とくおかレディースクリニック~ブログ~

日々、徒然なるままに、書き込んで参ります。
どうか宜しくお付き合い下さい。

本日8月15日 終戦記念日

2017年08月15日 | Weblog


1945年8月15日・終戦の日、あれから72年。



この戦争では多くの尊い命が奪われました。
心から黙祷をささげる一日にしたいと思います。


朝日新聞のデジタルニュースから拝借致しました内容です。

当時19歳の青年(現在は91歳の男性)は、
72年前のこの日が特攻隊として出撃予定だったそうです。

前日の8月14日に特攻命令が下ったそうで、
特攻前夜にはささやかな宴席が設けられたそうですが、
その頃には既に食料もお酒も底をついていたそうです。

特攻当日の朝に、「玉音放送を待て」と告げられ、
日本が降伏した事により特攻隊として出撃する事はなくなり、
命を落とす事無く済んだという事です。

当時の若い隊員達には、「自分だけが生きて帰る」という気持ちは皆無だったそうです。
特攻前日には、飛行機に爆弾が積まれ、
操縦席前方の窓に、確実に敵船に突っ込むための目印「○」が書き込まれたそうです。

多くの人達が、お国の為に命を捧げる覚悟を持って生きていた時代だったのですね。


それとは反対に、
第五航空艦隊司令長官宇垣纏(うがきまとめ)中将の命令で、
玉音放送後に出撃した特攻隊もありました。

その特攻隊は合計11機23名(途中3機が不時着、5名生存)、
大分基地から沖縄の沖に向かって離陸していったそうです。
どんな気持ちで離陸していかれたのでしょうか。
おそらく、
若くて有能で大切な多くの命を特攻として犠牲にし続けた懺悔の思いだったのでしょうが、
部下を引き連れていく必要はなかったのでは、、、とも思います。
その8機は、アメリカ軍に被害をもたらす事なく、沖縄付近の海面に墜落したという事です。
玉音放送後に特攻で命を落とした18名の命は一体、、、と思うと辛くて仕方なくなります。

玉音放送が流れた事によって救われた命、
玉音放送を聞いて責任をとるかたちで御伴を引き連れて自ら消えた命、
お国の為に散っていった多くの命、
戦争の犠牲となって散っていった多くの命、
大切な人を戦争で亡くした多くの方々の悲しみ、
本当に戦争というものは悲惨です。

この世の中から戦争が無くなりますよう、心から祈る思いでおります。




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝メッセージ 平成29年8月15日

2017年08月15日 | 不妊


当院の体外受精・顕微授精を乗り越えられた方々からの『子宝アンケート』を着順に掲載させて頂きます。


今現在、子宝ご希望で頑張っておられる皆様の励ましになれば幸いです。


Q1:不妊治療を続けていて辛かった事は何でしたか?

   クリニックに通い始めて半年経った頃、体外受精で妊娠しましたが、
   9週で稽留流産してしまい、その時は本当に辛かったです。

Q2:辛さを乗り越える為に、どのように対処されましたか?
   
   治療をいったんお休みして、気持を落ち着かせました。
   その後、わりとすぐに再スタートしましたが、妊娠の難しさを痛感したので、
   その後は期待しすぎず、でもネガティブな気持ちにもならないように、
   なるべく淡々と過ごすように心掛けました。

Q3:子宝という結果を手にする為に、努力された事・工夫された事はありますか?

   足元を冷やさないように常に靴下を履くなどしていました。
   よもぎホッカイロも良かったような気がします。

Q4:不妊治療中での気分転換はどのようにされましたか?

   美味しいものを食べて飲んで、大笑いすることで、リフレッシュしていました。

Q5:とくおかレディースクリニックを選んで良かったと思われる点は何でしょうか?

   徳岡先生の的確な治療の進め方はすごいと思います。
   また、いい意味で淡々とした口調や物腰は安心感がありました。
   同じくスタッフの皆さんの説明も分かりやすく、優しい方ばかりでしたので、
   何度もホッとした事を覚えています。

Q6:不妊治療を頑張っておられる方々に向けて、励ましのメッセージをお願い致します。

   子を授かれるかどうか分からない中、不安が多い毎日を過ごす方も多いと思います。
   ですが、なるべく自分を追い込まず、肩の力を抜いて治療に取り組んでいくと、
   疲れず続けていけると思います。

Q7:お子様が授かった今現在のご様子をお知らせ頂けましたらお願い致します。

   息子はもうすぐ6ヶ月になります。
   日々、表情や動きが変わり、可愛くてたまらないです。
   徳岡先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!


                   
(いただいた原文、そのまま掲載しております)

励ましメッセージ、まことに有難うございました




ーby事務長ー


「子宝メッセージ AIH編」「子宝メッセージ タイミング療法編」はアメブロに投稿されています。
そちらも是非ご覧になられて下さい。    クリックすると飛びます 


スタッフが綴るアメブロもご覧になって下さい

とくおかレディースクリニックHPはこちら

コマーシャルの下(一番下)にございます
「人気ランキングブログ」のクリック、是非お願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加