とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

筋肉注射後のご注意

2017年07月16日 | Weblog


皆様、こんにちは!

本日は、筋肉注射について書かせて頂きます。

まず、筋肉注射とは、どのような注射なのでしょう?

筋肉に直接薬液を注入する注射です。

血管に直接薬液を注入する静脈注射が、最も薬の効果を早く浸透させられます。
筋肉注射は、それに次いで、迅速な効果を浸透させられる注射です。
それならば、血管を通して早く浸透させられる静脈注射に統一すれば良いのでは?
と思われるかもしれませんね。
粘着性の高い薬液や油性や懸濁性の強い作用をもたらす薬液は、
血管内に直接入れられませんので、それらの薬剤は筋肉注射で入れる事となります。

筋肉には、毛細血管やリンパ管が多く存在します。
ですので、皮下注射の2倍の速度で薬液を浸透させられる事が出来ます。

また、皮下注射が投与できる薬液量は0.2~2mlですが、
筋肉注射は5mlまで投与出来ますので、そこもメリットといえます。

筋肉注射では、注射する部位が決まっています。
大きな血管や神経を損傷しないよう、以下の三ヶ所とされています。

・上腕部
・臀部
・大腿上部

となります。

皮下注射や静脈注射は、針をほぼ寝かせてさします。
筋肉注射は、それらより奥まで薬液を届けますので、
45度から90度というほぼ垂直に近い状態で針をさします。
ですので、針を抜いた後に全く出血しないという事はありません。
稀ですが、人によっては、注射後にチョロチョロと出る事もあります。

ですので、
筋肉注射後も、採血と同様、患部をしっかりと押さえて下さい。
押さえが足りないと、出血する原因にもなります。
患部をしっかりと押さえた後に、
薬液を毛細血管やリンパ管といった体内組織に早く吸収させる目的と、
痛みを和らげる目的の為に、患部をマッサージして下さい。

特に、脂溶性の薬液の場合、硬結を招きやすい為、
その硬結を予防する為にも、筋肉注射後のマッサージは必須です。

注)硬結(こうけつ)とは、
本来やわらかい組織が、病的に硬くなった状態をさします。
炎症や鬱血、注射針などの異物刺激などにより、
結合組織が増殖し硬化することによって起こります。

しっかりと押さえなかった為に注射バンに血が付いてしまい、
その後に患部をマッサージしなかった為にしこりが残ってしまいます。

そのような事を避ける為に、
当院では注射後に必ず、
「こちらをしっかりと押さえて下さい。
 しっかりと押さえた後に5~10分ほど揉んで下さいね。」とお伝えしています。

何か心配な事などございましたら、
どうぞいつでも何なりと仰って下さいね。

誠心誠意、対応して参りたい所存でございます。



ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 採血後のご注意 | トップ | 子宝メッセージ 平成29年... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。