とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

子宝メッセージ 平成29年5月20日

2017年05月20日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   38歳でとくおかレディースクリニックで不妊治療をスタートした際に、
   詳しい説明を受けて、スタートが遅かったと実感した時。
   夫婦の希望を聞き入れて下さり、タイミング指導から始まり、
   3周期真剣にトライしたが授からなかった時。
   人工授精へのステップアップを勧められた時。
   人工授精に3周期真剣にトライしたが授からなかった時。
   体外受精に進むしかないのかと思った時。 

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   今まで努力が実らなかった事がなかったので、
   努力が実らない不妊治療の現実が辛くて仕方なかったです。
   体外受精に進んだ頃から、
   辛いなんて言ってられない!やらなきゃならない!と割り切ったら、
   辛いと思う事なく乗り越えられました。
   

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   逃げ道を考えずに、やるしかない!と割り切った事(工夫とはいえませんが)。   

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   夫婦の共通の趣味を大切にしました。
   夫婦でゴルフをやっていたので、一緒にプレイする時間を楽しみました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   不妊治療に対して、計画性がありシステマティックなところ。
   これがダメならこちらをトライしみましょう!という前向きなアドバイスがあるところ。
   1回目の体外受精で妊娠出来たところ。
   先生が信頼できたところ。
   スタッフさんが皆さん、不妊治療に長けているところ。
   

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   私達夫婦は、割り切って前向きに取り組もうとした時に結果が出ました。
   落ち込んでしまったり、くよくよしてしまった時には、結果が出ませんでした。
   先生とスタッフさんを信じて、悩まずに前向きに取り組んで下さい。
   子宝はやってくると信じて頑張って下さい。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   38歳で不妊治療を始めましたが、38歳のうちに無事に授かった事に感謝しています。
   育児は体力勝負だ!と実感しています。
   子供は1歳になりましたので、目が離せません。
   子供の成長に合わせて、もっともっと体力を付けないといけないと思います。
   とても可愛いこの子に出会えて、本当に幸せです。
   ありがとうございました。
  
                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宝メッセージ 平成29年... | トップ | 葉酸を日常生活で摂取する為... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。