飛騨の山猿@飛騨MAVERICK新聞

(野党共闘で政権奪取+安保法制破棄+法務官僚腐敗と政官財マスコミの癒着腐敗構造を糾弾+国連中心主義と常時駐留なき安保)

◆もろさ露呈 東京大停電で高まった「送電線テロ」のリスク

2016年10月13日 17時48分20秒 | 政治・時事問題

もろさ露呈 東京大停電で高まった「送電線テロ」のリスク

12日午後3時半ごろに都内で起きた大規模停電で、都心は一時パニックになった。原因は、埼玉県新座市にある東京電力関連施設の火災。地中に埋まっている送電線から出火したという。「人為的ではない」「テロを類推させるものはない」というが、日本の心臓部の“もろさ”を改めて露呈した格好だ。「送電線は血管みたいなもので、各地の発電所、変電所から“大動脈”を伝って都心部に向かい、“毛細血管”に広がって各家庭に電気が届く。今回は新座変電所から東京の練馬、豊島両変電所に続く6本の“太い血管”のうち1本が破れ、そのあおりで残り5本も使えなくなり、“心停止”してしまったというわけです」(東電関係者)新座の“動脈破裂”のせいで、午後3時39分には豊島区の約10万9500軒をはじめ、最大58万軒で送電がストップ。東京消防庁によると、都内ではエレベーターの中に閉じ込められたり、火災報知機が誤作動したという通報が相次いだ。西武池袋線や新宿線など複数の鉄道が一時運転を見合わせ、明治通りでは少なくとも10カ所の信号が消えるなど、都市の“足”も止まった。駅前はタクシーを待つ行列で大混雑……。
■「日本の心臓部」もマヒ
何より怖いのは、霞が関の官庁街も停電したことだ。財務省や文科省、厚労省、参議院の議員会館など、まさに日本の心臓部が10分ほどとはいえ“マヒ”してしまったわけだ。「財務省では大臣室や事務次官室も10分ほど電気が消えてしまった。警視庁本部でも停電になり、固定電話などが使えなくなったそうです」(霞が関関係者)午後4時25分に完全復旧したとはいえ、1時間近くもパニックに! 軍事ジャーナリスト世良光弘氏は「今回はテロではないでしょうが」と前置きしてこう言う。「埼玉の送電線火災で都内がパニックになるとは関係者以外、誰も予想していなかったはずです。逆に言えば、今回の一件で、そうなることを世界中のテロリストに知られてしまった。それも、警備が手厚いわけでもない施設で起きた。90年代に水源地の“毒物テロ”の議論が盛り上がりましたが、同じように“送電線テロ”のリスクも高まったと言えるでしょう」送配電会社の東京電力パワーグリッドによると、東電管内には架空と地中を合わせて4万キロメートル超の送電線があるという(昨年末現在)。地球1周分と同じ長さがテロの標的になってしまった。

政治・社会問題・ブログ村ランキングに参加しています。クリック一発お願いします(^^)
にほんブログ村
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆おはよう寺ちゃん活動中【孫... | トップ | ☆NHKスペシャル <日本人はな... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。