素直なままで

アラフィフパート主婦の素直なままの日常日記。

スタバのタンブラー

2017-03-24 20:44:35 | ちょっとしたこと
スタバのタンブラーをいただきました。



自分のんを買うついでに
私の顔が浮かび、お揃いで。
とのことで
新しい職場に持って行ってなー
と、太っ腹な彼女。

桜の可愛いタンブラー。

これに、ドリンク一杯分の券がついていて

このタンブラーと本券をご持参いただくと
お好きなドリンク1杯をお楽しみいただけます。

とのこと。

資源の節約および環境負荷軽減に…
とかなんとかで
このタンブラーを持って行くと
ドリンクも値引きしてくれるって書いてある。

ほー。

こんなの知らんかった。

スタバなんか滅多に行かないし。
ドリンクの種類がありすぎて
しかも、横文字多すぎて
ドリンクのサイズもSとかMと違うし。
サイズの横文字の読み方間違えそうだし。
注文する時になんか焦る。
一人で入ったこともない。

ラテ系が苦手なので
コーヒー以外は
ナンタラフラペチーノとかを
数回飲んだことがあるくらいだ。

ミスドとかのんが
妙に落ち着く。
ミスドなら一人で気楽に入れる

コーヒーの味がもわからんし。
わからんからお代わりできるミスドがいい。

まず、席取りが難しい。
三ノ宮、元町辺りでは空いてるスタバを
見たことない。

一度、大阪のスタバに行ったことがあるが
そこは本屋と一緒なっていた。
確かTSUTAYA?
売りもんの本を図書館のように
読みながらコーヒーを飲んだり
食事している光景が不思議だった。
なので、一回座ると何時間も動かない。
ソファー席とかもあった。
パソコン持参の人もたくさんいた。
座る為には朝一に行かないと無理のような
気がする。

さて。
そんな入りにくいスタバで
しかも、このタンブラーを持って行って
何を注文したらええのか戸惑う。
ホットコーヒーとかは似合いそうにない。
やはり、冷たいドリンクか。
真ん中も外れるようになっているけど、
これはなんで?
洗いやすいように??
それとも、外して飲むようなドリンクがあるのか?
ほんま。
未知の世界っていうか
オバハン全開だ。

タンブラーをプレゼントしてくれた人に

「こんなん知らんかったから、何ドリンク入れたらええかわからん〜
今度、一緒に行って!」

と、言うと

「私もタンブラーはよく買うけど、これに入れてもらったことはないねん〜」

「娘は使い倒してるけど」

との返事。

どう考えてもこんなお洒落なタンブラーを握ってスタバでくつろぐ姿は想像できない
ウチの息子に試しに聞いてみる。

「あんた、こんなタンブラーに入れてもらったりする?」

と、聞いてみたら
予想通りの怪訝な顔が返ってきた。

このタンブラーを持って行かないと
ドリンク券が無駄になる。

勇気を出してスタバに行ってきますか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミリア風チェックとデニムで。

2017-03-21 22:24:20 | はんどめいど 
久しぶりにハンドメイドアップします。

ファミリア風チェックで作ったお財布。



ダブルファスナーで。

こちらは赤チェックとデニム。



後ろ側はハートのチャーム付ファスナーで。



そして、

クラッチバッグにもなる
斜めがけバッグ



ポーチ





がま口と



絵本カバン



これは全てオーダー品ですが、
これにファミリアのアップリケをつけて
大変身させるそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穴のあいた靴下で

2017-03-19 12:15:47 | 日常
新しい職場のオリエンテーション用に
黒のパンツを新調することにした。
ビジネスライクな服装
ということなので
奮発してビースリーのパンツを買いに行くことに。
どうしてビースリーにしたかというと
前にヨガの先生から
ここのパンツはラインが綺麗で履きやすいと
聞いていたからだ。
いつもはジーユーやユニクロがメインの私も
数年に一度くらいはええやつを買う。

履いて行く予定の靴とセーターも
着て行く。
までは、完璧やったのに
いざ試着室に入り靴を脱いだ瞬間
愕然とする。

靴下が!
親指のところに穴が空いているではないか!
あぁ…
どうして履いた時に気付かんかったんや。

試着室の中は一人やけど、
裾直しする時に穴が目立つではないか!

私にとっては高級なビースリーパンツ。
そのパンツを買いに来ている客の靴下に穴が空いているなんて!
慌ててかかと部分もすり減ってないか
確認する。
親指の穴はずらして指で押さえたら
なんとかごまかせる。
かかと部分がすり減ってたらアウトだ。
また違う日に出直すか
それか、開き直って穴のあいた靴下を
披露するか。
一見の客が穴があいていて
かかと部分がすり減った靴下を履いていたとしてもその時限りで

あれ?この人の靴下…

って思われるだけだ。
変なプライドで出直すのはメンドくさい。
幸いかかと部分は大丈夫だった

なので、試着し
靴を履いて外に出る。

思った通りにラインが綺麗で
履きやすい。
やはり、値段がモノを言うのか。

これにしようと
裾を調整してもらう。
穴が見つかることはない。

かと思いきや

では、試着室で靴を脱いだ時の状態て
長さを見ますね。

と、言われる。

そして、後に付いて試着室に入られる。

と、いう事態に陥る。

靴を脱ぐ瞬間に
穴が発覚するではないか!

私の全神経は靴下にあった。
この場に及んでまだ靴下にあり
慎重に穴を隠しながら靴を脱ぐ。
そして、穴を指でずらし親指で踏む。
なんて、私は器用なんだと
変に関心する。

靴下に全神経が向いていた私は
一緒に勧められた
お尻のラインが綺麗に出るという
高っかいガードルも購入してしまう。

しかも、
会計の時に
裾のお直し代が540円かかります。
と、フツウに電卓を置かれる。

やはり、高額パンツ。
ユニクロのようにいくら以上で
お直し無料
なんてことはなかった。
高額パンツだから
お直しは無料だと庶民の私はフツウに思い込んでいたのである。
ここまできて

540円をケチり、直しは自分で

なんて、穴のあいた靴下を恥じている
変なプライドを持った私が
言えるわけがない。

大枚をはたき
期間限定とやらの
リバーシブルエコバッグをもらい
家に帰った私でありました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カリパチ

2017-03-14 23:03:14 | 日常
借りたまま、そのまま自分のものにしてしまうことを今もカリパチというのだろうか。

息子が小さい時によく
友達に長く借りっぱなしにしていた
本を見つけて
「あんた、これカリパチしてないか?」
と、怒ったものだ。

カリパチといえば数年前に職場の先輩に
できるExcelという本を貸した。

「もう使ってないから返すのはいつでもいいですよ」

とは、言ったが
そのまま定年退職。
未だ返ってこない。

貸したほうは、永遠覚えているものだ。

今日
食器棚にお皿を置いた弾みで
近くのトレイが滑り落ちた。
それを、片付けるときにふと気付いた
ウチのものじゃないお皿。

あれ?
これって…たしか…
仲良しママに何かをもらった時のやつだ。
なんやったっけ?
何もらったっけ?
お皿やからなんかおかずやったっけ?
たぶん、もらった人はこの人ではないかと
いうのは目星はついた。

LINEで聞いてみたら
やはり、そうだ。
「私も忘れてたわー いつでもええで」
と、快い返事が来たが
きっと忘れてはなかったであろう。
ホントに申し訳ないとしか言いようがない。

トレイが滑り落ちなかったら
次、いつやるかもわからん
食器棚の整理の時にまで気づかんかったはず
お皿を見るまではすっかり記憶喪失になっていた。
ほんま、脳がヤバイ状態だ。
それでも、ウチの皿かヨソの皿かの
区別がついただけ
まだボケまではいってなかったか。

それから、どんどん記憶が蘇る。
そうや。
確かクリスマスケーキが食べ切れんから
ってお裾分けしてもらったっけ。

あー
他にも何かカリパチしてないか不安だ

そして、最近はよくモノがなくなる。
最近の最大の無くし物は
「年金手帳」
この狭い空間でなぜか
いくら探しても見つからず。
きっと、再発行したら出てくるんだろう

あぁ。脳の退化を感じる今日この頃である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今や高級魚

2017-03-13 17:18:52 | 日常
今年もいかなごの時期がやってきました。
が、
今年も不漁のせいかべらぼうに高い。
今や高級魚化したいかなご。
出始めはキロ4,000円近かったらしく
これに、調味料など合わせると
とてつもなく高級な佃煮になる。

先週、父が市場に偵察に行くと
まだ3,000円代だった。
値段もなかなか下がらないのに
どんどん、いかなごは大きくなっていく。

ザラメや醤油は買っとくから
あんた、いかなごと生姜は自分の分は
自分で買いよ

と、母に言われ

ええでー

と、軽く返事したものの
こんな高級魚になるとは。
今年はダンナの実家にも諦めてもらおう。

仕方ないので
茎わかめを代わりに炊く。
そういえば、何年か前にも
いかなごが高すぎた年に
茎わかめを炊いたっけ。

これはこれで美味しいけど、
やっぱ、いかなごのんが旨いよなぁ
例え買ったとしても
こんなに高級魚化したやつ
緊張して炊かれへん


コメント
この記事をはてなブックマークに追加