tobira

てしごとのきろく

「手仕事の日本」と民藝の思想

2017-03-15 | 見る


中島公園にある北海道立文学館の展示を見てきた。

目的はこぎん刺しの着物をじっくりと見たくて。
とてもとても細かく繊細でありつつ素朴で
麻布にびっしりと一針ずつ縫いこまれた木綿糸。
緻密で気が遠くなるような作業だろうと想像し
じんわりと感動。

他にも焼き物やかごなどなど
大きくはないスペースでも見応え充分。

いい気分転換になった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 作業途中の菱刺し | トップ | シルクの糸が紡ぎ終わった »
最近の画像もっと見る

あわせて読む