Bonita***!!

El viaje de mi vida...

半分のこころ

2017-04-21 00:15:20 | ◆恋愛◆
近づきすぎると離れたくなる。

自由になると言ったって、今のわたしは籠の中の鳥の自由さ。🕊

仲良くなりすぎると怖くなる。

失ったらまた、前みたいに悲しくなるのかと考え出すと止まらないので、キリのいいところで思考を変える。

冷静になろう。

わたしはまだ特定の彼氏が欲しくなくて、お気に入りの彼は遠くに住んでいて週末会おうの距離じゃない。第一週末会おう自体がめんどくさいと思っているわたしなのだから、今は。
だったらこれでいいじゃないか。何も求めないで。
でも来週会うんだ。
実際に触れ合って、一緒に寝るだろう。
そうしたら何か、変わるのだろうか。
わたしは今誰かを大切に思えないのだ。未だ嘗て誰かを大切に思えたかどうかすら疑問だが。。

それでも彼と恋していくのだろうか。恋を始めるのか。いや恋はもう始まっているのだ。始める始めないは、関係の話で。
一般論では、実際に会うまでは恋愛と呼んではいけない風潮がある。でもわたしは何度か経験したことがある。別に会ったことがなくても人を好きになれる。もしそれが妄想で本当の相手を知らないと言うのなら、ならば実際数回会っただけで人のことを知れるのか?恋自体が幻想なのだから、ある程度話して気が合うのなら、会っても会わなくてももう恋は出来るのだ。というかしてしまっているのだ。
今のわたしは誰か一人の男性を深く知りたい、理解したい、支えたいなどそういう今まで恋愛の時に持っていた感情を持つことが出来ない。あれだけ好きだった前の彼氏の写真を見ても、目を背けたくなってしまう。嫌いとか憎いとかじゃなくて。好きだった頃のわたしを思い出したくないのだ。どんな目で見ていいかもわからない。すべて消すべきなのかもしれない。誰のために?わたしのために。
心の深いところで人を好きになるのは、今はまだいらない。だからと言って今の彼を遊んでいるわけじゃない。発する言葉に嘘はない。ただたまにどうしていいのかよくわからなくなる。
このまま一人で暮らすことに、何の抵抗も今はない。彼氏を欲しいと思わないのだから、当然旦那も欲しいと思えない。
今そばに(心が)いてくれる人を大事にはしたい。やきもち?やいているのか?誰か他にも女の子がいるのかもしれないと考えればその可能性はゼロでは無いのだろうけど、もしそういうことがあったらあったで、わたしに出来ることは何もない。いい気持ちはしないけど、嫉妬に狂う気持ちにもなれない。
また恋愛したら、そういうことを考えなければなかならないのか。他の人を心配したり、もっとこっちに向いて欲しかったり、またそんなわたしに戻るのか。だったらクソだ。絶対に戻りたくない。自分を嫌いになったりはもうしないけど、だからこそもうそういう自分にはなりたくない。
もしこれから先誰かと恋人同士になるなら、束縛はしたくないし、やきもちとかいろいろ、そういうこととは無縁の関係が欲しい。その人自体を好きなのであって、その関係が好きなのではないのだから。その人を好きなわたし自身を好きなのであって、嫌な自分を見るならその恋は意味が無いのだ。
そういうことを考えている。このままいけばわたしは、彼に何かを求め出すのかなぁと思いながら。どちらにせよ、気持ちがよくなくなったら、関係は終わるのだ。
ただまだ終わりたく無いだけ。まだこうして続けたい。わたしの半分が、彼を欲する。もう片方が、怖がって「面倒臭い」という言葉にしがみ付いている。面倒臭いということが、大人の証であるかのようだ。格好悪い大人だね。
格好の良い大人とは、潔く自分を見せてどこでも飛び込める人だろう。いくつ歳を重ねようと、どんな経験をしようと、信じたものを飛び込める勇気を持つことを、きっと「大人」と呼ぶのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由 | TOP | Lo que viene es siempre mej... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics