とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

産科医「危機的状況」

2016年10月16日 | Weblog


日本産婦人科医会の調査の結果が出ました。

当院も産婦人科医が勤務する施設です。
ですが、
今現在は、
残念な事に、お産を承る産科医としてのお役目はしていませんので、
そこが何とも申し訳ない思いで、、、書かせて頂いております。

今年度、7年振りに産科医の数が減少したそうです。
同医会では、
「危機的な状況。医師の診療科や地域の偏在への対策が必要だ。」と判断。

産科医は、かなりきつい勤務が続く中(どの科でも、医師の勤務はかなりきついですが)、
高齢出産等でリスクの高いケースが増え、疲弊してしまう科のひとつでもあります。
その為、若い医師が避けてしまう科にもなっているようです。

女性医師も増えており、妊娠・出産やその後の育児で一時期抜ける事を考えても、
患者さんが安全に出産出来る体制を維持する為にも、
それを補える人数を確保しておかないといけません。

同医会は、
医師国家試験合格後の臨床研修の中で必修だった産婦人科が、
10年度から選択科目になったことなどが、響いていると分析されているそうです。
今後、
(1)女性医師が妊娠・出産した後に復職しやすい環境作り
(2)臨床研修での産婦人科の再必修化

などを目指していかれるそうです。

今現在も、早めに受診しないとお産の予約がとれない状況となっています。
うまく改善されると良いなぁと思っております。


ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宝メッセージ 平成28年... | トップ | TBSドラマ金曜夜22時スター... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。