を知らしめることに成功しているし、彼の人となりもよく出ている。 朝鮮側の感覚も十分再現しているし配慮もできているのではないか。 芸術という中立的な視点で日朝関係を語らないといけないのは、当時だけではなく、もしかしたらいまにも通じるところかもしれない。


★★★☆ 3.5/5点




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (4)   Trackbacks (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『汚れた心』 (2011) / ブラジル | TOP | 『ムサン日記~白い犬』 (201... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
高得点 (まっつぁんこ)
2012-06-15 14:57:07
3.5は意外と高得点ですね(笑)
20年以上を描いているとは思えない、お茶漬けのようにさらっとした印象の映画でした。
まっつぁんこさん (rose_chocolat)
2012-06-15 15:09:19
まあこのくらいでしょうかね(笑)
高橋監督はいつもこんなタッチなので、そこでちょっと減点ですけど。
Unknown (えい)
2012-06-24 19:22:15
>しかし惜しむらくは次の展開が読めてしまうところ。

ここは「省略」というスタイルを取りたかったのだとは思いますが、
確かに読めちゃうのは、もったいなかったですね。
えいさん (rose_chocolat)
2012-06-25 09:09:07
そうなんですよねー。高橋監督ってどこかそういう読めちゃう展開が癖なのかもしれません。
サクサク流れを作りたかったんだとは思うんですが、もったいなかったですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

4 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
道~白磁の人~ (あーうぃ だにぇっと)
道~白磁の人~@よみうりホール
道 ~白磁の人~ (LOVE Cinemas 調布)
韓国を併合した後、朝鮮半島の荒廃した山々の緑化に尽力した実在の人物・浅川巧の半生を描いた人間ドラマ。主演は『種まく旅人 みのりの茶』の吉沢悠。共演に『ガールフレンズ』のペ・スビン、石垣佑磨、塩谷瞬らが出演している。監督は『禅 ZEN』、『BOX 袴田事...
道~白磁の人~ (佐藤秀の徒然幻視録)
木訥の精神 公式サイト。日韓共同製作、江宮隆之原作、高橋伴明監督。吉沢悠、ペ・スビン、酒井若菜、石垣佑磨、塩谷瞬、黒川智花、近野成美、チョン・ダヌ、チョン・スジ、市川 ...
『道-白磁の人-』 (ラムの大通り)
----- 今日は、オンライン試写会。 ということでフォーンも一緒に鑑賞。 この『道~白磁の人~』というのは、 日本の韓国併合の4年後に京城ヘやってきた林業技術者の浅川巧のこと。 彼の仕事は朝鮮の山を緑にすること。 ところが、仕事以前に彼は、この地で 思いもかけぬ...