とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

子宝メッセージ 平成29年8月12日

2017年08月12日 | Weblog


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   特にありませんでした。
   不妊治療を受ける前に、辛い病気で入院手術を受けて克服したので、
   それに比べたら、不妊治療は辛くなどありませんでした。
   命が保証されているだけ有り難い話だと思っています。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   特に対処はしませんでした。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   工夫したとしたら、不妊治療を楽しむ事です。
   卵胞の成長を楽しみにして治療を受けていました。
   受精卵の分割を見た時の感動は、今も忘れられません。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   主人との映画鑑賞。
   主人との散歩。
   主人との会食。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   徳岡先生の技術と紳士的な受け答え。
   内診も処置も痛くないところ。
   優しいスタッフが揃っているところ。
   先生もスタッフもテキパキハキハキしていて、いつも気持ち良く診察を受けられました。
   院内が綺麗なところ(朝に行くと、スタッフが気持ち良く懸命にお掃除してました)。
   院内のBGMが良い曲ばかりで、気持ち良く通えました。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   不妊治療を辛いと思わないで下さい。
   命があって健康であって、子供を欲しいと思ってくれるご主人が傍にいて、
   それで臨める治療です。
   健康だから受けられる治療です。
   不妊治療を楽しめるようにポジティブに頑張って下さい。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   息子は生後5ヶ月になりました。
   普通だったら超音波でお腹の赤ちゃんを見るところから始まりますが、
   体外受精に進んだお蔭で、卵子を見る事が出来て、受精卵を見る事が出来て、
   胚移植をした時に「この受精卵に魂が宿りますように!」とひたすら祈って見たものが、
   命を吹き込まれて無事に着床して、お腹の中で大きくなって、今の息子になりました。
   生命の神秘や、命の尊さを、再度感じとる事が出来たのも、
   辛い病気を乗り越えて、不妊治療を受けて、母親になる事が出来たのも、
   みんな今に繋がっているのだなぁと感じます。
   本当に有難うございました。


                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「国民の祝日について」 その2 | トップ | 8月12日といえば・・・ »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。