とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

12月のラボ便り その1

2016年12月08日 | ラボ便り


12月のラボ便り


皆さん、こんにちは。

今回のラボ便りでは、
「受精卵を育てている培養液」についてお話します。

受精卵は、
女性の卵管・子宮内の環境を再現した培養液の中で成長します。

培養液には、受精卵の成長に必要な栄養成分が含まれています。

本来、卵巣から排卵された卵子は卵管に取り込まれ、
その場で受精します。

受精後は、卵管内を輸送されながら成長し、
子宮に辿り着き、着床します。

卵管液と子宮液とでは、成分の濃度が異なります。
卵管液では、比較的ピルビン酸が高濃度に含まれて、
グルコースは比較的低濃度です。

一方、子宮液はピルビン酸が低濃度になり、
グルコース濃度が高くなります。

受精卵は卵管から子宮へ移動する事で、
成長段階にあった成分を取り入れることが出来ます。


次回、続きを書かせて頂きますね。


とくおかLCラボスタッフより



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月の看護部・検査部便り | トップ | 12月のラボ便り その2 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。