とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

風疹の抗体検査と予防接種

2017年04月18日 | Weblog


春先から初夏にかけて流行するもののひとつに「風疹」があります。
「風疹」とは、風疹ウィルスによる急性感染症です。
「風疹」の感染力は非常に強いです。

潜伏期間は2~3週間で、
発疹、発熱、リンパ節の腫れなどの症状が出ます。
風疹ウィルスに感染しても症状の出ない人もいれば、
症状が長引いたり重くなったりする人もいます。

2020年(あと3年後)の東京五輪・パラリンピックまでに、
日本国内で風疹を無くす事を目指すプロジェクトを、
「風疹ゼロ」プロジェクトと名付けています。
風疹ワクチンの予防接種を促すなどの啓蒙活動がなされています。

風疹に対する免疫が不十分な女性が妊娠初期に「風疹」に罹患すると、
風疹ウィルスがおなかの赤ちゃんに感染し、
「先天性風疹症候群」という障害を引き起こします。
難聴、心臓の病気、白内障、精神や身体の発達遅れなどの障害です。
この「先天性風疹症候群」そのものには治療法がありません。

そうならない為には、妊娠前に風疹ワクチンを接種する事が大切です。
妊娠しようと思う女性だけでなく、
同居されているご家族の方々(ご主人様をはじめとし)も、
風疹ワクチンを接種されておかれる事をお勧め致します。

風疹の抗体検査を受けられて、
免疫が不十分な場合は、「風疹」の予防接種を受けましょう。
時間がない場合、ワクチン接種前の抗体検査は必ずしも必要ではありません。
過去に風疹に感染した方々や、予防接種を受けた方々が、
再度予防接種を受けても、特別な副反応が起こるという問題はありません。

妊娠をお考えの皆様は、
風疹の流行前に、予防接種をお受けになられる事をお勧め致します。

目黒区在住で妊娠をお考えの方々とそのご主人様は、
公費負担でお受けになる事が可能です。
その場合は、抗体検査を受けて、その結果を診ての予防接種という流れとなります。







ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宝メッセージ 平成29年... | トップ | 子宝メッセージ 平成29年... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。