飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞

野党共闘して安倍政権打倒!「オリーブの木」市民連合政府樹立!改名した自由党!民進党に奮起を促す!

★いよいよボケたか=トランプ大統領(^^)

2017年04月27日 10時16分32秒 | ●政治・時事問題・野党連合

トランプ大統領、記者にいきなり「コーラ飲む?」 就任100日直前インタビューで珍答連発
アメリカのドナルド・トランプ大統領は4月21日、AP通信のジュリー・ペース記者とのインタビューで、就任100日目を目前にして公約が実現出来たかどうかなどと尋ねられたが、曖昧な答えに終始した。インタビューでトランプ氏は急に話を打ち切ったり、支離滅裂な話を繰り返している。AP通信はインタビューのほぼ全文を23日午後に公開した。こちらに全文が掲載されているが、気をつけてほしい。内容が意味不明なのだ。「Donald Trump is unintelligible(ドナルド・トランプは意味不明)」というフレーズがTwitter上でトレンドにもなっていた。1対1のインタビューでトランプ氏が述べたことが16カ所、明らかに文字起こし不能だったことを指している。以下に、インタビューの中で最も意味不明な部分をいくつか指摘しておこう。トランプ氏は就任後最初の100日間の公約を「ほぼ達成した」と語った。4月29日の就任100日目が迫るにつれて、トランプ氏は2016年の大統領選で発表した「100日間行動計画」で掲げられた公約のほとんどが達成できていない。とりわけ目立つのが、トランプ氏が大々的に訴えていた、共和党版の医療保険改革法案が廃案に追い込まれたことだ。さらに、メキシコとの国境沿いに建設を目論む壁の建設予算確保もうまくいっていない。
トランプ氏は内部告発サイト「ウィキリークス」を支持したことはないと主張したが、過去に支持すると繰り返し語っていた。ウィキリークスが民主党内部のメールでのやり取りの内容をハッキングし、大統領選中に公開したとき、トランプ氏は機会があるごとに選挙集会の場でウィキリークスを持ち上げていた。しかし21日のインタビューで、ジェフ・セッションズ司法長官がウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジ容疑者を起訴する意向を示していることについて聞かれると、トランプ大統領の口ぶりは違うものだった。「ウィキリークスの件は聞いてない。1度も聞いてない」と、トランプ氏はペース記者に語った。「ウィキリークスの情報が上がったとき、私は『ああ、この情報を見てみろよ。こいつは相当な値打ちがあるぞ』と言っただけだ。支持も不支持もない」

トランプ氏は2016年10月、次のように発言している。
↓つづく
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/25/trump_n_16244884.html
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆「常陽」の安全審査申請 規... | トップ | <元祖・森友>公文書廃棄で... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。