とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

8月のラボ便り

2017年08月07日 | Weblog


8月のラボ便り


皆様、こんにちは。

ラボスタッフのHN:あかねです。

本日は、奇形精子についてお話しします。

奇形精子とは、
その名前の通り、形が正常でない精子を指します。

精子は、おたまじゃくしのような形をしていて、
大きく分けて頭部・中片部・尾部の3部分で成っています。

頭部には、DNAが含まれています。
DNAは、男性の遺伝情報が含まれたとても大切なものです。

正常な精子の頭部は、タマゴ型をしています。

頭部の形が
大き過ぎる、小さ過ぎる、細長い、丸過ぎる、空胞(穴のようなもの)があるものは、
異常と考えます。
その様な精子は、
DNAが損傷している=妊娠に至らない場合が多いのです。

また、精子の形の異常は、頭部だけにあるわけではありません。

例えば、中片部に大きな細胞が付着しているものや、
尾部が折れ曲がっているもの、
一つの頭部に尾部が二本くっ付いているものも奇形精子です。

奇形精子が一個もないという方はいらっしゃいませんが、
奇形精子の数が基準値よりも常に多い場合は、
奇形精子症と診断され、不妊の原因として考えます。

奇形精子の数が多い場合は、
タイミング治療や人工授精では妊娠が難しい恐れがあります。

そこで、体外受精(顕微授精)を行う事で、妊娠の可能性が高くなります。

奇形精子の割合が非常に高い方であっても、
顕微授精によって一個の良い精子を見つけ、
卵子に入れる事が出来れば、受精卵を得られる=妊娠に至る可能性があります。

奇形精子が多いという結果が出た場合は、
精子の数や運動率等の他の数値も考慮した上で、治
療のステップアップを考えていかれることをおすすめします。

非常に暑い日が続いていますね。

くれぐれも熱中症に注意して、日々をお過ごし下さい。


とくおかLCラボスタッフより



ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子宝メッセージ 平成29年... | トップ | 「子宝草」の子株をお分けし... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。