とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

12月の看護部・検査部便り

2016年12月07日 | Weblog


12月の看護部・検査部便り


皆様こんにちは!

早いもので、もう師走となりましたね。
慌ただしく多忙な毎日を過ごされている方も多いでしょうが、
体調崩されぬようお気をつけ下さいね。

今回は、血液型がRh(-)の女性の妊娠についてお話を致します。

Ameba blog(スタッフブログ)の血液型についての続きとなりますので、
是非こちらも併せてお読み下さい。

 『血液型について』をクリックすると飛びます

血液型がRh(-)の女性と、Rh(+)の男性との間で妊娠が成立すると、
Rh(+)は優性ですので胎児の血液型はRh(+)になります。

胎児と母親は、胎盤でつながっていますので、
胎児のRh(+)の血液が母親にも流れ込みます。
この時、母体内では抗Rh凝集素という抗体が作られます。

1回目の妊娠では、作られる抗Rh凝集素が少ないので、
胎児に影響を及ぼすことはほとんどありません。

しかし、2度目の妊娠では、母体内の抗Rh凝集素が胎児に移行し、
胎児内でRh因子と結び付いて、赤血球の凝集や溶血を引き起こします。

その結果、流産や、重症新生児黄疸、全身浮腫などを招いてしまうことがあります。

現在では、1回目の出産の後にRh(+)の抗体である免疫グロブリンを注射することで、
こうした発症を防いでいます。

また、このような現象は輸血の際にも起こります。
Rh(-)の人にRh(+)の血液を輸血してしまうと、
Rh(-)の人は元々Rh因子を持っていませんので、
輸血された血液のRh因子を抗原とした抗Rh凝集素が作られます。

1回目の輸血であれば何の問題も起きませんが、
再び輸血した場合、血球の凝集や溶血などの反応が現れ、
命に関わる事態となります。

当院では、採卵などの手術前には必ず血液型の検査を実施しております。
手術予定でない方でも、ご希望に応じて検査できますので、お申し付け下さい。

ご不明な点などは、お気軽にご質問下さいね。


とくおかLC看護部・検査部便り



スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフルエンザと感染性胃腸... | トップ | 12月のラボ便り その1 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。